【ドラマ】つまり好きって言いたいんだけどを最終回まで無料で見る方法

つまり好きって言いたいんだけどを最終回まで無料で見る方法

「つまり好きって言いたいんだけど、」

動画配信サービス「Paravi」

第1話から最終回まで視聴できます

 

今すぐ無料おためし

 

「Paravi」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

<Paraviのおすすめポイント>
 
・TBS系列の人気ドラマやテレビ東京系列の人気ドラマが見放題
・最新の連続ドラマやバラエティ番組も見逃し配信
・アニメ、海外ドラマなどParavi独占でラインナップ!話題の新作映画も
・スマホのアプリでは動画のダウンロードも可能
スマートフォンパソコンは もちろんテレビでも楽しむこともできます
・無料期間後は、月々1017円(税込)で継続できる
 
<Paraviユーザーの声>

20代女性

下町ロケットが見たくて、登録したところ、登録後すぐに動画を見れて便利だなって感じた!スマホのアプリで見れるし、すぐ見れるところがとにかくお手軽。他の動画配信サービスでは配信されていないTBSやテレビ東京の独占ドラマがあり、ドラマ好きには必須の動画配信サービスだと思う。また、水曜日のダウンタウンなどのバラエティ番組も充実してるから、自宅で退屈なときに重宝してる♪

つまり好きって言いたいんだけど、の見逃し動画まとめ

■第1話から最終回までフル動画の視聴方法■

Paravi

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用することをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

<見逃し動画> 第7話
未放送
<予告動画>

第7話の公式あらすじ

瀬那(櫻井海音)の好きな人はまさかの自分だった!?
千歳(大原櫻子)は無理矢理瀬那にキスされ戸惑う中、再び瀬那の担当となり動揺を隠せない。
一方映画の初主演に抜擢された瀬那と千歳は、ヒロイン役の妖艶な女優、白川雪乃(森田望智)と会うのだが、驚いたことにマネージャーとして現れたのは、元同僚の原真知子(佐藤江梨子)だった!
瀬那は俳優としての大きな壁にぶつかりながら、一方で雪乃と親密になっていく。
二人を前に千歳の気持ちにも徐々に変化が…。そんな中、千歳と瀬那に最悪の事態が訪れる!?
 
<出典>公式

第7話のネタバレはここをクリック
視聴後、公開致します。
第7話の感想はここをクリック
視聴後、公開致します。

<見逃し動画> 第6話
Tverで見る
<予告動画>

第6話の公式あらすじ

過労とストレスで倒れたあゆみ(松井愛莉)は、なんとか持ち直し朝ドラ撮影に復帰する。
クランクアップを迎えたその時、突然の爆弾発言をして周囲を驚かせるのだった。
あゆみの悩みを知りながらも力になれなかったことを悔やむ千歳(大原櫻子)は「瀬那(櫻井海音)と二人きりで会いたい」というあゆみの願いを聞き入れ、叶えてあげることに。
そんな千歳に瀬那は怒りをぶつける。そして、二人はまさかの展開に…!
 
<出典>公式

第6話のネタバレはここをクリック
延ばせて3日
瀬那が熱を出して倒れてしまうと、心配になった千歳は徹夜で看病をしてなんとか瀬那を元気にさせるのだった。
しかしそのせいで、あゆみのスケジュール変更の連絡に気づくのが遅くなってしまい、あゆみはタクシーを呼び現場に向かうことになる。
外へ出てきたあゆみは、真知子に止められながらも辞めることができなかったエゴサーチのせいで、周囲のファンの視線が怖くなってしまい倒れてしまうのだった。
千歳はあゆみが倒れてしまったことで、朝ドラの撮影に穴を開けてしまったこと、さらには連絡が遅れたことを、真知子や東山から叱られてしまうのだった。
撮影は延ばせて3日だと言われた千歳は、先日エゴサーチで心が弱っているとあゆみから話をされたことを真知子と東山に伝える。
真知子は「一番に私に相談するべきだった」と怒りながらも、自分には相談してこなかったことに少しだけ嫉妬してしまうのだった。

女優人生をかけて
なんとか体調が戻ったあゆみは、千歳から残りのシーンを1日で撮影しなければならないと聞かされるのだった。
それを聞いたあゆみは「私の女優人生をかけてでもやりきって見せる」と決意の表情を浮かべ撮影に臨むのであった。
なんとか順調に撮影が終わると、あゆみはヒロインとして挨拶することになり、そこでなんと突然引退宣言をしてしまうのだった。
何も聞かされていなかった真知子や千歳は、目を丸くして驚き、そのことを聞きつけたマスコミからの問い合わせに、事務所にいる東山も朝比奈もその対応に追われるのだった。
千歳は「悩みを話してくれたのに何対応できなかった自分が悪かった」とショックを受けるが、東山たちはまずはスポンサーへの対応が先と千歳を鼓舞するのだった。

ちーちゃんの気持ちに応える
一方、CMの撮影が終わった瀬那は、加賀美との打ち合わせをしながら、次々とCMやバラエティ番組の出演を取ってくる加賀美の実力に驚かされていた。
するとその中のひとつに映画の撮影が入れられており、瀬那はドラマではない方向で売り出すことを話していた加賀美がなぜ?と疑問を感じるのだった。
すると加賀美は、事務所での打ち合わせの際に、千歳が「演技は藤代さんの天職だ」と熱く語っていたことを説明する。
さらに加賀美は、瀬那の女性関係を把握しておきたいと、交友関係を尋ねると、瀬那は「最近は全くなくなった」と語る。
その理由が気になった加賀美がさらに質問をしてくると、瀬那は「本気で好きになった人がいるからかもしれない」とその素直な気持ちを語るのだった。
納得した加賀美が電話で席を外すと、瀬那は千歳の思いを初めて知り「ちーちゃんの気持ちに応えないとな」と一人呟くのであった。

お似合いな2人
一方その頃、あゆみの様子を見に向かった千歳は、相談せずに引退を発表した理由が「止められてしまうかもしれないからだ」と聞き、あゆみがこれで納得していることを理解する。
そんなあゆみに「最後に一つお願いがあるの」と言われた千歳は、困惑しながらもそのお願いを聞き入れるのであった。
その後事務所に戻り仕事をしていた千歳のもとに、同じく戻ってきた加賀美から「あゆみさんは藤代さんが好きなのかもしれない」と伝えられる。
その言葉にドキッとする千歳は、さらに加賀美から「藤代さんもまたあゆみさんが好きなのかもしれない」と聞かされ、その2人がお似合いであると告げられる。
その言葉に納得しながらも、なぜだか心が晴れない千歳は、久しぶりの実久との飲み会でもその話をされ、表情を曇らせるのであった。

良くない展開に…
そんなある日、あゆみに頼まれていた瀬那とのゆっくりした時間がほしいという依頼を達成させるために、瀬那には内緒でレストランへと連れて行く。
千歳のサプライズだと知った瀬那は、そこであゆみから告白され複雑な表情を浮かべるのであった。
そんな瀬那を置いて事務所に戻ってきた千歳は、あゆみの引退の手続きがすべて終わったことを東山から伝えられるのだった。
あゆみを一から育ててきた真知子は、涙を流しながらその引退の責任を感じていると話すと、そのまま辞表を出し荷物をまとめてしまう。
必死に止めようとする千歳だったが「あなたは力はなくてもタレントに取り入るのだけはうまいからね」と冷たい視線を向けられてしまうのだった。
あゆみの引退や真知子の突然の退社などですっかり疲れてしまった千歳は、帰ってきた瀬那の機嫌が悪いことに気がつく。
瀬那は「俺の気持ちをなんだと思ってる?」と詰め寄ると、そのまま千歳にキスをしてしまうのだった。
とっさに瀬那を突き飛ばしてしまった千歳は、さらに瀬那を怒らせてしまったことに困惑してしまうのだった。

第6話の感想はここをクリック
あゆみの突然の引退や、真知子の嫉妬など、千歳はかなり色々な問題に巻き込まれてしまいましたね。
そして何より、瀬那があれだけ感情的になるとは、本当に千歳のことが好きな様子がはっきりと感じ取れました。
そんな千歳も、あゆみと会わせる時にかなり迷っていたようなので、千歳も早くその気持ちに気がついて欲しいというじれったさが残る6話でしたね。
<見逃し動画> 第5話
TVerでの配信は終了しました。
<予告動画>

第5話の公式あらすじ

仕事の基礎を学ぶべく、真知子(佐藤江梨子)のもと、あゆみ(松井愛莉)の担当となった千歳(大原櫻子)。
あゆみに寄り添い懸命に働く千歳だが、敏腕イケメンマネージャー加賀見の存在もあり、瀬那(櫻井海音)との雰囲気は少し険悪に。
そんな時、自宅に帰ると瀬那がなんと倒れておりパニック!
そして翌朝、あゆみを一人で現場に向かわせてしまった千歳だが、あゆみと連絡がつかなくなってしまい…!?
 
<出典>公式

第5話のネタバレはここをクリック
難しい初日
瀬那のためにこれからも頑張ろうと決心した千歳だったが、事務所の社長の東山は、さらなる瀬那の飛躍を狙って、新しいマネージャーを採用するのだった。
新しくマネージャーとなった加賀美は、大手事務所で有名俳優を数多く担当しており、その手腕を見込まれ瀬那の担当になることが決められるのだった。
瀬那の担当を外されてしまった千歳は、真知子とともにあゆみの担当につくことになり、真知子は「マネージャーのいろはを教えてあげる」と千歳を1から教育することにするのだった。
そんな担当替えの話を聞いた瀬那は、少しだけ残念そうな顔をするのだが、加賀美から笑顔で手を差し伸べられると、すぐに笑顔になり握手を交わすのだった。
一方あゆみの担当となった千歳は、日傘のさし方や台本の渡し方など、かなり細かく注意されながら大変な初日を迎えることになるのだった。

ちょっとしたヤキモチ
あゆみがドラマのお昼休憩に入ると、千歳が買っておいたお弁当を手渡すのだが「もっと軽いものでないと、次のシーンに響く」と叱られてしまう。
急いで別のものを買いに出ていった千歳が戻ってくると、真知子から「絶対に目を離すなって言ったじゃない」と怒られてしまう。
真知子は、若いときから育ててきたあゆみはこれからさらに飛躍するのだと、スキャンダルは絶対に起こさないように見張りが必要なのだと説明するのだった。
一方瀬那は、敏腕マネージャーである加賀美と一緒にCM撮影にやってきており、そこでの加賀美の見事な立ち居振る舞いに感心する。
その帰り加賀美は「数年後には絶対年収1億にしてみます」と意気込みを語ると、瀬那はその壮大すぎる話に少し驚いてしまうのだった。
そんな新しい環境でスタートを切った2人が自宅で顔を合わせると、お互いのことが気になっており「うまくいっている」という話をお互いにすると、お互いは少しだけヤキモチを焼いてしまうのだった。

エゴサーチ
その翌日、千歳は加賀美から教えられた通り、まずはタレントをしっかりと知るためにとあゆみの過去の作品を見たりと研究を重ねるのだった。
その甲斐あってか、千歳はあゆみのかゆいところに手が届く存在なっており、そんな成長する千歳の姿に、あゆみも少しずつ心を開いていくのだった。
あゆみもまた叱るばかりではなく、自分が欲している理由などを説明しながら、千歳を育てていこうとするのだった。
そんなあゆみは、真知子に止められながらもエゴサーチをどうしてもしてしまうと千歳に話しており、その検索結果を千歳に見せるのだった。
あまりに心無い言葉が並べられていることに、あゆみは少しだけ表情を曇らせながら「気にしなければいいんだけどね」と語るのだった。

瀬那の方向性について
順調に進んでいく千歳たちであったが、瀬那は珍しく撮影でNGを連発してしまい、それを見ていた加賀美は、事務所に戻ると「瀬那くんはCMやバラエティに向いている」と東山に伝えるのだった。
東山も「マネージャーの加賀美君が言うならその方向に転換するか」と話しているのを聞いていた千歳は、我慢できなくなり「ちょっといいですか?」とその話に割り込むのだった。
そして千歳は「前マネージャーとして、瀬那さんは演技に向いていると思う」と話すと、それを聞いていた加賀美も納得し、方向転換は一旦保留となるのだった。
その日の夜、千歳が家に戻ってくると、熱を出して倒れている瀬那を見つけると、急いで救急車を呼ぼうとする。
しかしそれを止めた瀬那は「ちーちゃんがここにいるのがバレる」と語ると、千歳が看病することにするのだった。
少し様子が落ち着いた瀬那は、撮影でのミスも「ちーちゃんが近くにいなかったから調子が狂ったんだ」と語ると「今日は一緒にいて欲しい」とお願いして眠りにつくのだった。

やばいことをしてしまった
千歳の寝ずの看病のおかげで、瀬那はすっかり熱も下がり笑顔で千歳にお礼を伝えるのだった。
そんな千歳がふとスマホを見ると、あゆみの撮影の入時間が2時間早まるというメールが来ていたことに気がつき大慌てであゆみに連絡するのだった。
それを聞いたあゆみは「自分でタクシーを拾って行く」と急いで外に出るのだが、その姿を見ていたファンが歩みに気が付き近寄ってくる。
エゴサーチでかなりの対人不安になっていたあゆみは、ファンの声も誹謗に聞こえてしまい、気分が悪くなり部屋に戻ってしまうのだった。
そんなことも知らずに撮影現場にやってきた千歳は、真知子から「あゆみがまだ来ていないし電話にもでない」と叱られてしまう。
千歳も必死に電話をかけるのだが、自宅で倒れてしまっているあゆみがそれに気がつくことはなく、千歳はどんどん不安を大きくさせていくのだった。

第5話の感想はここをクリック
瀬那の看病をする千歳のすごく優しい笑顔がとても印象的な回でしたが、そんな千歳にさらっと告白する瀬那にキュンとした人も多いのではないでしょうか。
その瀬那の気持ちになかなか気づかない千歳もどれだけにぶいんだよとは思いますが、あゆみのことなど、まだまだ乗り越えなきゃいけないハードルがありそうですね。
<見逃し動画> 第4話
TVerでの配信は終了しました。
<予告動画>

第4話の公式あらすじ

一線を越えてしまったことを悔やむ千歳(大原櫻子)に、“同居もマネージャーも続けること”を条件に口外しない約束をする瀬那(櫻井海音)。
負い目を感じながらも同居を続ける千歳だが、なんと事務所の看板若手女優・あゆみ(松井愛莉)が突然の訪問!?
慌ててクローゼットに隠れた千歳が見たものは…!そんな瀬那は、あゆみといよいよスクープされてしまう!?
 
<出典>公式

第4話のネタバレはここをクリック
記憶のない夜
またしても瀬那に採用面接を邪魔された千歳は、ついに堪忍袋の緒が切れてマネージャーを辞めることを決め瀬那にあたるのだった。
しかし瀬那は千歳が喜ぶようにとサプライズのパーティーを計画していただけだと謝ると「最後に一杯だけ飲まない?」とお酒を手渡すのだった。
瀬那のサプライズに喜んだ千歳は「一杯だけ」とその誘いを受け入れると、そのお酒の美味しさにすっかり気分を良くしてどんどんとお酒が進んでしまうのだった。
翌朝目を覚ました千歳は、ベッドの横に瀬那がいることに驚いてしまうと、全く覚えていない昨夜のことに混乱してしまうのだった。
すると瀬那は「自分から誘ったわけじゃないよ」と笑みを浮かべると、昨夜お酒を飲んで高揚した千歳から誘ってきたのだと説明するのだった。
自分がはからずも瀬那と一夜をともにしてしまったことに驚く千歳は、さらにマネージャーとタレントの恋愛はご法度であること、さらには莫大な違約金が発生するかもしれないと脅されてしまうのだった。

戦々恐々とする千歳
莫大な違約金の発生や、東山がそのことに関してかなり厳しい人間だと知った千歳は、またしても職を失うかもしれないと怯えてしまう。
すると瀬那は「これからもマネージャーとして近くにいればバレることはない」と千歳を安心させようとするのだった。
無職で借金まみれになるよりはと、千歳は引き続き瀬那のマネージャーをする決意をするのだが、マンションから出るときも周囲をかなり気にしてしまうのだった。
その後事務所にやってきた千歳は、朝比奈や東山が交際の報道がされた若手俳優の話をしており、その違約金や芸能界での道を絶たれたという話を耳にしてしまう。
自分が同棲していることが週刊誌にバレたら、考えしまった千歳は、さらに瀬那とのことが気になってしまい動揺してしまうのだった。

マネージャーとしての進化
動揺を誤魔化しながら仕事に向かった千歳は、現場でスタッフから声をかけられ困惑する瀬那に、そのスタッフとのエピソードや名前をこっそり教える。
楽屋に入った瀬那は、そこで千歳が教員時代になんとか顔と名前を覚えるためにこまめにメモを取っていたことを伝えるのだった。
顔と名前を覚えるのが苦手な瀬那は、そんか千歳のメモを見てそのマメな性格や生真面目さに感心してしまうのだった。
その後、瀬那とあゆみの撮影現場にやってきた千歳は、マネージャーとしての仕事をそつなくこなすようになっており、真知子を感心させるのだった。
しかしそこで、あゆみと瀬那がかなりいい雰囲気であることに気がつくと「やっぱり美男美女はお似合いだな」と感じてしまうのだった。

ドキドキな千歳
その日の夜、千歳は新しいドラマが決まった瀬那のためにと色々準備をしていると、なんとそこにあゆみが訪ねてくるのだった。
あゆみは演技の幅に限界を感じていると話しながらも、瀬那への秘めている想いを暗に伝えるのだった。
しかし瀬那は、その言葉をのらりくらりと話すと、あゆみを外まで送り届けると、千歳は「私がいなかったらもしかして…」とドキドキしてしまうのだった。
それから数日後、急に事務所に呼び出された千歳は、同棲がバレたかもしれないとドキドキするのだが、東山はあゆみと瀬那のスキャンダルが出てしまったと嘆くのだった。
少しだけ安心した千歳だったが、まだまだ油断ならないとソワソワしていると、朝比奈がなんとか記事を差し止めることに成功するのだった。

マネージャーはちーちゃんだけ
その頃現場に一人でやってきた瀬那は、スタッフから声をかけられ、やはり話題についていけずに困惑してしまうのだった。
しかし楽屋に入り台本をめくると、その中に千歳が忍ばせておいた手書きのメモがあり、瀬那はなんとかスタッフへの対応をするのであった。
その後自宅に戻ってきた瀬那は、今回の一連の騒動で「自分はマネージャー失格だ」とまたしてもマネージャーを辞めることを決心した千歳の気持ちを聞かされる。
そこで瀬那は「あの日は実は何もなかった」と話すと、さらに「マネージャーはちーちゃんじゃないとだめなんだ」と千歳の気配りに感心したことを伝えるのだった。
そんな瀬那の真剣に語る様子を見ていた千歳は「藤代さんの本心が聞けた気がする」と、マネージャーを続投することを改めて決意させるのだった。
やる気が出てきた千歳だったが、その翌日事務所にやってくると、東山から大手事務所からやってきたという新しいマネージャーの加賀美修を紹介される。
そして東山から「藤代のマネージャーは加賀美君にやってもらうことにする」と告げられると、千歳は「せっかくやる気になったに」とショックを受けてしまうのだった。

第4話の感想はここをクリック
瀬那は千歳のことが好きなんじゃないかなと思えるシーンがかなり多く、それに気がつかない千歳にかなりモヤモヤしますね。
そんな千歳ですが、マネージャーとしてはかなり力をつけてきたようで、さらに乗り気になったのですが、新しいマネージャーの加賀美が来たことでどうなっていくのか楽しみですね。
<見逃し動画> 第3話
TVerでの配信は終了しました。
<予告動画>

第3話の公式あらすじ

ひょんなことから瀬那(櫻井海音)との同居生活が始まった千歳(大原櫻子)。
瀬那に何かとこき使われ不満顔。マネージャーとして瀬那を支えつつも教師に戻る決意を新たにするのだった。
一方瀬那は大女優・一色涼香(黒木瞳)との共演のチャンスを掴み、役者として大切な局面を迎えると同時に、演技の壁にも突き当たっていた。

ある日千歳の就職活動中、瀬那から緊急連絡が入る。
慌てて戻った千歳を待っていた事態とは!
そしてふたりはまさかの事態に…!?
 
<出典>公式

第3話のネタバレはここをクリック
同居の決め事
非常勤講師として働いていた千歳は、あることが原因で学校を辞めさせられてしまうと、色々な偶然が重なり人気が出始めた俳優の藤代瀬那のマネージャーとして働くことになる。
慣れないマネージャーという仕事に困惑しながらも日々奮闘する千歳だったが、ある日の瀬那が小学校時代の同級生だと気がつくのだった。
千歳が嘘嫌いになったきっかけを作ったのが瀬那であり、当初は嫌悪感を示していたが、演技に対しての本気度やその演技力に感動し、マネージャーを少しだけ続ける覚悟をするのだった。
そんかさな千歳は、次の家を探すことができずに“宿無し”となってしまうと、なんと瀬那から「同居しないか?」と提案される。
不審がる千歳だったが、背に腹は代えられず、近づかないことやお風呂やトイレの取り決めをして同居することにするのだった。

瀬那の成長のきっかけ
そんなある日、先日のオーディションで大役を掴んだ瀬那の初めての顔合わせが行われることになり、真知子とともに顔合わせ現場へとやってくる。
瀬那が挨拶をしている間、真知子は顔合わせがどういう場所なのかを説明すると、瀬那の母親役である大女優の一色涼香の挨拶に同行する。
厳しい雰囲気を醸し出しながらも、千歳の挨拶に笑顔で応えるなど、新人の千歳に優しい言葉をかけるのだった。
その後事務所に戻ってきた千歳は、台本を読んでいた社長の東山や先輩俳優の朝比奈から「かなりいい作品に出会えた」と話しているのを聞いていた。
瀬那は通称ライダー俳優と呼ばれる、ヒーロー物の出身であり、そこからの脱却のためには良作に出会うことが大切なのだと説明される。
そして間違いなくこの作品は良作であると太鼓判を押されると、真知子や東山からは「瀬那の体調管理だけはしっかりするように」と改めてマネージャーの役割を伝えるのだった。
その言葉に気合を入れ直す千歳だったが、家に帰り本読みの手伝いをしていると、またしても瀬那に騙されてしまい苛立ちを覚えるのだった。

マネージャーの仕事
撮影も順調に進んでいくと、涼香との共演シーンになり、千歳は緊張しながらその撮影をしっかりと見ていた。
涼香の演技はもちろん、瀬那の引き込まれる演技に圧倒され、気がつけば目からは涙が出てしまうほど、瀬那と涼香の演技に引き込まれるのだった。
その後東山からのアドバイスに従い、涼香への手土産を持って挨拶に向かった千歳は、その演技に圧倒されたことを正直に伝えるのだった。
そんな千歳に対して涼香は「俳優の演技をしっかりと見ること、そして常に寄り添い味方であることがマネージャーの仕事なのだ」とマネージャーとして在り方を教えるのだった。
その言葉に心を打たれた千歳は、楽屋で涼香の演技に圧倒され落ち込む瀬那に「一緒に成長していきましょう」と声をかけ、マネージャーとして力になることを決意するのだった。

人を幸せにする嘘
マネージャーとしての仕事を理解した千歳だったが、その後私立の小学校の面接が決まりその面接へと向かっていく。
面接官を待っている間、瀬那から「具合が悪くなった、助けてほしい」と連絡が入ると、どうしても心配になってしまい瀬那の元に駆けつける。
自宅に慌てて戻ってきた千歳だったが、またしても嘘をつかれサプライズのクラッカーが鳴らさせると、ついに千歳の堪忍袋の緒が切れてしまう。
「心配して面接を蹴ってきたのに」と怒りをぶつけると、瀬那は申し訳無さそうに謝るが、千歳はそれすらも嘘のようだと信じられずに怒って出ていってしまうのだった。
気まずい雰囲気が流れる中、涼香との撮影シーンでの演技で完璧に演じきる瀬那に、千歳は「なんであんな嘘つき男が」と呟いてしまう。
それを聞いていた東山は「嘘が人に夢を与えることがあり、それが俳優の仕事なのだ」と説明すると、千歳は瀬那のことを少しだけ理解することができるのだった。

まさか…やっちゃった!?
その後瀬那を家に送り届けた千歳は、自分の荷物を片付け始めると「友人の家に泊まるができるようになった」と話すのだった。
さらに自分にはマネージャーの仕事は向かないと、仕事をして理解したからこそ感じたことを伝えるのだった。
寂しそうな表情を浮かべる瀬那だったが「最後に一杯だけお酒を飲まないか?」と誘うと、千歳も「一杯だけなら」とそれを了承するのだった。
そのままお酒を飲んだ千歳はいつの間にか寝てしまい、翌朝外から聞こえるバイクの音で目を覚ますのだった。
すると目の前には上半身裸で横で寝ている瀬那の姿に気が着くと「私この男とやっちゃったの!?」とあまりの衝撃に飛び起きるのであった。

第3話の感想はここをクリック
まさかの黒木瞳さんがゲスト出演していたことにかなり驚きましたが、やはりその演技は本当に素晴らしいですね。
俳優は嘘で夢を与えることができる仕事であり、瀬那は嘘を本当のことのように感じさせることができることなど、天性の才能なんだなと思います。
そして衝撃のラストシーンで、瀬那が一体何を考えているのますますわからなくなってきて、これからの展開が一層楽しみになりました。
<見逃し動画> 第2話
TVerでの配信は終了しました。
<予告動画>

第2話の公式あらすじ

瀬那(櫻井海音)に振り回されながらもマネージャーとして奮闘する千歳(大原櫻子)。
その日テレビ局のプロデューサーへ初営業し、瀬那へのオーディション応募要項を手にするのだが…
それは役名のない役だった。しかし千歳が取ってきた仕事だからと瀬那はオーディションを受ける。
すると、瀬那の演技が監督の目に留まり…!

少しずつマネージャー業に慣れていく千歳だが、アパートの引っ越しの日、最悪の事件が起きる!
そんな千歳に瀬那はとんでもない提案をするのだった。
 
<出典>TBS公式

第2話のネタバレはここをクリック
振り回される千歳
小学校の非常勤講師として働いていた冴島千歳は、権力者を両親に持つ生徒を泣かしてしまい、そのせいで小学校をクビになってしまう。
そんな千歳は、ひょんなことから芸能事務所の社長の東山に声をかけられ、そのままマネージャーとして働くことになるのだった。
千歳がついたのは、ネクストブレイクが予想される藤代瀬那であり、その爽やかな見た目とは裏腹に、嘘をついて千歳をからかったり、女癖が悪いことに千歳はイライラを募らせていく。
さらにその瀬那が、小学生時代のトラウマともなってしまった嘘つきの同級生の不二宗純であることを知り、驚きで言葉を失ってしまうのだった。
驚きや苛立ちを感じる千歳だったが、仕事もなく、さらに不採用通知ばかりが届く毎日に、マネージャーの仕事を辞めるわけにはいかず困惑した毎日を送っていく。
そんな頑張る千歳だったが、またしても瀬那に嘘をつかれてからかわれ、さらにイライラが増していくのだった。

持つべきものは友
瀬那へのイライラがましていく中、元同僚の実久と居酒屋にやってきた千歳は、瀬那への愚痴をこぼしまくる。
なんとかなだめようとする実久は、知り合いが講師をしているという学習塾に空きができたということで、その面接をなんとかこぎつけてあげると説明され、千歳は大喜びする。
さらにネットでとても安い物件を見つけたと話す千歳は、ついにこの生活から逃れられるかもしれないと、希望の光が見え始めるのだった。
そんなある日、千歳が事務所にやってくると、そこでせっせと働く朝比奈玲司が元は国民的スターだったことを聞かれる。
しかし5年前、とあるスキャンダルのせいで仕事がなくなってしまい、さらにCM契約の違約金などで多額の負債を負ってしまい、それを東山が肩代わりしたという話を聞かされるのだった。

スキャンダルには気をつけて
スキャンダルのせいで仕事を干され、さらには多額の負債がある朝比奈は、タレントをスキャンダルから守ることの大切さを千歳に伝えるのだった。
その話を聞かされたあとに瀬那を迎えに行った千歳は、先日とはまた違う女性が部屋から出てくるのを見てしまう。
3股しているのか?とドン引きする千歳は、車に乗り込むと、そこで「スキャンダルには気をつけてください」とその瀬那の行動を注意する。
しかし全く悪びれる様子を見せない瀬那を見ていた千歳は「これは3股どころじゃないな」と心のなかで呟いてしまう。
なんとか改めさせようと、千歳は「ちゃんとしたパートナーなら話は別ですけど」と伝えると、瀬那は「じゃあちーちゃんがパートナーになる?」と話し出して千歳を困惑させるのだった。
またしても瀬那にからかわれた千歳は、その後のインタビューで「目の前の仕事を丁寧にこなしていきたい」と笑顔で語る姿に呆れてしまうのだった。

俳優の格
嘘つきの瀬那に翻弄される毎日を送る千歳は、さらに慣れない仕事にも疲弊してしまうのだった。
そんなある日、テレビ局に真知子と一緒に営業にやってきた千歳だったが、真知子が急な用事を思い出し、1件だけ一人で向かうことになる。
勇気を振り絞り挨拶に向かった千歳だったが、新人ということもありかなり雑な扱いをされ、さらには他の事務所のベテランマネージャーに笑顔で接するを見て苛立ちを覚える。
なんとか食らいつこうと話しかけた千歳は、しぶしぶあるオーディションの知らせを貰い受け意気揚々と帰っていく。
しかしその役は名前もない端役であり、東山や真知子たちからは「売出中の瀬那の俳優の格をまだ落としたくはない」とそのオーディションは受けないことになるのだった。

まさかの展開
またしても失敗してしまったと落ち込む千歳は、学習塾の面接に向け気合を入れ直し、休みをもらい面接を受けに行く。
しかしその直前、瀬那から「あのオーディションを受けることにした」と連絡が入り、面接をすっぽかしてその会場に向かっていくのだった。
またしても瀬那に騙されたことに気がついた千歳だったが、端役のオーディションにも関わらず、本気で演技する瀬那に圧倒されてしまう。
それは審査側も同じであり、瀬那はそこで監督のお眼鏡に叶い、なんと準主役のオファーを獲得するのだった。
喜んでいた千歳だったが、その後引越し作業を進め軽トラに荷物を詰め込むと、実久から「あの業者詐欺で捕まった」と連絡が入るのだった。
これで住むところまで無くしてしまった千歳が途方に暮れていると、それに気がついた瀬那は「俺んちで一緒に住めばいいじゃん」と顔を近づけ、千歳はなんとも言えないドキドキを感じてしまうのだった。

第2話の感想はここをクリック
息を吐くように嘘を付きまくる瀬那ですが、どこかで千歳に気があるような素振りを見せている感じがしますね。
看板女優のあゆみもまた瀬那への恋心がありそうな雰囲気で、この三角関係が勃発してしまう予感がして、なかなか困難な恋愛に発展しそうですね。
<見逃し動画> 第1話
TVerでの配信は終了しました。
<予告動画>

第1話の公式あらすじ

非常勤講師として働いていた小学校をクビになってしまった冴島千歳(大原櫻子)は、ひょんなことから芸能事務所の新人マネージャーとして働くことに!
人気若手俳優・藤代瀬那(櫻井海音)の担当になるのだが…
実は彼は、女癖が悪く嘘が巧みな問題児だった!
幼い頃、ある男の子に何度も騙されたことから「嘘が大嫌い」な性格の千歳は、瀬那に何度も騙され内心怒り心頭!

しかし彼の仕事についているうちに、千歳はあることに気づき…!
 
<出典>TBS公式

第1話のネタバレはここをクリック
職なし宿無し
小学校で非常勤講師をしていた冴島千歳は、クラスメートの男子に嘘をつかれ泣き出してしまった女のコに気がつく。
嘘が大嫌いな千歳は、その男子に「嘘は絶対にいけない。謝ってきなさい」と強い口調で言ってしまうと、その男子も泣き出してしまう。
その男子の父親は市議会議員で、母親はPTA会長ということもあり、非常勤講師の千歳はまたたく間にクビになってしまうのだった。
同僚の森田美久に励まされながら荷物をまとめ自宅のアパートに帰ると、そこでアパート取り壊しが決定し来月には立ち退くようにと言われてしまう。
仕事を失ったばかりの千歳は、さらに住む家までなくなってしまうと、不幸がどんどんと連鎖していき、大きなため息をつくのだった。

最悪な出会い
落ち込んで入られないと、すぐに職探しを始める千歳だったが、このご時世ということもありなかなか仕事を見つけられずにいた。
すっかり落ち込んでいた千歳は、近くのベンチでなり続けるスマホを発見すると、恐る恐るその電話に出ることにするのだった。
すると「そのスマホは命よりも大事なものだ」と説明され、千歳はそれをとあるスタジオに持っていくことになるのだった。
スタジオにやってきた千歳は、そこでブレイク直前のイケメン俳優・藤城瀬那に出会うのだが、テレビを普段見ない千歳はその存在に気が付かない。
自分のファンが来たのかと勘違いした瀬那とスマホを取り合い揉み合っているうちに、千歳が瀬那に覆いかぶさるように倒れてしまい、あまりの近さにドキドキしてしまうのだった。
その後、スマホの持ち主であり瀬那の事務所の社長の東山一樹と出会うと、そこでロケ弁を振る舞われ満足して帰っていくのだった。

マネージャーになりませんか?
東山と別れたあと面接に向かった千歳だったが、あのスタジオに履歴書を忘れてしまっており、あっさりと不採用になってしまう。
気を落としながら歩いていた千歳は、見知らぬ番号からの電話に「採用の連絡かもしれない」と元気よく電話に出る。
しかしその相手は東山であり、忘れた履歴書から千歳のことを知ると「マネージャーになってみませんか?」と声をかけるのだった。
教員職を希望しているのだと話す千歳だったが、東山からは「教師もマネージャーも人を育てるプロには変わりない」と口車に乗せられ、それを承諾してしまうのだった。
それに驚いた先輩マネージャーの原真知子は「あんな新人に瀬那を任せて大丈夫なのか?」と東山に質問する。
すると東山は、笑いながら「2人が言い合っているのを見てビビッときたんだよ」とその感覚を信じることにしたのだと話すのだった。

最低な男
翌朝瀬那を迎えに行った千歳は、電話をしても繋がらないことから玄関まで向かっていくと、そこで女性が出てきたことに驚く。
さらにその後ろから乱れた服装の瀬那が出てくると、担当させられたのが昨日最悪な出会いをした人物だと気がつくのだった。
早速瀬那に嫌悪感を抱いてしまった千歳は、さらに撮影現場で「嘘も演技のうち」と言われたり、嘘をつかれて恥をかいたりと散々な一日を送るのだった。
そのストレスを元同僚の美久に話しながら、小学校の頃嘘つきの男の子『不二宗純』にずいぶんと傷つけられ、それから嘘が嫌いなのだと語る。
それでも「生活や次の仕事を見つけるまでは我慢しないと」と美久に言われ、千歳はため息をつきながらお酒を飲むのだった。
翌朝、気分を切り替えて瀬那を迎えに行った千歳だったが、またしても別の女性を部屋に連れ込んでいたりと、だらしない瀬那に呆れてしまうのだった。

瀬那の正体
その後ドラマの撮影現場で、事務所の看板若手女優の栗尾あゆみに出会うが、芸能界に疎い千歳はあゆみのことを知らずに少しだけ苛立たせてしまう。
そんなあゆみも瀬那に会うとすぐに笑顔になり、そんな2人を見ていた千歳は「やっぱり美男美女は絵になるな」と芸能人の凄さを改めて感じる。
そして千歳が瀬那の演技を眺めていると、顔だけでなくその演技力も一級品で、心の奥が締め付けられる感覚に陥ってしまうのだった。
その様子を見ていた東山は「芸能界はメリーゴーランドのように見ている人をファンタジーの世界に引き込む力があるんだよ」と教えるのだった。
その日の帰り、瀬那を迎えに来た千歳は、演技が素晴らしかったことを伝えていると、そこに「俺の女に手を出しただろう」とガラの悪い男が現れる。
守ろうとした千歳が突き飛ばされたしまうと、瀬那は思わず「ちーちゃん」と口走りその手を掴み助けるのだった。
その男がすぐに去っていってしまうと、千歳はその呼ばれ方は小学校以来だと不思議がると、瀬那があの嘘つきの『不二宗純』だと判明するのだった。

第1話の感想はここをクリック
大原櫻子さんと櫻井海音さんのダブル主演というかなり豪華なメンバーでスタートしましたが、ベタな展開だけどなんたがワクワクするストーリーでした。
そして何より、櫻井海音さんの父親はあのMr.Childrenの桜井和寿さんであり、なんとも引き込まれる雰囲気はとても良く似ていますね。
まだ20歳と若い俳優さんですが、あのルックスや醸し出す雰囲気から、これからの活躍がとても楽しみですね。

つまり好きって言いたいんだけど、の内容

公式サイト

嘘つきな男と、嘘が大っ嫌いな女。
不器用なふたりが織りなすマネージメント・ラブコメディ連続ドラマ化!
主演:大原櫻子 × 共演:櫻井海音
幼馴染のふたりに生まれるピュアな恋
マネージャー×俳優の禁断愛が始まる–!?
 
<出典>Paravi公式

<出演者>
 
冴島千歳 役:大原櫻子
藤代瀬那 役:櫻井海音
東山一樹 役:西村まさ彦
原真知子 役:佐藤江梨子
朝比奈玲司 役:宮尾俊太郎
加賀見修 役:東啓介
森田実久 役:石川瑠華
栗尾あゆみ 役:松井愛莉
白川雪乃 役:森田望智
 

第1話から最終回まで全話配信中です

今すぐ無料おためし

「Paravi」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

つまり好きって言いたいんだけど、の感想

感想が集まり次第、投稿いたします。