ラジエーションハウスⅡの無料動画を1話からフル視聴する方法【最終回まで】

ラジエーションハウスⅡの動画を無料視聴する方法

「ラジエーションハウスⅡ」

フジテレビの動画配信サービス「FODプレミアム」

第1話から最終回まで全話配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「FODプレミアム」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

< FODプレミアムのおすすめポイント>
 
・フジテレビ系列の人気の月9ドラマなどフジテレビ作品が5000本以上見放題
・FODでしか見ることができないオリジナル配信作品も配信中
・アニメ、海外ドラマなどFOD独占でラインナップ!話題の新作映画も
120誌以上の人気雑誌が読み放題!ファッション雑誌や女性誌までラインナップ
スマートフォンパソコンは もちろんテレビでも楽しむこともできます
・無料期間後は、月々976円で継続でき、毎月最大900ポイントもお得
 
<FODユーザーの声>

20代女性

月9ドラマが見たくて、登録したところ、登録後すぐに動画を見れたのでビックリした!月額制だけど、スマホのアプリで見れるし、お手軽に楽しめる。また、FOD限定配信ドラマとか、地上波で放送されないきわどいドラマもあり、面白い♪スマホで見ると、通信量が気になるけど、Wi-Fiなら通信料金を気にせず楽しめるし、一気に見れるのでストレスなく動画を視聴できる。月額料金を払っているけど、雑誌も読む放題なので、待ち時間とかにスマホで動画を見たり、雑誌を見たり、時間をつぶせて本当に便利♪
ラジエーションハウスの前作はこちら

ラジエーションハウスⅡの見逃し動画まとめ

■第1話から最終回までフル動画の視聴方法■

FODプレミアム

配信中です

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用することをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

<見逃し動画>第3話
 
未放送
 
<予告動画>

第3話の公式あらすじ

唯織(窪田正孝)は、辻村(鈴木伸之)が杏(本田翼)を美術館デートに誘ったと知り、動揺していた。
唯織の前にやってきた辻村は、杏に思いを伝えたことを明かすと、「僕の方が一歩リードです」と告げる。
同じ頃、軒下(浜野謙太)は、マッチングアプリで知り合った絶世の美女からデートの約束をすっぽかされて荒れていた。
その日、軒下は、右足にギプスをはめた入院患者・荒井和真のレントゲン検査をする。その際、和真に付き添っていた幼なじみの宮本すみれ(堀田真由)が、軒下のIDを見て、声をかけてきた。
軒下とのデートをすっぽかした絶世の美女とは、すみれだったのだ。
すみれは、和真がスケートボードの練習中に転倒してケガをしたと聞き、病院まで付き添ったせいでデートに行けなかったことを軒下にわびると、「早くお会いしたいと思っていた」と偶然の出会いを喜んだ。
事情を知り、すっかりご機嫌になる軒下。すみれは、「埋め合わせがしたい」と言って軒下をデートに誘う。
そんな折、唯織は、すみれが和真と別の入院患者を見間違える場面に出くわす。
するとそのとき、近くにいた外来患者の丸井耕吉(温水洋一)が激しくせき込んで倒れた。
唯織たちは、ただちに丸井のレントゲン検査を行うが、喫煙歴50年という丸井の右下肺には腫瘤(しゅりゅう)影が見られ……。
<出典>FOD公式

第3話のネタバレはここをクリック
視聴後、投稿致します。
第3話の感想はここをクリック
視聴後、投稿致します。

<見逃し動画>第2話
 
Tverで見る
 
<予告動画>

第2話の公式あらすじ

唯織(窪田正孝)たちのもとへ、陸上大会中にてんかん発作を起こして転倒し、頭部を強打したという12歳の小学生のCT検査依頼が入る。
その小学生・速川走太(長野蒼大)は、ともに陸上のオリンピック選手だった一郎(眞島秀和)と叶恵(入山法子)を両親に持ち、
ひとつ下の妹・花恋(白鳥玉季)とともに数々の大会で優勝するなど、日本陸上界の未来を担う才能として注目されている選手だった。

走太は、てんかんの治療中で、以前から甘春総合病院の脳外科に通院していた。
走太のCT画像を読影した杏(本田翼)は、薬物療法が上手くいかなくなっているため、外科手術を選択する可能性に言及する。
そこで唯織は、少しでも治療の選択肢を増やすために、詳しい検査をしてはどうかと提案するが……。
<出典>FOD公式

第2話のネタバレはここをクリック
サラブレッドの金メダル候補
小学校6年生の12歳の男の子・走太(長野蒼大)が陸上の大会の途中で、持病のてんかんによる発作を起こし倒れ、甘春病院に運ばれてきました。
走太の父親・一郎(眞島秀和)と母親・叶恵(入山法子)はともに元オリンピック選手で、ひとつ下の妹・花恋(白鳥玉季)も様々な大会で優勝しています。走太もマスコミで騒がれている将来の有望株で、本人も「努力は絶対に裏切らない」と父の教えに従い、小さい頃からオリンピックで金メダルを取ることだけを見据えて、ずっと地道な努力を重ねてきました。
しかし、てんかんの治療で甘春病院に通院しており、今までは薬物療法で治療を続けてきましたが、最近では良い結果が出ていません。
杏(本田翼)は外科手術での治療を提案し、「もしかしたらてんかんが治るかもしれない!」と両親も走太も希望を抱きます。
しかし検査を続けるうち、残酷な事実が分かりました。
もし手術をすれば、てんかんは治るかもしれないけれど、左足の機能を失うと言うことです。
もう走れなくなるどころか、今までのように普通に歩くこともできなくなってしまうのです。
そのことを一郎に伝えると、当然「手術はしない」と判断を下しました。
しかし五十嵐はその決断に納得していません。このままてんかんを放置すれば、脳に負担がかかります。
しかし子供の人生を決めるのは、親。親が手術をしないと言うならば、何もすることができません。
みんなモヤモヤを抱えたまま、走太は退院しました。
遅れを取り戻そうと、また厳しいトレーニングを始めますが、トレーニング中に再び発作が起きてしまい、また甘春病院に運ばれてきてしまいます。

広瀬にそっくりのあかね
庭木の作業中の怪我で運ばれてきた柳田(きたろう)は、ちょっとした怪我でも「痛い!痛い!」と大騒ぎをする大げさな患者。広瀬(広瀬アリス)のことを見て、「あかね!」と手を握ってきて、「ずっと俺のそばにいてくれ!」などと叫びます。死んだ奥さん?元カノ?と皆、広瀬は柳田の想い人なのだろうと予想しますが、なんと柳田が飼育員をしていた頃に可愛がっていたチンパンジーの名前が「あかね」。
失礼極まりない上に、ちょっとしたことで大げさに騒ぎたてるため、広瀬は走太のことを思い出し「治したくてもどうしようもならない病気を抱えている人もいるのに…」と憤りを覚えます。
しかし、五十嵐が柳田の検査をして、脛に血栓があるのを発見します。もう少し発見が遅れていれば、命を落としていた可能性もあります。
常に小さなあざがある事は、広瀬も柳田から訴えられていました。
広瀬は自分が何も見えていなかったことを柳田に謝りに行きます。
柳田はチンパンジーのあかねの写真を見せて、「笑っているように見えるだろ?でも本当は怖がっているんだ。はじめて君のことを見たとき、私に笑顔向けてきた。そのぎこちない笑顔が、初めて会ったあかねにそっくりだと思った。
見えている顔と本当の顔が、同じとは限らない。」
と話します。

子供の気持ちが子供にするわからない
走太について、もう一度みんなで話をします。
五十嵐は断固として、本人に手術のことをきちんと説明して、本人の意思を確かめるべきだ。
でもみんなは、「まだ子供だから」と親が決断するのは仕方がないと言う考え。
五十嵐「この先、困難にぶつかることもあるでしょう。でもその時、誰かのせいにしないで自分で乗り越えていくためには、自分で決断しなければいけないんです!」
広瀬もまた先ほど柳田と話したことを交えて「見えている顔と本当の顔が同じとは限らない」と皆に話します。
杏はもう一度一郎に話をしてみようと決意。検査を担当した技師として、広瀬を一緒に連れて行きます。
広瀬は、走太が一生懸命、検査に取り組んでいたことを話します。大人でも怖い、怖いと大騒ぎする人もいるのに、文句も言わずに、一生懸命取り組んでいました。それは本気で、病気を治したいと思っていたからではないのか、と。
一郎は「あの子の事は、親の私が1番わかっている」と言い張りますが、
杏「親でもわからないことがあると思います。体が違えば心も違います。子供にしかわからないことがあると思います。」
すると花恋が「パパはいつも命令ばっか。お兄ちゃんの気持ちなんてわからないよ」とつぶやきます。
その時、また走太が痙攣を起こしたと連絡が入ります。

走太の決断
発作がおさまり走太が落ち着くと、両親は手術のことを話します。手術をすれば、てんかんは治るけど、左足が動かなくなる。やはり走太もショックを受け、何も言えません。

そして、五十嵐が雑誌を持って入ってきます。
そこには走太の座右の銘「努力は絶対に裏切らない」と言う言葉、それは父親から教わった言葉だと言う記事が載っていました。
てんかんは発作が起きると呼吸ができなくなったり目の前が真っ暗になったり、死の恐怖すら味わう。発作が起きている時だけではなく、授業中も、スタートラインに立った時も、走っている途中も、ずっと「また発作が起きたらどうしよう」と言う恐怖にさいなまれ続けてきたかもしれない。
五十嵐「自分で決断してもいいと思うよ」
すると走太はまっすぐに言いました。
「僕はてんかんを治したい。てんかんだけは、僕がどんなに努力をしても、どうにもならないから。ごめんね、お父さん…」
一郎「なんで謝るんだ?」
「お父さんの夢を叶えてあげられないから」
一郎は今まで自分がどれだけ走太に重責を背負わせてきたかを悟り、走太を抱きしめるのでした。
ラジエーションハウスのメンバーで、走太の脳の原因部位を絞った画像を作成し、外科に回していました。頼まれた仕事ではありませんが、技師としてできる限りのことをやったのです。
これだけ原因箇所を絞ってくれれば、脳へのダメージを最小限に抑えることができる。リハビリ次第では、普段通りに歩けるようになる可能性が高いと言うことです。

辻村が杏に告白
走太のことが一見落着し、安心する杏。するとたまき(山口紗弥加)が「あれ?あんた、まだいたんだ?今日デートじゃないの?」と言います。それによって、辻村(鈴木伸之)に美術館デートに誘われていたことをようやく思い出し、慌ててタクシーで向かいます。

杏が走太のことで悩んでいた時、辻村は「こんな時こそ気晴らしをした方が良い。2時間だけ、甘春の時間を俺にくれないか?」と美術館のチケット渡していたのです。

杏が到着したときにはすっかり暗くなっていて、美術館も閉まっていました。平謝りする暗に「甘春に何かあったんじゃないかと思って、心配した」と辻村。

「それで気づいた…
好きだ、甘春。感情のことになるとそれしか見えなくなる君も、誰よりも負けず嫌いな君も、全部ひっくるめて甘春が好きだ!」

その頃、ラジオラジエーションハウスのメンバーの会話により、杏が辻村とデートに出かけたと知った五十嵐は、びっくり仰天するのでした。

第2話の感想はここをクリック
今回みたいな親の期待に必死に応えようと努力する子供の話、弱いんです…。
親から十分な才能をもらって、練習する環境も最高で、「サラブレッドでうらやましい」と周りからは思われるかもしれないけど、そんな環境に生まれてしまったら失敗は許されないと小さい頃から大きすぎるプレッシャーをかけられ、本当は不幸なのかもしれませんよね。何も私を背負わされずにのびのび生きる方が、子供にとっては幸せなのかも。
だけど厳しい父親に育てられて、同じく真面目に自分に厳しくあり続けた優等生の息子。
12歳でそれだけのものを背負ってきたかと思うと、もうそれだけで泣けちゃいますよね…。そんな走太君が「天狗を治したい」とほとんど悩みもせずに決断したところ、すごい!よく言った!と思いました。
子供なんだから自分のことだけ考えていて当然なのに、「お父さんの夢を叶えられなくてごめんね」とそんな時まで親の気持ちを伺ってしまう。
「努力は絶対に裏切らない」と言う言葉は実際には間違いで、長い人生生きてくれば、努力をしても報われないことがあるのだけれど、でもこの言葉を信じてずっと努力してきた走太くんは、
今後辛いリハビリにも耐えられるだろうし、努力が報われなくて挫折した時にも、何とか自分の力で這い上がれるほどの根性を身に付けていると思います!
今回は妹役の子が出番としてはちょっとでしたが、子役ちゃんとしては妹役の白鳥玉季ちゃんの方が有名でしたね。
でも走太くん役の子、イケメンで意思が強そうで、これからぐっと売れてきそうな感じがしました!

<見逃し動画>第1話
TVerでの配信は終了しました。
<予告動画>

第1話の公式あらすじ

五十嵐唯織(窪田正孝)は、「写真には必ず真実が映る」と信じる診療放射線技師。
アメリカで最も権威ある放射線科医・ピレス教授から才能を認められた唯織は、ずっと思いを寄せていた幼なじみの甘春杏(本田翼)が放射線科医として勤務する甘春総合病院に採用された。

医師免許も持つ唯織は、その天才的な読影能力を発揮すると、新人放射線技師の広瀬裕乃(広瀬アリス)や、放射線技師長の小野寺俊夫(遠藤憲一)ら『ラジエーションハウス』の仲間たちと力を合わせ、数々の患者の命を救った。

ピレス教授から、人工知能を使った読影補助ソフトの開発プロジェクトに誘われた唯織は、渡米を決意し、仲間たちに別れを告げた。
杏は、そんな唯織に「あなたが手出しできないくらい優秀な放射線科医になってみせます。

だから……必ず戻ってきてください」と約束する――
<出典>FOD公式

第1話のネタバレはここをクリック
シーズン1おさらい
医師免許を持ちながら、あえて検査技師として働く五十嵐(窪田正孝)。放射線科の世界的な権威であるピレス教授の誘いでプロジェクトに参加することを決意し、小学校の頃から思いを寄せている医師の杏(本田翼)に別れを告げ、アメリカへと旅立ちました。
その際、杏は五十嵐に「あなたが手出しできないくらい優秀な放射線科医になってみせます。だから、必ず戻ってきてください」と約束をしました。(ここまでがシーズン1のラスト)

それから2年以上が経ち、五十嵐から杏への連絡は葉書がたった1枚。
元同僚の医師・辻村(鈴木伸之)から、「医師として帰ってきました!」と連絡を受け、五十嵐が帰ってきたのだと思い、喜んで甘粕病院へと駆けつける杏。

しかし帰ってきていたのは、元院長の大森渚(和久井映見)でした。渚も研究のために、五十嵐と同じワシントン大学に行くことになり、院長を辞任。そして今回は、循環器内科医として戻ってきました。

ラジエーションハウスメンバーが解散?
渚の代わりに院長になった灰島(高嶋政宏)が院長になり、合理化を追求し収益はうなぎ登りになっています。そのかわり、灰島の意向でラジエーションハウスが縮小になり、「放射線科医はいらない」と言う考えのもと、アウトソーシング化に切り替え、技師はただ医者に言われた写真を撮って転送するだけ、と言う機械でもできるような仕事になっていました。

残ったのは技師長の小野寺(遠藤憲一)と五十嵐の同期だった広瀬(広瀬アリス)と、五十嵐と入れ替わりにやってきた田中(八嶋智人)。他にも技師はいましたが、やりがいを感じられず、すぐに辞めてしまいました。

黒羽たまき(山口紗弥加)、軒下吾郎(浜野謙太)、威能圭(丸山智己)、悠木倫(矢野聖人)は転職していました。

再会
杏は病院で、シーズン1で登場した世界的な写真家・菊島(イッセー尾形)の娘・由美(森カンナ)と再会します。由美は妊娠していました。しかし半年前に、旦那は事故で亡くなっていました。

仕事の帰り道に、再び道端で由美の姿を見かけます。すると由美は突然お腹を抱えて苦しみ出します。杏が駆け寄ると、もう1人心配して声をかけてきた人物が。
五十嵐でした。

こうしてやっと杏は五十嵐と再会することができました。

由美は無事に病院に運ばれ、甘粕病院に到着した五十嵐は、甘粕病院に技師として復帰することになりました。

ラジエーションハウス復活!
最近の小野寺はぼーっとしておりやる気がなく、認知症の可能性があります。そのことを知った広瀬は、ラジエーションハウスのみんなに招集をかけます。しかしみんな、今の仕事やお金が良くて、戻る気は無いのだと言います。

しかし、五十嵐が戻ってきたことにより、みんなの家が変わります。そして1人、また1人と戻ってきて、ラジエーションハウスが復活しました!

杏の成長
由美は右股関節をかばうような歩き方をしており、辻村は検査を勧めますが、「赤ちゃんに影響があるかもしれないから」と言って検査を拒みます。しかし五十嵐がそれを説得し、由美は検査に応じました。

結果は妊娠後期によく見られるTOHと言う症状で、安静にしていれば自然に治ります。しかし由美は「歩いたほうがいい」と勘違いして無理をして歩いていたため、もし検査を受けなければ無理がたたって骨折をしていたかもしれません。そうなれば、産後に体が不自由になるなど、大変なことになっていたかもしれません。

杏は「また五十嵐さんに助けられてしまった。私は何も手を出せなかった」と落ち込みます。

その後、由美の容体が急変します。以前に骨折の痛みにより転倒したことがあり、外傷性の動脈瘤ができていました。それが破裂して、腹腔内出血を起こしたのです。
切開手術で赤ちゃんを取り出す必要があります。

すぐにここでオペをすると五十嵐が言い始めますが、技師の五十嵐にそんなことができるわけないと田中は驚きます。しかし五十嵐は医師免許を持っているのだと仲間たちが話します。それでも、今は技師として雇われているのです…。

するとそこに杏が入ってきて、オペを「私にやらせてください」と五十嵐に頼みます。

オペの途中で血管が収縮するというトラブルが発生。血管拡張剤を使えばオペを続行できますが、大量出血する恐れがあります。しかし杏は血管拡張剤を使い、大量出血をする前に素早く処置をし、事なきを得ました。
母子ともに無事でした。

杏は五十嵐との約束を果たし、自分が成長できていると確信を持ちます。
そして灰島に
「医師免許がありながら技師として働く人がいるように、放射線科医でありながら技師とともに直接患者さんと触れ合いながら働く。そんな病院が1つくらいあってもいいじゃないですか?ここで働かせてください!」
と頼みます。

しかし効率化を重要視する灰島はそれを認めませんでした。

世界的バイオリニスト
世界的なバイオリニストの宝生真凛(田中みな実)がリサイタル中に倒れました。観客席にいた灰島が、甘粕病院に運び入院させます。
不調の原因がわからず、一時は引退の危機も危ぶまれましたが、五十嵐の画像診断により、脳梗塞の一種であることがわかりました。治療を終え、無事に復帰できることを副院長の鏑木(浅野和之)がマスコミの前で「院長の方針による正確な画像診断で」と発表したことにより、全国から正確な画像診断による治療を望む依頼がたくさん入りました。

こうして院長はラジエーションハウスの復活を認めざるをえなくなり、正式に杏も採用されました。

小野寺が認知症?
さて、冒頭から認知症の疑いがあった小野寺ですが…

ウェルニッケ脳症という、アルコールの摂りすぎと食生活の偏りによる、ビタミンB1の不足からくる症状でした。
記憶力の低下、倦怠感、眼球の震え。

これも、五十嵐が見抜きました。

小野寺の認知症疑惑も晴れ、みんながもう一度集結したラジエーションハウスは、新しく田中を含めて再始動することになりました。

お食事
杏が五十嵐を待っています。

「あの約束を果たした暁には、ぜひいちどお食事に行きましょう」

五十嵐と、そう約束をしていたからです。杏も立派に放射線科医として成長したため、約束を果たしたと言えるでしょう。

五十嵐がやってきて、嬉しそうに微笑む杏。しかし後からぞろぞろとラジエーションハウスのメンバーが。実は杏に届いた葉書と同じものを、五十嵐はみんなに送っていたのでした。

怒って帰ろうとした杏を追いかけようとしてつまずき、五十嵐は杏のお尻に両手でタッチ!怒った杏にグーパンチを食ってしまうのでした。(これはシーズン1の冒頭で、同じシーンがあったため)

第1話の感想はここをクリック
結構楽しみにしていたのですが、1話、つまらなくなかったですか?私は眠くて眠くて仕方がなかったです…。
まず続編の冒頭で、以前のメンバーが別々の場所に散ってしまっていて、再集結する!と言うのは定番なのですが、再集結までに時間がかかりすぎ!
30分経ったところで、まだ集結していなかったですからね。
コードブルーだったら冒頭10分位でバタバタと再集結していましたよ。
そういえば前クールの「ナイトドクター」も最終回で、仲間たちがバラバラの病院に行ってしまったので、これって続編フラグかもしれませんね。

そして、1話の患者として、シーズン一の一話に出てきたゲストのイッセー緒形さんと森カンナさんが出てきたのは懐かしくて良かったと思うのですが、完全に田中みな実さんは要らなかったかな?治療のシーンとかなくて、雑すぎ!と思いました。
だったらゲストを1組に絞って、もっと話を丁寧に描いたほうがよかったのでは?森カンナさん役の由美は、シーズン1では父親と疎遠になって結婚前に仲直り→再登場で妊娠しているけど、旦那が事故死、と波瀾万丈な人生なので、もっと描きようがあったと思います。
あと、八嶋智人さんは、シーズン1ではずっとナレーションを担当していて、最終回で五十嵐と入れ替わりでやってきた技師として、顔出し初登場。
シーズン1のラストで既に認知症疑いのあった小野寺から、浜田健太さんが演じている「軒下」とずっと間違えられていたため、「軒下じゃなくて田中です」と音階何度も言っていたんですね。
これは、前作を見ていなかった人、見ていたけど忘れてしまった人には意味不明だったんじゃないかなぁと思います。こうやって、シーズン1につながっているところを探していくと言う楽しみ方もありますね!

ラジエーションハウスⅡの内容

公式サイト

あの変わり者の天才放射線技師が帰ってくる!
窪田正孝さんが地上波連ドラ7年連続主演&朝ドラ主演後ドラマ初主演!
チーム“ラジハ”が、“視えない病”を診つけ出す!!

『ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~』

<出典>フジテレビ公式

<出演者>
窪田 正孝/本田 翼/広瀬アリス/浜野 謙太/丸山 智己/矢野 聖人/山口紗弥加/遠藤 憲一

鈴木 伸之/八嶋 智人/髙嶋 政宏/浅野 和之/和久井映見/

第1話から最終回まで全話配信中です

今すぐ無料おためし

「FODプレミアム」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

ラジエーションハウスⅡの感想

感想が集まり次第、投稿致します。