日本沈没ー希望のひとーの無料動画・見逃し再放送・再配信を1話から見る方法

日本沈没ー希望のひとーの動画を無料視聴する方法

「日本沈没ー希望のひとー」

動画配信サービス「Paravi」

第1話から最終回まで視聴できます

 

今すぐ無料おためし

 

「Paravi」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

<Paraviのおすすめポイント>
 
・TBS系列の人気ドラマやテレビ東京系列の人気ドラマが見放題
・最新の連続ドラマやバラエティ番組も見逃し配信
・アニメ、海外ドラマなどParavi独占でラインナップ!話題の新作映画も
・スマホのアプリでは動画のダウンロードも可能
スマートフォンパソコンは もちろんテレビでも楽しむこともできます
・無料期間後は、月々1017円(税込)で継続できる
 
<Paraviユーザーの声>

20代女性

下町ロケットが見たくて、登録したところ、登録後すぐに動画を見れて便利だなって感じた!スマホのアプリで見れるし、すぐ見れるところがとにかくお手軽。他の動画配信サービスでは配信されていないTBSやテレビ東京の独占ドラマがあり、ドラマ好きには必須の動画配信サービスだと思う。また、水曜日のダウンタウンなどのバラエティ番組も充実してるから、自宅で退屈なときに重宝してる♪

日本沈没ー希望のひとーの見逃し動画まとめ

■第1話から最終回までフル動画の視聴方法■

Paravi

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用することをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

<見逃し動画> 第3話
未放送
<予告動画>

第3話の公式あらすじ

「関東沈没が1年以内に始まる」という田所博士(香川照之)の分析報告を総理官邸で聞いた天海(小栗旬)は、対策の緊急性を強く訴える。
しかし、里城副総理(石橋蓮司)は田所を詐欺学者と決めつけて相手にせず、東山総理(仲村トオル)もすぐには決断できないでいた。
天海とともに危機感を募らせる常盤(松山ケンイチ)に、記者の椎名(杏)が接触してくる。
彼女は田所が総理官邸に招かれたことで、ただならぬ事態が起きていると感じていた。
その夜、常盤は常盤グループ会長で父親の統一郎(小野武彦)に呼ばれる。呼ばれた先には、里城がいた。
同期である天海の人間性や関東沈没説に対する見解を聞かれ……
 
<出典>TBS公式

第3話のネタバレはここをクリック
視聴後、公開いたします。
第3話の感想はここをクリック
視聴後、公開いたします。

<見逃し動画> 第2話
Tverで見る
<予告動画>

第2話の公式あらすじ

田所博士(香川照之)の予測通り、日之島が沈んだ。それは関東沈没の前兆が起きたということになる。
環境省の天海啓示(小栗旬)は日本未来推進会議で、対策を早急に行うように訴えるが、地球物理学の最高権威・世良教授(國村隼)は日之島が沈んだのはただの地滑りだと真っ向から否定し、東山総理(仲村トオル)と共に会見を開き、説明を行う。
納得がいかない天海だったが、週刊誌に天海が企業から不正にお金をもらっていたという記事が掲載される。
疑惑を否定する天海の言い分は聞き入れられず、環境省では謹慎処分となり、未来推進会議からも外されそうになってしまう。
絶体絶命のピンチの中、天海は田所から「解決の糸口になるかもしれない」と、海上保安庁の海底調査のデータを入手するように頼まれる。
天海は経産省の常盤紘一(松山ケンイチ)にデータの入手をお願いするが…。
 
<出典>TBS公式

第2話のネタバレはここをクリック
逆風吹き荒れる
関東沈没説を訴える田所と、それに真っ向から反論する世良を乗せた海底調査船がその調査に向かうと、田所はそこでスロースリップの痕跡を目にする。
しかし力ずくでそれをもみ消した世良により、田所が言葉を失ってしまう中、田所の予言通り日乃島が沈没してまう。
予想が当たったと興奮する田所とは反対に、世良は「プレートのズレが原因だ」とその考えをまたしても真っ向から否定する。
世良の考えに疑問を感じる天海は、さらなる調査をしようと身を乗り出すが、天海が元凶であるという偽りの情報が拡散され、天海は未来推進委員会から謹慎を告げられてしまう。
どうしてもこの問題が気になった天海は、週刊誌の記者である実梨に頼み込み、リークの出どころを探ろうとするのであった。

更に追い込まれる天海
週刊誌に天海の名前が上がってしまったことで、未来推進委員会を組織した総理大臣の東山は、副総理であり対立する里城からその責任を言及されてしまう。
さらに国民からの声を気にした東山は、そこで天海に謹慎を言い渡し、未来推進委員会からの除名も視野に入れ始めるのだった。
どんどんと追い込まれてしまう天海は、別居中の妻である香織に電話をかけ少しだけ愚痴を聞いてもらうことにする。
そんか天海の愚痴を「懐かしい」と聞きながらも、香織は「これからは仕事だけを見てて欲しい」と離婚を切り出すのだった。
「考えさせてほしい」と答えた天海だったが、やはりショックを受けているのか、翌日公園でボーッとしていると、そこに実梨がやってくる。
そして今回の記事の出どころが、東山付近から出てきたことを教えられると、天海はある決断をするのであった。

天海の一手
天海はできる限りのデータを集めながら、東山も推進する『首都分散』に関する資料を作り東山に直訴しにいく。
東山こそ天海を冷たくあしらうも、秘書の男性に資料を渡すことに成功した天海は、なんとか一息をつくことができたのだった。
さらに手を止めない天海は、田所の研究の本質を見極めるために、海上保安庁からの正式なデータの入手を進めていく。
同期で顔も広い常磐に依頼するのだが、そこで持ってこられたのは、世良が持っていた資料と同じものであり、天海は「これじゃだめだ」と語る。
常磐は「お前も沈没論者か?」と笑われると、天海は「COMSが原因なら自分にも責任がある」と話し、さらに海底で見た温水も気になるのだとその理由を説明するのだった。
そんな中、天海が東山に提出した資料の検討が採用され、天海は無事に未来推進委員会に残ることに成功するのだった。

改ざんされたデータ
その後天海は、週刊誌に出された情報の出どころを探るために、環境省内部に目を向け始めるのだった。
するととある会社から上司の藤岡宛に封書が届いていたことを思い出すと、さらにその藤岡に何度も大金が送金されていることを知るのだった。
天海が藤岡を問い詰めると、バラさないことを条件に、世界的自動車メーカーの社長であり経団連会長の生島を紹介してもらうことにするのだった。
生島自動車もまた、東京湾に近未来都市の建設を計画しており、その中止をお願いにやってきた天海は、さらに先日の調査のデータ入手をお願いするのだった。
それから数日後、データに改ざんされた痕が見つかったこと、そしてそれは世良に頼まれた国土交通省の安藤がやったことが判明するのだった。
世良を問い詰める天海は、そこで「世界的権威のある自分が10%の確率のことを話せば100%のことだと広まってしまうのだ」と改ざんの言い訳をするのだった。

決断
世良によるデータ改ざんがあったことを知った総理の東山は、この説を早くから訴えていた田所の話が聞きたいと天海に依頼する。
田所にお願いをする天海だったが、研究や調査に没頭する田所の耳にはなかなか届かずにいるのだった。
そんな天海は「何%の確率で関東は沈没しますか?」と尋ねると、さらに「COMSがその原因ならその責任は自分にもある」とその思いを語るのだった。
その言葉にようやく顔を上げた田所は「COMSだけが原因ではない。人類が長年積み重ねてきたことにも原因がある」と、天海に優しい言葉をかけるのだった。
それから数日後、田所は天海とともに東山の元へと向かっており、そこで田所は「あなたには先に話しておく」ととある話を天海にすると、その内容に思わず固まってしまうのだった。
そして東山を前に、田所は頻発するスロースリップの痕跡を見せながら、関東が沈没するシュミレーションを見せながら、これが早くて1年以内に起こり得ると説明するのだった。

第2話の感想はここをクリック
離婚を切り出されたり未来推進委員会を追われそうになったりと、かなりの逆風の中でも次の一手を考える天海のすごさを感じました。
その天海の過去が少しだけ語られ、環境省に入省した理由も、トップダウンの国のやり方を変えようというかなり志を高いものでした。
そして日本沈没がかなり本格的になってきましたが、これから天海や田所たちがどうしていくのか楽しみですね。
<見逃し動画> 第1話
Tverでの配信は終了しました。
<予告動画>

第1話の公式あらすじ

2023年、東京。東山総理(仲村トオル)は、世界環境会議で地球物理学の権威である世良教授(國村隼)のもと「COMS<コムス>」のさらなる推進を高らかに表明した。
さらに官房長官の長沼周也(杉本哲太)が、東山が“未来の日本”を見据えて各省庁の優秀な若手官僚たちを集めた“日本未来推進会議”を発足すると発表。
そのメンバーに環境省の天海啓示(小栗旬)、経産省の常盤紘一(松山ケンイチ)も選ばれていた。
目的達成のために強引な手段もいとわない天海は、自身の提案を通したいがために東山総理にすり寄り、同時に総理の抵抗勢力である政界のドン・里城副総理(石橋蓮司)をも懐柔しようとする。
さらには、両者に顔が利く「生島自動車」会長兼経団連会長の生島誠(風間杜夫)を同期の常盤に紹介してもらい、近づいていく。
 
<出典>TBS公式

第1話のネタバレはここをクリック
異端な研究者
環境省の官僚である天海啓示は、SDGsの視界に入れた新しい燃料再出システムのCOMS〈コムス〉の稼働に尽力していた。
その未来を見据えた計画や実現は、総理大臣の東山栄一をも唸らせるほどであり、同期で経済産業省の常磐紘一もまた、そんな天海を応援していた。
COMSのさらなる進化を画策していた天海だったが、国会議事堂の前では、異端な地震学者の田所雄介が提唱した『関東沈没説』に同調した多くの人がデモをしていることに気がつく。
天海はなんとかその火種を消そうと、今回の件で監修役となった東京大学教授の世良徹の元に向かい、その意見を聞くことにする。
世良は東京大学で田所と一緒に仕事をしていたと話すと「彼は天才だ」と話す一方、研究費の私的流用で大学を追い出されたことを話す。
そんな天海が関東沈没の話を切り出すと、世良は「そんなことはありえない」と、田所の話を一蹴するのだった。

現実味のある話
世良の話を聞いて安心した天海は、省の垣根を超えた若手によるグループの『日本未来推進会議』の一員になり、CMOSの重要性を熱く語る。
しかし他の省の若手官僚たちは、その稼働や維持などに多額の費用がかかることなどで反発し、さらには田所の研究について不安の声が上がっていることを伝える。
田所の話を直接聞くことが大切だと感じた天海は、その研究室を訪ねると、いかにも変人そうな田所に不安を覚える。
しかし天才と呼ばれるだけあり、田所の研究結果にはかなり信憑性があり「海底でスロースリップが多く見て取れる」とその根拠を話し始める。
さらに田所は、静岡沖にある日乃島が沈没すれば、それが関東沈没の序章になるだろうと予言じみたことを話天海を呆れさせる。
田所の研究室をあとにしようとした天海は、そこで週刊誌の記者である椎名美梨から田所の研究の後ろ盾である会社が、詐欺まがいの商法を取っているとして嗅ぎ回っていることを知るのだった。

海の底の異変
田所の眉唾物の研究に疑いの目を向ける天海だったが、やはりなんとなくの不安は拭えずに静岡までやってくる。
そこで日乃島付近の改定をダイビングしながら調査をしていた天海は、海底にできた亀裂から温水が噴き出し、その後その亀裂に吸い込まれそうになってしまう。
なんとか難を逃れた天海だったが、一緒に来ていた常磐に「上級者のおごりだろう」とバカにされながらも、その亀裂に関して不安を募らせていくのだった。
その夜、家に帰ってきた天海は、離れて暮らす娘の茜からテレビ電話がかかってくると、茜は母の香織にかわる。
仕事の話をする天海だったが、香織との関係はあまりうまくいっていないようで、ふと寂しさを感じてしまうのだった。

公聴会の提案
田所の話には無理があると考えながらも、天海はどうしても不安が拭いきれず、世良や官僚、そして内閣官房長官の長沼周也を招いて公聴会を開くことを提案する。
田所をうまく乗せ公聴会に連れてきた天海は、さらに「真実を日本に公表するチャンスです」と田所をやる気にさせていく。
しかし公聴会が始まれば、天海は田所が後ろ盾である会社の詐欺行為に加担するために極論を話しているだけだと、その研究の信憑性を疑う声を上げていく。
なんとか田所の研究のことを抑え込むことに成功した天海だったが、美梨が出した記事により、政府の陰謀論であるという声が高まり始めてしまう。
天海もまた、どうしても田所の研究結果にある程度の信憑性を感じており、不安を完全に拭い去るために「合同で海底調査に行きましょう」と声をかけるのだった。

拭いきれない不安
海底調査へとやってきた天海や田所、そして世良と国土交通省の安藤靖は、深海探査船に乗り込み、海底へと進んでいく。
そこで田所は、地表から温水が出ているために起る現象などが見て取れ、田所は「スロースリップは起きている」とさらに確信を得ていく。
ようやく開けた場所までやってくると、田所はその奥でスロースリップの証である断層を発見するのだが、閉所が苦手な安藤が倒れてしまい、その調査は中断されてしまう。
その後、再度開かれた公聴会では、深海探査船が撮影してきた映像を元に、改めて田所の説が空論に過ぎないことが証明されてしまうのだった。
悔しさをにじませる田所を見ていた天海もまた、海底でうっすらと見えた断層について不安を感じており、もう一度調査をするべきと進言する。
その時大きな地震を感じた天海たちは、急いで身を隠しその揺れをやり過ごすと、その後テレビでは、静岡の日乃島が沈没しているというニュースが伝えられる。
それを見ていた天海は、田所が予想していた島の名前であることから、関東沈没の話に真実味が出てきたことに大きな不安を感じるのだった。

第1話の感想はここをクリック
1973年に刊行されたSF小説をベースに、小栗旬さんや松山ケンイチさんなどかなり豪華なメンバーでリメイクされることになった日本沈没ですが、初回からかなり熱くぶつかっていましたね。
天海の家庭環境もかなり複雑なようで、香織と茜と別居中であることなど、色々なところにドラマが散りばめられていそうですね。
異常気象や地震など、先日も関東で大きな地震があり、かなりタイムリーな内容になっていて、これからの展開が楽しみですね。

日本沈没ー希望のひとーの内容

公式サイト

どんな状況でも、あきらめない人がいる。
周囲の意見に惑わされず、信念を貫く人がいる。
私たちは信じている。
この国には、そんな熱のある人が残っていると。
国民を守るためにあらゆる手を使い、戦い続ける勇気のある人がいると。
これは、国家の危機に瀕してもなお、
一筋の希望の光を見出すために奮闘する人たちの物語である。
 
<出典>TBS公式

<出演者>
小栗 旬
松山ケンイチ

ウエンツ瑛士
中村アン
与田祐希(乃木坂46)
國村 隼
小林 隆
伊集院 光
風吹ジュン
比嘉愛未
宮崎美子
吉田鋼太郎(特別出演)
杉本哲太
風間杜夫
石橋蓮司
仲村トオル
香川照之
ナレーション … ホラン千秋
 

第1話から最終回まで全話配信中です

今すぐ無料おためし

「Paravi」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

日本沈没ー希望のひとーの感想

感想が集まり次第、投稿いたします。