エロい彼氏が私を魅わすの無料動画を1話からフル視聴する方法【最終回まで】

エロい彼氏が私を魅わすの動画を無料視聴する方法

「エロい彼氏が私を魅わす」

フジテレビの動画配信サービス「FODプレミアム」

第1話から最終回まで全話配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「FODプレミアム」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

< FODプレミアムのおすすめポイント>
 
・フジテレビ系列の人気の月9ドラマなどフジテレビ作品が5000本以上見放題
・FODでしか見ることができないオリジナル配信作品も配信中
・アニメ、海外ドラマなどFOD独占でラインナップ!話題の新作映画も
120誌以上の人気雑誌が読み放題!ファッション雑誌や女性誌までラインナップ
スマートフォンパソコンは もちろんテレビでも楽しむこともできます
・無料期間後は、月々976円で継続でき、毎月最大900ポイントもお得
 
<FODユーザーの声>

20代女性

月9ドラマが見たくて、登録したところ、登録後すぐに動画を見れたのでビックリした!月額制だけど、スマホのアプリで見れるし、お手軽に楽しめる。また、FOD限定配信ドラマとか、地上波で放送されないきわどいドラマもあり、面白い♪スマホで見ると、通信量が気になるけど、Wi-Fiなら通信料金を気にせず楽しめるし、一気に見れるのでストレスなく動画を視聴できる。月額料金を払っているけど、雑誌も読む放題なので、待ち時間とかにスマホで動画を見たり、雑誌を見たり、時間をつぶせて本当に便利♪

エロい彼氏が私を魅わすの見逃し動画まとめ

■第1話から最終回までフル動画の視聴方法■

FODプレミアム

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用することをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

<見逃し動画>第6話 「自業自得のマグロ」
 
未放送
 
第6話の公式あらすじ

仁美(松井愛莉)は、圭吾(結木滉星)と麻衣(萩原みのり)が一線を超え、その後も度々会っていると、母・万里子(国生さゆり)と姉・瑠璃(菅野莉央)に報告する。
一方、麻衣はまなぶ(笠松将)に、圭吾と付き合う事にしたと別れを切り出し、家を出て行く。
仁美は手作りのお弁当を持ってまなぶに会いに行き、麻衣が出て行ってしまった原因は自分だと謝罪する。
その頃、母と姉は麻衣を呼び出し、圭吾とのことを問いただすと、肉体関係があったと白状し、惹かれ合っていて圭吾と結婚するのは自分だと言い出す。
そして麻衣は仁美の元を訪れ、圭吾は貰うと伝え、こんな事になったのは、圭吾が居ながらまなぶに惹かれ、周りをかき回した仁美の自業自得で、圭吾にとって自分の方がいい女なのだと言い放つ。
<出典>フジテレビ公式

第6話のネタバレはここをクリック
視聴後、公開いたします。
第6話の感想はここをクリック
視聴後、公開いたします。

<見逃し動画>第5話 「性的な脳内メーカー」
TVer未配信
第5話の公式あらすじ

圭吾(結木滉星)と肉体関係を持った麻衣(萩原みのり)は、誘惑した証拠の隠し撮りした映像を、仁美の母・万里子(国生さゆり)と姉・瑠璃(菅野莉央)に見せていた。
映像はキス寸前で終わり、圭吾とは何もなかったと嘘をつきギャラを受け取る。
一方、仁美(松井愛莉)とまなぶ(笠松将)は、もう二度と会わないとラストダンスを踊ったが、それぞれ二人で踊った社交ダンスを思い出して仕事中に微笑んでしまう。
その夜、大金を手に入れた麻衣は、ブランド品を買い込みご機嫌な様子で、まなぶにも仕事の臨時収入と嘘をつき、高級腕時計をプレゼントする。
その頃、母と姉は、仁美に婚約破棄にならないための証拠として、圭吾と麻衣がラブホテルに居る映像を見せ、誘惑しただけで一線は超えていないと説明するのだが…。
<出典>フジテレビ公式

第5話のネタバレはここをクリック
嘘の報告
仁美が工事現場作業員のまなぶに惹かれ始めてしまったことを知った母親の麻里子と姉の瑠璃は、婚約破棄という最悪なケースを回避しようと奔走する。
その計画として「圭吾も他の女性に惹かれればおあいこになる」と考えた麻里子は、まなぶの彼女の麻衣に白羽の矢を立てるのだった。
報酬を出すという条件で、圭吾を誘惑するようにと頼まれた麻衣は、圭吾をラブホテルに誘い込みその様子を隠し撮りすることにする。
しかし計画を事前に仁美から聞かされていた圭吾は、その作戦に乗っかるつもりだと話すと、麻衣はそんな圭吾に惹かれてしまいそまま”シて”しまうのだった。
その後麻衣は、シてしまったことを万里子や瑠璃には秘密にしながらも、キス直前までの動画を2人に見せるのだった。
あまりの衝撃に驚きながらも、麻衣からの「一線は越えていない」という言葉に安心して麻衣に報酬を渡して去っていくのだった。

衝撃の真実
一方その頃、まなぶや仁美は先日手を取りダンスをしたことを思い出しながら、それぞれが職場でステップを踏むのだった。
そして万里子から報酬を貰った麻衣は、そのお金で新しい洋服や靴そしてまなぶへのプレゼントを買い漁るのだった。
あまりに散財する麻衣に驚くまなぶだったが、それがキャバクラの稼ぎや臨時収入だと聞くと、嬉しそうにプレゼントされた時計に笑みを浮かべるのだった。
自宅に帰ってきた仁美は、そこで万里子と瑠璃から、ラブホの隠し撮りの動画を見せられているのだった。
万里子や瑠璃は「結婚とは多くの障害を乗り越える必要がある」と説明されながら、麻衣とキスしようとする圭吾を目の当たりにして動揺してしまう。
それでも「一線は越えていない」と必死に説明するのだが、やはりモヤモヤを抱える仁美にとってはどうでもいいことで、そのモヤモヤが怒りへと変わってしまい「ピアノ線でもなんでも関係ない!」と部屋へと戻ってしまうのだった。

めんどくさい女
その翌日、やはり圭吾と麻衣のことでモヤモヤが晴れない仁美は、現場作業中のまなぶの元へとやってくるのだった。
そこで仁美は、麻衣が圭吾を誘惑してホテルに行ったことに対して、かなりの不満を感じているのだと語り始めるのだった。
その話を聞いていたまなぶは、計画を知っていた圭吾がなんの考えもなしに麻衣の誘いに乗るはずがないと話しなんとか仁美を安心させようとする。
ドッキリ番組でもシナリオがあったりするのだと説明するのだが、それでも納得できない仁美は「誘惑されたら男の人はシてしまう」と表情を曇らせる。
あまりにうじうじと考える仁美を見ていたまなぶは「めんどくせぇ女だな」と呟いてしまうと、その言葉に怒った仁美が帰ってしまうのだった。
イライラしながらその後ろ姿を眺めるまなぶだったが、麻衣からプレゼントされた腕時計を見て何かを考えるのだった。
その夜、出勤前の麻衣に声をかけてきたのは圭吾であり、圭吾は「ドライブに行こう」と麻衣を車に乗せ夜の街へと消えていくのだった。

本当のこと
どうしてもあの映像のことにモヤモヤを抱えてしまった仁美は、圭吾とのデート中にそのことを聞くことにするのだった。
圭吾はあくまでも作戦に乗っかっただけと話すと、ラブホテルも社会科見学のようなものだと説明するのだった。
それでも納得しない様子の仁美は、先程車の中で女性の髪の毛を見つけたと取り出すと「妙な言い回しはしない」と切り出すと「麻衣さんとシたの?」と直接尋ねるのだった。
その日の夜、仁美は大衆居酒屋にまなぶを呼び出すと、すでに酔っ払っている仁美の姿にまなぶは驚いてしまう。
駆けつけ一杯どころか、二杯のお酒を渡されたまなぶは、それをなんの問題もなく飲み干すと、仁美の隣に座るのだった。

優しい嘘
ベロベロに酔っぱらいながらも、仁美は先程の圭吾との話を愚痴り始めると、麻衣とシていたことにかなりショックを受けているのだと話すのだった。
さらに車に麻衣の髪の毛が落ちていたことから、あの日だけではないかもしれないとさらに不安を口にする。
それを聞いていたまなぶは、その髪は麻衣と一緒に圭吾を呼び出し、車の中で説教した時に落ちたのだろうと、仁美を安心させようとする。
その言葉に安心したのか、仁美はまなぶと腕相撲をすることにすると、なかなか勝てないことに悔しさを滲ませる。
なんとか勝とうと両手で挑むことにするのだが、まなぶの手を両手で握った仁美は、さっきの話が嘘だと気がついており「優しい嘘なら好き」と涙を浮かべて呟くのだった。

第5話の感想はここをクリック
すっかり麻衣の虜になってしまった圭吾は、仁美がいながらも会いに行ってしまうなど、なかなか悪い男ですね。
それとは真逆に、まなぶの一本筋の通った男らしさや、麻衣だけでなく仁美にも厳しくも優しい姿はかなりかっこよかったですね。
麻衣にはまっていく圭吾と、どんどん距離が近づいていくまなぶと仁美の関係がどうなっていくのか楽しみですね。
<見逃し動画>第4話 「愛は子宮を救う」
TVer未配信
第4話の公式あらすじ

仁美(松井愛莉)は、母・万里子(国生さゆり)と姉・瑠璃(菅野莉央)が麻衣(萩原みのり)に圭吾(結木滉星)を誘惑する様に頼んだと知り、ずっとモヤモヤしていた。
頼まれた方の麻衣は、まなぶ(笠松将)が圭吾をアパートに連れて来たことにより、思いのほか早く仕掛けることができた。
すると、早速圭吾は麻衣の働くキャバクラを訪れる。
母と姉の戦略にまんまと引っかかった圭吾だか、仁美は圭吾だけ知らないのはフェアではないと、またバカ正直に全てを話し、圭吾が自分と全く違うタイプの麻衣に惹かれたのは、自分がまなぶに惹かれたのと同じで理解できると、圭吾にこれからも麻衣に会って欲しいと伝える。
一方、麻衣も仁美の母と姉の戦略で圭吾を誘惑すると、まなぶに伝えるのだが・・・。
<出典>フジテレビ公式

第4話のネタバレはここをクリック
モヤモヤしたもの
証券会社のトレーダーというエリートの婚約者を得たお嬢様の仁美は、町中で見かけたまなぶという土木作業員を目にする。
その筋骨隆々なまなぶのたくましい腕や、滴る汗に色気を感じた仁美は、すっかり一目惚れしてしまうのだった。
困惑する仁美は、麻衣に言われて自分が単なるファンに過ぎないことを自覚して一安心するのだが、反対に母親の万里子と姉の瑠璃は心配になってしまう。
そこで万里子たちは、麻衣に「圭吾さんを誘惑するように」とお願いをすると、麻衣もお金が出るとして気合が入るのだった。
圭吾もまた誘惑され浮気をすれば、婚約解消とはならないはずなと、そのことを説明された仁美は、そのことに少しだけモヤモヤしたものを感じるのだった。

フェアじゃない
万里子や瑠璃の作戦を聞いた仁美は、しばらくの間モヤモヤしたものを抱えてしまうのだが、ふと「フェアじゃないからだ」とそのモヤモヤの正体に気がつく。
一方圭吾は、これまであまり触れてこなかった麻衣の妖艶な雰囲気に惹かれたのか、渡された名刺を元に麻衣のお店にやってくるのだった。
そんなことも知らない仁美が数日後、圭吾を呼び出すと、万里子や瑠璃の策略により麻衣がアプローチをかけてくるはずだと伝えるのだった。
自分がそのことを伝えられて感じていたモヤモヤが、自分は素直に話しながらも、影で圭吾を誘惑しようとする行動にズルさを感じていたからだと語る。
それを聞かされた圭吾は、麻衣に少しだけ惹かれてしまったのも事実と語りながらも、結婚前にはこの困難を乗り越えようと、作戦に抵抗する決意をするのだった。

万里子の作戦
家に帰ってきた仁美は、万里子や瑠璃の作戦をすべて圭吾に伝えたことを報告すると、瑠璃は慌てた様子で仁美を咎めるのだった。
しかし発案者である万里子は、冷静にその話を笑顔で聞いていると「それもママの作戦だったのよ」と話し始めるのだった。
不思議そうな顔をする瑠璃と仁美に、その作戦を仁美に伝えられたときに感じた気持ちは「嫉妬や不安だ」と語る。
その嫉妬や不安こそ、圭吾のことを本気で愛している証拠であり、現に数日間は圭吾のことで頭が一杯になったでしょう?と、万里子は余裕の表情で仁美を見つめる。
納得して笑顔になる瑠璃だったが、仁美はそれも少し違うような気がすると語ると、瑠璃や万里子からは「結婚とはいろんなことが起きるもんなのよ」とまたしても宥められてしまうのだった。

惹かれ合う2人
そんなある日、キャバクラの仕事終わりの麻衣とともにラブホへとやってきた圭吾は、作戦のことは全部知っていると語るのだった。
ラブホに来たのも社会科見学のようなものだと語ると、麻衣がこの部屋のどこかにカメラを隠して、この様子を隠し撮りして万里子たちに渡すのだろうと、すべてを見抜いていることを伝える。
作戦のことを知りながらこの場所にやってきたことの意味が気になった麻衣は「騙されてもいいかもしれないと思った」と話す圭吾に惹かれてしまう。
突き飛ばす動画をとって万里子たちからお金を受け取ればいいと、ベッドに座る麻衣に近づこうとする。
しかし麻衣は、そんな圭吾を横に座らせると、そのままキスをしてベッドへとなだれ込んでいくのだった。

不器用なダンス
一方、万里子や瑠璃たちの言葉にさらにモヤモヤしたものを感じてしまった仁美は、まなぶの家を訪ねるのだった。
そこで仁美は「好きで結婚したはずなのに、姉も母親もどちらも幸せそうじゃない」と、瑠璃が愚痴ばかりかこと、万里子も家庭内別居のような状態であることを話す。
「結婚てそんなものなのかしら」と、なかなか拭えないモヤモヤを語る仁美に、まなぶは優しく話を聞きながらゆっくりと仁美を落ち着かせていく。
さらにまなぶは「俺たちは所詮ブルーカラーでホワイトカラーのあんたちとは住む世界が違う」と話していくのだった。
その頃、熱いキスをした麻衣と圭吾はそのままセックスをしてしまい、麻衣は「後悔してるなら一人でしてよ?」と自分には覚悟があったことを伝える。
その言葉を聞いた圭吾は「後悔してないよ。最高だ」とまたしても麻衣に熱いキスをするのであった。
一方、結婚に関してネガティブな気持ちが消えない仁美に、まなぶは「社交ダンスを趣味にしようと思ってる」と話すと、音楽をかけその手ほどきを仁美に受けるのだった。
不器用ながらも社交ダンスをする仁美と圭吾は、今までの悩みが消えてしまうほど幸せな時間を過ごすのであった。

第4話の感想はここをクリック
万里子の二重に渡る作戦だったようですが、それでもさらに仁美を苦しめてしまっていたようですね。
さらにあの圭吾がすっかり麻衣に落とされてしまったことに驚きましたが、麻衣もまた惹かれているのでしょうか?
セックスをしてしまった圭吾と麻衣が薄暗いホテルにいるのに対して、ダンスをする仁美とまなぶが光を浴びていたことに、これからの展開がそんな演出のようになるのかなと考えながら、楽しんでいきたいと思います。
<見逃し動画>第3話 「食ってセックスして一緒に寝る」
Tver未配信
第3話の公式あらすじ

突然まなぶ(笠松将)から口移しのキスをされた仁美(松井愛莉)は、ますます彼のことが頭から離れない。
すると、仁美が働くピアノ教室に圭吾(結木滉星)が訪ねてくる。
頭の良い圭吾には、最近仁美の様子が変な理由について、母・万里子(国生さゆり)と姉・瑠璃(菅野莉央)による嘘だと分かっていたのだった。
正直な仁美はまなぶのことについて、全てを打ち明け、結婚式の前にはきっぱり終わらせ、まなぶには二度と会わないと伝える。
婚約破棄になるかと思いきや、圭吾は「分かった」と理解をしてくれたのだった。
ある日、母と姉は仁美の結婚が破談にならないようある戦略を実行するため、まなぶが仕事で居ない隙を狙い、アパートに居る麻衣(萩原みのり)の元を訪ねて行く。
<出典>フジテレビ公式

第3話のネタバレはここをクリック
スルースキルを身につける
ピアノの先生として働く、超がつくほどのお嬢様の仁美は、圭吾というエリートとの婚約を控えながらも、工事現場で働くまなぶに一目惚れしてしまう。
いままでに触れてこず感じてこなかったセクシィな男性のまなぶについ心を奪われてしまった仁美は、圭吾との関係に悩んでしまう。
圭吾も仁美の不穏な動きに気がつくと、なんとか姉の瑠璃や母の万里子の計らいによりただの気の迷いであるのだと知らされる。
それでも気になった圭吾は、仁美のもとにやってくると、そこで「まなぶさんはただのファンなのだ」の説明される。
さらに仁美は「結婚してから同じような状況になった場合にスルーできる力を今のうち付けたいのだ」と話され、そのスルースキルに関して納得させるのだった。

家族一丸となって
その日の夜、仁美からそのことを聞かされた万里子は、自分一人では抱えきれる問題ではないとして、瑠璃を自宅に呼び寄せる。
瑠璃も万里子も心配する中、仁美は圭吾にすべてを話して納得してくれたのだと説明するのだが、やはり2人は不安を払拭することができずにいた。
さらに瑠璃たちは「圭吾さんがかなり我慢しているのだろう」と不安な気持ちを伝えるのだが、仁美は「圭吾さんは私の王子様なのだ」と結婚の意志が強いことを語る。
さらに仁美は「目覚めないお姫様のお話なんか存在しない」と語ると、結婚前には必ずまなぶとのことを整理すると決意を表明するのだった。
仁美がスルースキルを身につけられなったらと心配になりながらも、仁美の確固たる信念を聞いた万里子と瑠璃は、応援することを約束するのだった。

シンプルイズベスト
昨夜、しっかりと断言した仁美だったが、まなぶが汗をかき必死に働く姿に見入ってしまっているのをまなぶに気づかれてしまう。
キスをしたのにまたしても目の前に現れた仁美に驚くまなぶは、仁美からスルースキルの持論を説明されるも頭が混乱してしまう。
まなぶは「自分だったら必ず怒ってしまう」と、寛容的すぎる圭吾の態度に違和感を感じるのだが、仁美は「圭吾さんはそんな小さな人間ではない」とその人柄の素晴らしさを伝えるのだった。
ずいぶん突飛すぎる考えをする仁美にさらに困惑するまなぶは「飯食ってセックスできるのがシンプルイズベストでいい」と語りかける。
そのシンプルイズベストの考え方に納得してしまう仁美の後ろの方では、心配で見に来ていた圭吾がその様子を伺っているのだった。

瑠璃と万里子の作戦
どうしても不安が拭えない瑠璃と万里子は、その日の夜高級なケーキを持ってまなぶと同棲する麻衣の元へとやってくる。
怪訝な表情をする麻衣だったが、ケーキに釣られて2人を家に上げると、そこである提案をさせられるのであった。
家に帰ってきた仁美は、瑠璃と万里子が麻衣の元を訪ねたという話を聞いて驚いており「まなぶさんに近づくなと言いに行ったの?」と疑問をぶつける。
すると万里子は、ワインを開けながら「リスクマネジメントをしただけよ」と話すと、仁美がまなぶに惹かれたのはこれまで関わることのなかった人種だったからだと説明する。
確かにお嬢様として生まれお嬢様として育てられた仁美にとって、ブルーカラーの肉体労働者との関わりが新鮮に思えたのかもしれないとその考えに納得する。
すると2人は「その気持ちを圭吾さんにも感じてもらえば後腐れなく結婚できる」として、麻衣に圭吾に接近してほしいと頼んだという。
仁美の予想に反して、麻衣はその考えにノリノリであったことを聞くと、瑠璃と万里子はそれを謝礼付きでお願いすることにしたのだと話すのだった。

安心した
一方、仕事終わりのまなぶを駅からずっと尾行する謎の男性がおり、それに気づかないのかまなぶはどんどんと家路へと歩いていく。
しかし角を曲がったところで待ち伏せしていたまなぶがその男性を取り押さえると、それが圭吾だと気が付き笑顔で自宅へと招き入れるのだった。
困惑しながらもまなぶに引っ張られるままアパートにやってきた圭吾は、そこで麻衣を紹介され缶ビールを出されるのだった。
まなぶは、仁美の話を聞いて寛容すぎる圭吾を心配していたと話すが、仁美を心配して自分を尾行してきたことに「男として安心した」とビールを勧めるのだった。
一方、瑠璃や万里子から依頼を受けていた麻衣は、働いているキャバクラの名刺を上目遣いで渡しながら仕事に出かけていく。
外に出た麻衣は、圭吾がいるアパートを見つめながら「舐めんなよ」と不敵な笑みを浮かべると、自宅にいた仁美は寒気を感じてしまうのだった。

第3話の感想はここをクリック
ファン宣言をしながらもキスされてしまった仁美でしたが、スルースキルを身につけるためというまたしても突飛な考えを打ち出しましたね。
仁美も少しずれているなと思いますが、瑠璃や万里子もまたかなりぶっ飛んだ作戦を打ち出すなど、かなり混乱してきそうですね。
仁美と圭吾、麻衣とまなぶのこの4人の関係がこれからどうなるのか、楽しみに見ていきたいと思います。
<見逃し動画>第2話 「犯罪レベルのセクシィキス」
Tver未配信
第2話の公式あらすじ

仁美(松井愛莉)が母・万里子(国生さゆり)と姉・瑠璃(菅野莉央)に連れられ、まなぶ(笠松将)のアパートに押し掛けると、寝室から恋人の麻衣(萩原みのり)が現れる。
仁美は麻衣に、まなぶへの感情は一時のブームで“ただのファン”だと言われ、妙に納得する。
一方圭吾(結木滉星)は仁美にキスを拒まれ、様子が変だと不安になり、万里子の元を訪ねてくる。
瑠璃も駆けつけ、仁美はマリッジブルーで疑うことは何もなく、圭吾以上の優良物件は他に居ないと説得をするが、なかなか納得しない圭吾にその場しのぎの嘘をついてしまう。
仁美はその後も自分のまなぶへの想いはファン心理なのだと、手作りのお弁当を持ってまた会いに行き、突然まなぶにあるお願いごとを告げるのだが・・・。
<出典>フジテレビ公式

第2話のネタバレはここをクリック
気持ちの理由
工事現場で甲斐まなぶという作業員の汗と筋肉に魅了された仁美は、その気持ちを抑えられずに婚約者の圭吾のキスを拒んでしまう。
その様子を見てしまった姉の瑠璃と万里子は、仁美の気持ちが移ってしまったのではないかと不安になりまなぶの自宅へと向かっていく。
仁美には婚約者がいるのだと懇懇と説得すると、2人は顔見知り程度なのだと知ると、安心して帰っていくのだった。
残された仁美とまなぶに気まずい空気が流れ始めた頃、部屋の奥からまなぶの彼女である椎野麻衣が出てくる。
麻衣は万里子や瑠璃そして仁美たちの話を聞いていたようで、仁美がまなぶの筋肉に惹かれたのはラグビーと同じだと語る。
さらに麻衣は笑いながら「よくあるにわかのミーハーである」と話すと、その言葉に妙に納得した仁美は「ただのファンだったのか」の笑顔になるのだった。

瑠璃たちのフォロー
一歩仁美の自宅には、なんとなく違和感を感じた圭吾が家にやってきており、そんな圭吾への対応に万里子たちは困惑する。
圭吾は「マリッジブルーとは違うような気がする」と話をするのだが、なんとか瑠璃と万里子がなだめようとするのだった。
それでもその違和感が心のどこかに刺さっているような表情をする圭吾に、ついに瑠璃は「お父さんがガンなの」と嘘をついてなんとか丸め込むのだった。
翌日、仁美はファンであることを自覚し、最低限のルールとマナーを守りながら接することを決めたとお弁当をまなぶに届けるのだった。
そんな仁美に困惑するまなぶだったが、そんな動揺にまったく気が付かない仁美は「迷惑じゃなければこれからもお弁当を届けたい」と笑顔で語るのだった。

底辺は底辺同士
その夜、自宅に戻ってきたまなぶは、仁美から渡されたお弁当箱を洗っていると、仕事の準備のために起きた麻衣がそのお弁当箱に気がつく。
まなぶは仁美が差し入れしたものなのだと語ると、さらに女子力が高いのかかなり美味しいお弁当だったと告げるのだった。
その話を聞いていた麻衣は、呆れながらタバコに火をつけると、仁美がお嬢様であることから「あまり深入りしないように」と忠告する。
麻衣はキャバクラ嬢という仕事柄、お金持ちの男性と知り合う機会が多くあり、その中には恋愛関係への発展を求めてくる人がいるのだという。
しかし所詮身分の違いからか、男性は別の女性と交際したり、はては結婚して子供までいる人もいるのだと話す。
相手にとっても自分たちとの恋など遊びであり、底辺は底辺同士付き合っているのが一番だと話すと、釈然としない気持ちを飲み込みながら麻衣を受け入れるまなぶであった。

ファンであるのも紙一重
その夜、圭吾とデートしていた仁美は、瑠璃がついた父親がガンであるという嘘のフォローに困惑しながら圭吾を安心させていく。
その後楽しくデートを終えた仁美は、車で家まで送ってもらうと、今回は避けることなくそのキスを受け入れるのだった。
家に帰ってきた仁美を心配した万里子と瑠璃は、圭吾からのキスを受け入れたことに安心すると、そこで仁美は「あくまでただのファンだから」とまなぶへの気持ちを伝える。
さらに仁美は万里子を説得しようと、ハマっている韓流スターの名前を出すと、気持ちを理解したのか、万里子は安心する。
しかしそこで難色を示したのが瑠璃であり、瑠璃は「そんな韓流スターに誘われたらママはどうするの?」と質問をぶつける。
「私にはパパがいるから」と誘いには乗らないことを宣言するのだが、その顔は想像でニヤけており、ファンであるのも紙一重なことを瑠璃は仁美に伝えるのだった。

刺激的なキス
その翌日、またしても仁美はお弁当を持ってまなぶに会いにいくと、その姿に少し呆れ気味な表情を浮かべるのだった。
仁美はあくまでもファンであり、迷惑のかからないようにすると笑顔で話しながらそのお弁当を渡すのだった。
いつものように近くの公園でお弁当を食べていたまなぶがむせてしまうと、仁美はすぐさまお茶を取り出す。
そのお茶を飲みながら、まなぶは「ゆっくり食べる癖があまりないのだ」とそのお茶を飲みながら話すのだった。
すると仁美は、一つお願いがあると話し始めると「私を好きにならないでください」とお願いすると、婚約者がいること、さらにまなぶには麻衣がいることを伝える。
そんな仁美の話を聞いていたまなぶは、お茶を口に含むと、仁美にキスをしてそのお茶を仁美に口移しすると「ふざけんなよ」と言い放ちその場をあとにする。
突然のワイルドなキスに困惑する仁美は、頭の中が真っ白になってしまい言葉を失ってしまうのだった。

第2話の感想はここをクリック
仁美は、かなり抜けた感じのお嬢様なのかと思えば、瑠璃の咄嗟の嘘にも対応できたりと、割と機転が利くことに驚きました。
仁美はまなぶへのファン宣言をしたのですが、そこもなんとなくずれているようで少し心配になりますね。
そして最後のまなぶからのワイルド過ぎるキスに、これからさらなる波乱があるのではないかと心配になりますね。

<見逃し動画>第1話 「私の子宮が指さす彼」
Tver未配信
<予告動画>

第1話の公式あらすじ

エリート証券マンの圭吾(結木滉星)と婚約中の仁美(松井愛莉)は、ある日工事現場で働くまなぶ(笠松将)と偶然出会う。
それ以来、筋骨隆々な彼の姿が頭から離れず、ウエディングドレスの試着中に涙を流してしまう。
驚いた母の万里子(国生さゆり)と姉の瑠璃(菅野莉央)は仁美がマリッジブルーではないかと親身に話すが、どうやら別に気になる人が現れたと分かり、心配でしかたがない母と姉は、圭吾とのデートに向かった仁美を追いかける。仲良くデートを楽しんでいる様に見えたが、急に仁美は圭吾からのキスを拒みその場から逃げてしまう。
仁美が誘惑されたと心配する母と姉は仁美を連れ出し、まなぶのアパートに押し掛け詰問するが、仁美はお構いなしにまなぶの魅力を語りだす。
<出典>フジテレビ公式

第1話のネタバレはここをクリック
突然の恋
大金持ちの父を持つ超がつくほどのお嬢様の境野仁美は、証券会社勤務の明石圭吾との婚約が決まり幸せの絶頂にいた。
婚約者の圭吾は、エリートでありさらに顔もイケメンであることが、周囲はそんな仁美に羨望の眼差しを向けているのだった。
しかしそんな仁美が美容室から帰っていく途中、工事現場で解体作業をする甲斐まなぶの働く姿を目にすると、その筋骨隆々で男らしい姿に思わず目が奪われる。
すっかりまなぶの姿に見とれていた仁美は、さらに自販機の上に忘れていたスカーフを取ってくれたまなぶの優しさにも心を奪われてしまうのだった。
その気持ちはウェディングドレスを選んでいるときにも抑えることができずに、一緒に来ていた母親の万里子や姉の瑠璃を驚かせてしまうのだった。

緊急会議
仁美が圭吾ではない男性に心奪われてしまったと知った万里子と瑠璃は、大慌てで緊急の家族会議を開くことにするのだった。
圭吾のように、見た目も年収も抜群の優良物件を差し置いてどういうことなのか?と問い詰める万里子に、瑠璃は「マリッジブルーなんじゃないか」とその心境が揺れ動く気持ちを推測するのだった。
マリッジブルーなら仕方ないと諦めていた万里子だったが、そんな楽観的な2人とは裏腹に、仁美はその姿に心奪われたのだと恋をしてしまったことを告げるのだった。
そんな仁美の気持ちを知った万里子は卒倒しそうになってしまうのだが、さらに仁美は「まるで浮遊感に包まれているようだ」とその気持ちが本気であることを語るのだった。
それを聞いてさらに不安になってしまう万里子は、これから圭吾とデートだと家を出ていく仁美のことが心配になり後を尾行することを決めるのだった。

拒絶反応
圭吾とのデートに向かっていった仁美のことが心配になった瑠璃と万里子は、こっそりとそのデートを尾行することにするのだった。
しかし2人の心配をよそに、圭吾と普通に食事をして普通に散歩をするなど、見ていた瑠璃と万里子は安心する。
ただのマリッジブルーだったのかと安心し、2人がキスをしようとしていることに気が付くと、それを見ないようにと帰ろうとする。
しかし次の瞬間、仁美の頭にふとまなぶの汗の滴るあのシーンが目に浮かんでしまうと、思わず圭吾を突き放してしまうのだった。
あまりのできごとに驚いてしまう2人だったが、さらにこちらに向かって歩いてくる仁美に気がつき姿を隠そうとするのだが、バレてしまい尾行に気づかれてしまうのだった。

目を覚まさせる
翌日、瑠璃に強引に外に出された万里子と仁美は、そのまま車に乗せられると、3人はそのタクシーをある場所へと向かわせる。
目的地のわからない仁美はポカンとしているのだが、万里子は終始イライラしており「相手の家族に顔向けできない」や「結納だって済ませているのに」とずっと愚痴を呟いていた。
さらに瑠璃も目を覚まさせるために、なんとか仁美に声をかけて圭吾へ気持ちを向けさせようとするのだった。
しかし相変わらずピンと来ていない仁美は、2人が話している最中もどこか自分のことではないような感覚に陥ってしまうのだった。
全然ことの重大さを理解していなさそうなな仁美を見た万里子は「やっと2人とも出せたと思ったのに」とがっくりと肩を落とすのだった。

子宮が疼く
そんなことを話していると、仁美たちの乗ったタクシーはとあるオンボロアパートの前に停まるのだった。
あまりのボロさにまたしてもショックを受けてしまう万里子だったが、そこの一室のインターホンを激しく鳴らすと、その部屋からまなぶが出てくるのだった。
なまぶは急に見ず知らずの万里子や瑠璃そして仁美が来たことに唖然としながらも、強引に部屋の中に入られ正座をさせられる。
まなぶをなめ回す様に眺めた万里子は「籍はいれてなくても、あなたがやっていることは不倫だ」とまなぶを叱りつける。
さらに瑠璃からも「どうしてこんな男なの?どこがいいの?」とマシンガンのように責め立てられ唖然としていた。
すると立ち上がった仁美がまなぶを立たせると、その腕の筋肉や滴る汗を想像してみて?と語ると、その時の感情を「子宮が疼いた」と表現する。
あまりに衝撃的な言葉が放たれてしまい、卒倒寸前の万里子は、瑠璃に抱えられるようにして部屋から出ていくのだった。
2人きりになったまなぶは「一体なんなんですか?」と尋ねると、仁美は先日スカーフを取ってくれたお礼なのだと話す。
ようやく仁美のことを理解したまなぶだったが、それでも状況が飲み込めずにいると、奥の部屋から眠そうにして出てきた女性が現れる。
その女性は仁美の顔を見ると「誰この女?」と鋭い視線で仁美を睨み付けるのだった。

第1話の感想はここをクリック
FODで独占配信がスタートしたこのドラマですが、松井愛莉さん演じる仁美がかなりのお嬢様のようで、ずれすぎている感覚がかなり突飛な設定になってますね。
そんな仁美が一目惚れをした相手に笠松将さんがキャスティングされていたり、万里子役に国生さゆりさんなど、かなり豪華なメンバーが揃っています。
仁美のこの気持ちがマリッジブルーなのか、それとも本当の恋なのか、今後の展開が楽しみですね。

エロい彼氏が私を魅わすの内容

公式サイト

仁美(松井愛莉)は、誰もがうらやむ彼氏・圭吾(結木滉星)と結婚間近。
証券マンで収入もよく、高学歴で、優しくて、見た目も良い、いわゆる優良物件。
このまま晴れてゴールインだと思っていたが、偶然街中で出会ったまなぶ(笠松将)のニッカポッカ姿でドリルを持つ太い筋肉と滴る汗に、仁美はドキドキが止まらない。
学歴も収入も圭吾より劣るが、仁美はまなぶが気になって仕方がない。これってマリッジブルー?一瞬の気の迷い?このまま結婚していいの…。
私が選ぶのは“人としての色気”か“条件面”か?

<出典>フジテレビ公式

<出演者>

松井愛莉
笠松将
結木滉星
萩原みのり
菅野莉央
国生さゆり

第1話から最終回まで全話配信中です

今すぐ無料おためし

「FODプレミアム」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

エロい彼氏が私を魅わすの感想

感想が集まり次第投稿いたします。