婚姻届に判を捺しただけですが(ドラマ)を無料で視聴する方法【ネタバレ】

婚姻届に判を捺しただけですが(ドラマ)の動画を無料で視聴する方法

「婚姻届に判を捺しただけですが(ドラマ)」

動画配信サービス「Paravi」

第1話から最新話まで全話配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「Paravi」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

<Paraviのおすすめポイント>

・TBS系列の人気ドラマやテレビ東京系列の人気ドラマが見放題
・最新の連続ドラマやバラエティ番組も見逃し配信
・アニメ、海外ドラマなどParavi独占でラインナップ!話題の新作映画も
・スマホのアプリでは動画のダウンロードも可能
スマートフォンパソコンは もちろんテレビでも楽しむこともできます
・無料期間後は、月々1017円(税込)で継続できる

<Paraviユーザーの声>

20代女性

下町ロケットが見たくて、登録したところ、登録後すぐに動画を見れて便利だなって感じた!スマホのアプリで見れるし、すぐ見れるところがとにかくお手軽。他の動画配信サービスでは配信されていないTBSやテレビ東京の独占ドラマがあり、ドラマ好きには必須の動画配信サービスだと思う。また、水曜日のダウンタウンなどのバラエティ番組も充実してるから、自宅で退屈なときに重宝してる♪

婚姻届に判を捺しただけですが(ドラマ)の見逃し動画まとめ

■第1話から最新話までフル動画の視聴方法■

Paravi

■動画共有サイトを検索■

YouTube

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用することをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。
<見逃し動画>第5話
未放送
<予告動画>

第5話の公式あらすじ

美晴(倉科カナ)が離婚届を残していなくなってしまった…。
身寄りのない美晴の行き先がわからず、同級生たちに連絡をとる百瀬(坂口健太郎)を、明葉(清野菜名)は心配そうに見つめることしかできない。
美晴の行方が気がかりなまま時間だけが過ぎる中、不動産屋の前に美晴の姿が!
家に帰りたくないという美晴に、百瀬は「しばらくはうちにいればいい」と提案するのだった。
だが、偽装結婚中の2人には美晴がいることで生活に大きな変化が…。
同じベッドで寝ることになり、緊張した時間を過ごす明葉をよそに 、百瀬は美晴への想いをポツリポツリと話し始めるのだった。
百瀬と一緒にいたいと思うようになった明葉の願いも虚しく、美晴との同居生活で2人の関係にも影が差し始めてしまい…!
<出典>婚姻届に判を捺しただけですが(ドラマ)公式

第5話のネタバレはここをクリック
視聴後、公開致します。
第5話の感想はここをクリック
視聴後、公開致します。

<見逃し動画>第4話
Tverで見る
<予告動画>

第4話の公式あらすじ

 友情のハグをしたことで、初めての女友達ができたと喜ぶ百瀬(坂口健太郎)。
食事は各自、お互いの食器は使わないという百瀬自身が決めたルールをまるっきり無視して、明葉(清野菜名)に懐きまくり。
「友達」という言葉を嬉しそうに繰り返す百瀬の態度に、明葉は戸惑うばかり。
 そんな中、温泉旅館の招待券を貰った百瀬は明葉を日帰り温泉旅行に誘う。
百瀬への不毛な恋に悩みながらも、“友達だから”と結局は一緒に行くことにした明葉。
覚悟を決めた出発当日、そこには美晴(倉科カナ)と旭(前野朋哉)の姿もあり…!
<出典>婚姻届に判を捺しただけですが(ドラマ)公式

第4話のネタバレはここをクリック
女友達
柊(坂口健太郎)のことを思わず抱きしめてしまった明葉(清野菜名)。しかし、“友情のハグ“と勘違いされてしまい、すっかり友達認定されてしまいます。
柊にとっては初めてできた女友達で、よほど嬉しかったらしく、それから明葉に対して態度が軟化したものの、何かと「友達ですから」を連呼。いちど友達認定されたら、それは恋愛対象から外されたも同然。
さらに柊は、招待券をもらったからと箱根の日帰り温泉旅行に誘ってきます。さすがにそれはと断りますが、柊は
「僕はもともと友達の少ない人間で、女友達に関しては初めてで、接し方がわからず嫌な思いをさせてしまっていたのならすみません。今までの関係の方が良いのなら戻します…」
としょんぼり。
さすがにかわいそうになって、旅行に行くことに。
そして明葉は、柊の友達になることを心に誓うのでした。
兄夫婦と一緒に箱根旅行
旭(前野朋哉)に車を借りて出かけると思い込んでいた明葉。しかし、招待券は4枚もらったので、4人で旅行に行くことになっていました。
行きの車で、車酔いしてしまった明葉。目が覚めると、ずっと柊が手をつないでくれていて、「僕の膝でよければ」と膝枕もしてくれます。
“友情の膝枕…“と複雑な思いの明葉。
温泉につくと、支配人が「ご主人にはとてもお世話になっております。本当に美男美女ですね」と挨拶してきたので、明葉が答えようとすると、美晴のことを妻だと思い込んで話しかけていました。
温泉の後、食事の用意ができていて先に着いた明葉と旭。
旭が、「本当は嫌だったんじゃない?美晴と柊が夫婦だと間違えられて」と気を遣ってくれます。逆に「お兄さんは嫌じゃないんですか?」と明葉が聞くと、「もう慣れてるから」と旭は笑って答えます。昔から、見た目が柊の方が美晴にお似合いなので、よく勘違いされたそうです。
旭「この先、俺たちの間にほころびみたいなものができても、俺は美晴のそばに居られたらそれでいいかなーって。」

美晴の闇
その頃、温泉を出た美晴は、柊を見つけて横に座ります。柊は人と一緒にお風呂に入るのが苦手なので、大浴場に行けず、後で部屋風呂に入ろうと思って、明葉がお風呂から上がるのを待っていたのです。
美晴は行きの車でも、「最近疲れやすくて、体調が悪い」と話していたため、柊は心配します。
美晴は、そろそろ子供のことを考えているのですが、なかなかうまくいかないのだと話します。
美晴「旭君となら、完璧な家族を作れる。彼となら、私の理想の家族を手に入れられる。ほころび1つない。だから結婚したの、あなたのお兄さんと。
こんな女で、がっかりした?」

柊が明葉にキス!?
箱根から帰ってくると、柊は落ち込んでいます。美晴の裏の一面を見てしまったようで、幻滅し落ち込んでしまったのです。
美晴と何かあったのか?と気になって仕方のない明葉は、「何か落ち込んでいることがあるのなら、一緒に飲みましょう!そういう時は友達と飲んで忘れるのが1番!」と誘って一緒に飲み始めます。しかし柊は一向に元気にならず、「明日朝早いから」と言って寝ようとします。
それを明葉が引き止めて、「友達なんだから何かあったら話してくださいよ!手を繋いだり膝枕するのが友情なんですか?友達って言ったって男と女なんですから」と言いかけ、
「あれ、百瀬さんて美晴さんのことを中学の時から好きなんですよね?て事は、付き合ったりとかそういう経験とか…」
とからかいます。
すると、柊は真顔で近づいてきます。
「そんなこと、恋愛感情がなくてもできますよ。試しにそのうるさい口、黙らせてみましょうか?」
そのまま柊は顔を近づけてきますが、ギリギリのところで「もう!からかわないでくださいよ!」とすり抜けて、明葉は自分の部屋へと逃げ込むのでした。
その夜、明葉は全く眠れませんでした。会社でも、キスのことで頭がいっぱい。
様子のおかしい明葉に同僚が声をかけると、明葉は「友達が何も話してくれない」と相談します。
社長(田辺誠一)「友達でも夫婦も、話したくなったら向こうから話してくるんだから、それまでは放って置くのが1番」

幻滅するのが好きだから
柊が仕事で作家さんに会うことになりました。ちょうど枡田(岡田圭佑)の快気祝いで柊の会社に来ていた明葉は、それを知り大興奮!明葉がその作家の大ファンなのです。柊に紹介してもらい、挨拶させてもらうことになりました。
待っている間に、ノートのメモを見返し、今まで書き留めていた作品の感想を復讐する明葉。しかし、柊は「そういうことを言われるのが嫌いな作家さんもいるから、あまり期待しないほうがいいですよ」と冷静。
素朴で人間実溢れるキャラクターを描く作家さんなので、「そんなはずはない!」と明葉は言っていましたが、実際に会ってみたら、明葉の感想を途中で遮りタバコを吸いに行ってしまうと言う冷たい対応でした。
柊「だから言ったでしょう?誰に対してもあんな感じなんですよ」
しかし、明葉は全く落ち込んでいませんでした。むしろ、憧れの作家さんと話せたことに感動しています。
イメージと違った事は確かでした。しかし、
明葉「イメージなんて私が勝手に持っていたものだし、先生が書いた作品。先生ご自身もどっちも本物じゃないですか!」とその全てを受け入れています。
家に帰り、柊は昨日キスしようとしたことを謝ります。美晴に対して勝手にイメージを作り上げて、勝手に幻滅して、落ち込んでいたのだと言うことも話します。
柊「勝手にイメージを作り上げて、勝手に幻滅して、僕の勝手だったんです。」
明葉「そんなの当たり前ですよ、好きなんだから。イメージを作るのも、幻滅するのも、結局は好きだからでしょ?誰かを好きになるって、勝手な事なんですよ。」
柊は明葉の考え方にはっとさせられました。
柊「これから明葉さんのことを妻として紹介することも多いと思うので、ちゃんとしておいたほうがいいと思って」
と言って柊が取り出したのは結婚指輪。
箱根に行く車の中で、ずっと手を握っていたのは、指のサイズを調べていたからでした。
柊は薬指に指輪をつけてあげます。
「僕と結婚してくれてありがとうございます。僕は、あなたとだからこうして夫婦でいられるんだと思います。」
嬉しいけれど複雑な思いの明葉は、真剣な顔で尋ねます。
明葉「もし私が、掟を破ったらどうしますか?」
もし、好きだと言ったら、この結婚は解消されてしまうのか?
その時、旭が訪ねてきます。
配達から帰ったら、美晴がいなくなったそうです。
そして美晴のサインがされた離婚届が置いてあったと言うことで…。

第4話の感想はここをクリック
え?え?全然意味がわからなかったのですが、柊が美晴にそんなに幻滅してしまったのはどうして?美晴が「幸せな家庭を作るために旭君と結婚した」と言うのはそんなに悪いことなんですか?
例えば、旭がものすごくお金持ちで、好きじゃないけどお金があれば理想の結婚生活ができると思ったと言う理由で結婚したなら嫌ですが、お弁当屋さんと結婚しているのですから、逆に割と大変な道を選んでいると思います。
好きでもないけど、子供に遺伝子を残したくて顔の綺麗な人と結婚しただけと言う理由なら嫌ですが、旭ならそれもないでしょう…。
という事は、旭となら幸せな家庭を築けると言うのは、旭の人柄が良いからと言う理由ですよね?それってその人のことを好きって言いませんか?
「私こういう女だよ?」と言うほどの悪事の告白でもないし、柊が「イメージと違う」と幻滅してしまうことでもないと思うのですが…。
でも突然離婚届を置いていくと言うのは相当ですね。かき回し系の嫌な女に見えますが、不妊で悩んでいたようですし、自分が子供ができない体だと知って、「旭君まで不幸にできない」と旭を思っての行動とも捉えられますね。
美晴は昔から両親がいなくてお弁当を買いに来ていたと言う設定があるので、きっと家庭には恵まれなかったのでしょう。柊と旭の両親はとても暖かい人たちで、温かい家庭で鍋を囲み合うと言う理想の家族の形をしていて、その形を手に入れるためには柊よりも旭と結婚した方が良いと判断したのでしょうね。
間違っていないと思いますが…。
<見逃し動画>第3話
TVerでの配信は終了しました。
<予告動画>

第3話の公式あらすじ

百瀬(坂口健太郎)の好きな人が兄・旭(前野朋哉)の嫁、美晴(倉科カナ)であることを知り、明葉(清野菜名)は胸のあたりがなぜかモヤモヤしていた。
2人は百瀬の中学の同級生たちが開いてくれる結婚祝いへと出かけることに。
美晴や同級生たちが思い出話で盛り上がっていると、偶然通りかかった麻宮(深川麻衣)が成り行きでパーティに飛び入り参加!?
さらに、明葉のお節介が百瀬の勘に触り、心のシャッターをガッツリ降ろされてしまうのだった…。
家では気まずい空気が流れる一方で、明葉に大きなコンペの話が舞い込む。
そのことを百瀬に相談しようにも、とても聞ける雰囲気ではなく…。
さらに、予期せぬ出来事が起こりコンペは思わぬ展開に…!?
<出典>婚姻届に判を捺しただけですが(ドラマ)公式

第3話のネタバレはここをクリック
同級生とキャンプ
柊(坂口健太郎)が好きなのは、兄嫁の美晴(倉科カナ)だったと知り、好奇心が抑えられない明葉(清野菜名)。

同級生が、柊の結婚を聞きつけて、美晴を通して「お祝いしたい!」と言ってきたそうです。柊は断ろうとしていましたが、同級生と会えば2人のことを何か知れるのではないか?と考えた明葉は「断ると怪しまれるから、私行ってもいいですよ」と了承します。

美晴も含めた仲良しの同級生グループでキャンプをしに集まります。すると、犬の散歩中だった麻宮祥子(深川麻衣)と鉢合わせ。飛び入り参加することに。祥子は、さりげなく根掘り葉掘りうまいこと情報を聞き出してくれます。美晴は初めて付き合ったのが旭(前野朋哉)で、結局そのまま一筋で結婚したと言うこと。

美晴は飲み過ぎて潰れてしまいました。
明葉「柊ちゃん、おんぶして送っていってあげたら?」と勧めますが、柊は旭を呼びました。

心のシャッター
家に帰り、柊は変に気を使われたことに怒ります。

「僕は誰にも悟られることなく、美晴を想っていたい。ただそれだけです。改めて確認しますが、この結婚は外野からとやかく詮索や干渉をされたくないためのもの。僕にとっては、結婚相手であるあなたも外野です」

完全に心のシャッターを閉じられたことに明葉はショックを受けます。

明葉はキャンプの時に間違えて美晴のストールを持って帰ってきてしまいました。柊が預かり、美晴に連絡します。すると、旭はイベントでいないけど美晴はお弁当屋にいるとの事。

柊がストールを届けようと、モモズ弁当に行くと、イベントが早く終わって、ちょうど旭が帰ってきたところでした。柊は、美晴にフィナンシェのお土産を買ってきていましたが、旭のお土産と被ってしまい、ストールだけを置いて声をかけずに帰ります。

友情のハグ
その頃、明葉の会社には、動物病院の看護師の唯斗(高杉真宙)がやってきていました。迷子のペットのチラシを作りたいと明葉に頼んできました。

唯斗には「友達の話」として、偽装結婚の話をしていましたが、「もしかしてその友達って、明葉さんの事だったりして?」とカマをかけられてばれてしまいます。
道端で唯斗が明葉にハグをしてきたところ、柊に見られてしまいます。

家に帰ってから、必死に「あれは友情のハグです!」と弁明します。しかし、借金を返し終わったら離婚するつもりなので、「今、その下準備をしていても何の不満もありません。もうお互い大人なのでご自由に」と柊は全く気にしていない様子。

翌日、明葉が会社から帰ると、部屋の中にお客さんがいるようでした。女の人の声。
女「久しぶり。奥さんに取られたくないもん。思いっきりハグさせて?」
柊「どうぞ、お好きなだけ」

柊もハグをしているのかと、慌てる明葉。

コンペ
明葉は、埼玉フェスのコンペに参加することになりました。かなり大きな仕事です。広告代理店の枡田(岡田圭右)が「喋りのほうは自分に任せて」と言っていたのですが、なんとコンペ当日、枡田は盲腸になって病院に運ばれてしまいます。

仕方なく、自分でプレゼンをしようとしますが、デザイナーが作品を作るのが仕事で、プレゼンなんてやり慣れていません。全くうまくしゃべれず、もう駄目かと思った時…柊が入ってきました。(枡田と柊は同じ会社)

そして柊が、プレゼンを引き継いでくれました。

美晴との思い出
家に帰ってから、明葉と柊はコンペの打ち上げで一緒に缶ビールを飲みます。

柊は、美晴との思い出を話してくれます。
柊は、もともと旭とは正反対で、両親も温かい人柄なので、家族の中で1人だけ毛色が違う感じでした。家族が不在がちな美晴がよくお弁当を買いに来るようになり、父親が「お弁当を家で食べるなら、うちで食べてけば?」と声をかけたのが始まりです。それからお弁当ではなくて、一緒に夕飯を囲むようになりました。

柊は、学校のクラスの中でも浮いた存在でしたが、美晴と親しくなったことで、クラスの輪に馴染むようになっていきました。今回、クラスのみんながお祝いにキャンプで集まってくれたのも、美晴がみんなに声をかけて集めてくれたからです。

この人はなんてピュアなんだろう…と思い、思わず感情が高ぶった明葉は、
「今だけハグしていいですか?」と言って、柊を抱きしめます。

柊「これが友情のハグですか…」

友情?これは友情なんかじゃない!明葉は自分の気持ちを自覚するのでした。

第3話の感想はここをクリック
柊が美晴を好きになった理由が、ものすごく納得できました!
ただ笑顔が可愛いからとか、もともとみんなのマドンナ的存在だったから、とかではなくて、一人ぼっちだった自分を家族の輪、クラスの輪の中に引き入れてくれた存在。
それは好きになっちゃうよー!
でも、やっぱりどこか悪女に感じるんですよね。思い出話で、「あの時、柊くんが私をおぶってくれたんだよね」とか新妻の前でいいます!?
マウントとってるようにしか思えない!明葉がいない時に家に訪ねてきて、柊と2人で仲良くするのも、もうちょっと遠慮してほしいです。
それにしても、前回のラストでも明葉は柊に対する恋のフラグを感じていましたよね。でも今回、美晴との馴れ初めを知りたいと言うのは“好奇心“と言う感じがしました。
まだ恋の切ない感じが出ていないので、そこまでドラマに引き込まれないなぁと言う感じ。
演技力の問題なのか脚本の問題なのか…。

<見逃し動画>第2話
TVerでの配信は終了しました。
<予告動画>

第2話の公式あらすじ

百瀬(坂口健太郎)と偽装結婚して、早2週間。
…他人同士が突然一緒に暮らし始めてうまくいくわけがなく。
キッチリしている百瀬の生活スタイルに合わせるズボラな明葉(清野菜名)。
さらに、趣味のカプセルトイ集めに文句を言われ、明葉はイライラで我慢の限界!!
そんなある日、明葉が家に帰るとそこにはなぜか百瀬の兄・旭(前野朋哉)が。
百瀬に週末だけ、モモズ弁当を手伝って欲しいというお願いにきていたのだ。
バイト代に目がくらんだ明葉は、仕事の百瀬に代わってお店を手伝いに行くことに。
初の百瀬の実家で、義兄嫁の美晴(倉科カナ)とも仲良くなれ、浮かれ気分の明葉。
料理が苦手なので多少(?)の失敗はあったけど、できることは率先してやりたいと頑張っていた。
だが、明葉が良かれと思ってやったことが、取り返しのつかない大失敗に!!
百瀬からもキツイことを言われ、明葉は落ち込むのだが…。
<出典>婚姻届に判を捺しただけですが(ドラマ)公式

第2話のネタバレはここをクリック
夫婦に大切なのは認め合うこと
明葉(清野菜名)はお気に入りのミニチュアを玄関に並べていましたが、すぐに片付けるようにと柊(坂口健太郎)に言われてしまいます。
「言われなきゃできないのは子供と同じ」と今日もなかなか辛辣です。

明葉は朝から柊と喧嘩をして機嫌が悪い。ちょうど日曜日に仕事が入って、「新婚なのに大丈夫?」と同僚たちが心配しますが、柊も日曜日は仕事ですし、そもそもあまり一緒にいたくない。
みんな、「夫婦の離婚の原因はすれ違いだよ?やっぱり妻が夫に合わせなきゃ。愛する夫の為ならそれぐらいできるでしょ?」と言ってきます。そもそも愛もない。

社長(田辺誠一)は
「夫婦に大切なのは、お互いを認め合うこと」
なんて、今日も名言らしきことを言います。

モモズ弁当のお手伝い
突然、柊の兄の旭(前野朋哉)が訪ねて来ます。そして週末、旭のやっているお弁当屋さんを手伝ってほしいといいます。柊が仕事だったため、旭は明葉に頼みました。めんどくさいと感じる明葉でしたが、「2日で20,000円出す」と聞いて、話を受けることに。

しかし身内と触れれば、当然嘘がバレやすい。柊は心配でなりません。
想定問答集(妻用)を渡され、想定される質問にきちんと答えられるようにと言われます。

日曜日。旭から妻の美晴(倉科カナ)を紹介され、すごく美人なので驚きます。

美晴と話をしていた明葉は、「うちのばあちゃんのあさりの酒蒸しは絶品で、あのおいしさがわからない人とは、一生わかりあえないと思う!」と話します。

すると美晴は、「柊ちゃんはあさりが嫌いだったよね?特に酒蒸しは苦手だよね?」と言われます。慌てて「最近、味覚が変わったんです」とごまかしてしまった明葉。

偽装結婚を知る人物
すると突然お客さんから「あなたが偽装結婚の相手?」と話しかけられます。ファミレスで、柊に水をぶっかけていた女性でした。
実はこの麻宮祥子(深川麻衣)は、柊と同じ会社の受付で働いています。明葉は、偽装結婚の口止め料として、デラックス弁当をおごらされました。

家族団欒
柊が仕事を終えて、実家に行ってきました。柊があさりを克服したと聞いて、その日の夕飯はあさりの鍋でした。

柊と美晴は中学の同級生。美晴の両親はいつも仕事で帰りが遅くて、よくここにお弁当を買いに来たことが旭と美晴の出会いでした。

ご飯を食べながら、柊と明葉の話になります。
「明葉ちゃんのどんなところが好きなの?」と聞かれ、柊は「俺のために大福を買ってきてくれるところ。片付けとか料理とかそういうところはダメなんだけど」と答えます。
問答集には「料理上手なところ」と書いてあったし、「2人にももう料理上手だって話してあるからよろしく」と言っていたのに、旭も美晴も「片付けや料理が全然だめ」と言うところを普通に受け入れています。今日のお弁当家のお手伝いの働きを見ていて、明葉が家事全般は全くだめな事がわかったのでしょう。

さては、柊はもともと2人に明葉が料理上手などと話していなかったのだとわかります。
騙されてからかわれていたことに気づき、ちょっと仕返しをしてやろうと企みます。

今度は明葉が柊の好きなところを聞かれて、「甘えん坊な所。柊ちゃんは外ではしっかり者だけど、家では本当に甘えん坊で、靴下も履かせてあげないと怒るし、歯磨きも私がしてるんです!私が仕事で遅くなると、30分おきに自撮り写真を送ってくるんですよ。”早く帰って来てー”とか。”愛してるよー”とか。こないだは、“待ってるにゃん“て。私がどこにいても猫みたいに擦り寄ってきて、お腹を撫でてあげると気持ちよさそうな顔するんですよね。」

柊は呆れて怒ってしまいますが、旭と美晴はとても楽しそう。

夜、部屋には布団がくっつけて2つ敷かれていました。夫婦で実家に泊まるので、こうなるのは自然です。
柊は枕を反対側に置き、「こうすれば、隣にいても気になりません」と言って布団に入ります。
2人は逆さまに寝ながら、話をします。

明葉は、小さい頃ずっと両親は海外で、祖母も店をやっていたため、家に1人だった。だから1人に慣れすぎていて、結婚願望がない。だけど、みんなで1つの鍋を囲むのは楽しかった。と話します。
柊は「そんなの普通ですよ」と言いますが、明葉にとっては普通ではなかったのです。

明葉「お兄さんは明るくてすごくいい人。美晴さんがお兄さんを選んだのもわかる気がする。美晴さんもほんと素敵ですよね。あんなに美人なのに気さくで、優しくて、私が男だったら絶対好きになっちゃう」

柊は複雑な気持ちになって、「水を飲んでくる」と下に降りていきました。
すると、美晴もキッチンにやってきました。
美晴「柊ちゃん、今まで彼女を紹介してくれたこと1度もなかった。だからすごく安心した。明葉ちゃんだったら、絶対柊ちゃんを幸せにできる。私そういうのってわかるんだよね。この2人、相性いいなとか。柊ちゃん、絶対明葉ちゃんと幸せになってね」

明葉のミス
翌日、ひき肉が21パックも届きました。

昨日、旭が出かけた時に、注文のメモ用紙を落としていました。美晴は「私が後で電話しておくから」と言っていましたが、「言われなきゃできないのは子供と一緒」と柊に言われたことを思い出し、明葉は勝手に注文の電話をしたのです。

そのあとで、美晴が注文の電話をしたところ、「もう注文を受けている」と言われたので、てっきり旭が注文してくれたのだと思っていました。

「合い挽き600グラム7 × 3」と書いてあったので、21パック頼んだと明葉は言いましたが、「7 × 3」とは豚と牛の割合のことでした。

明葉はすぐに弁償すると言いますが、「別のものに使えばいいから」と旭と美晴は許してくれようとします。しかしこんな大量に余った肉を使うのは難しい。美晴と旭は、何かできないか倉庫に材料を確認しに行きました。

明葉もなんとかしようとしますが、「あなたはおもちを病院に連れて行ってください。(猫のおもちが朝から具合が悪かった)あなたがここにいたからって何ができるんですか!?」と柊は怒ります。

ひき肉6パックで12,000円。この店の一日の純利益が20,000円。明葉の人件費を考えると、完全に赤字です。

柊「これ以上僕の家族に迷惑をかけないでください。あなたを選んだ僕が悪かった」

動物病院のイケメンくん
おもちを病院に連れて行くと、動物病院の看護師は、明葉が行き倒れそうになっていたところお米が安い店を紹介してくれたイケメン青年・牧原唯斗(高杉真宙)でした。

唯斗「お姉さん、猫飼ってたんだ?」
明葉「夫のね」
唯斗「結婚してるんだ?」
明葉「もう辞めちゃいたいけど…」
唯斗「喧嘩でもしたの?」
明葉「喧嘩っていうか…存在全否定」
しゃべりすぎたと我に返り、明葉が帰ろうとすると、

唯斗「じゃあやめちゃえば?離婚すれば?」

認めてくれた
家に帰ると、玄関にミニチュアが並んでいました。
柊が実家に来たときに、「いちど家に帰った。家に帰ってやることがあったから」と言っていたのは、このことだったのです。

モモズバーガーの公式アカウントから、「緊急告知」として、明日1日限定でもモモズバーガーの販売をすることになったと言うお知らせが来ていました。余ったひき肉の使い道を考えてくれたのです。
明葉は急いで、パソコンに向かい、徹夜で何かを仕上げます。

翌日、柊が実家から出社しようとしていると、道端で明葉がチラシを配っていました。
モモズバーガーの販売のチラシを、徹夜で作ったのです。

柊は明葉のところに行き、半分チラシをもらって配るのを手伝ってくれます。
「フォントのひとつひとつにこだわっているのが、これを見てよく分かりました」

明葉が、会社で大きな仕事を任せられたとウキウキして話していた時に、
「こう見えても私、フォントのひとつひとつにこだわってるんです」
と話していました。
朝食を食べながら、気のない返事をしていた柊でしたが、ちゃんと話を聞いていてくれたのです。

夜、会社から帰ってきた柊は、明葉に
「あなたで…よかったです。おやすみなさい」
と言って、逃げるように自分の部屋に駆け込んでいきました。

自分を認めてくれたことに、すごく嬉しくなる明葉。

好きになっちゃった!?
明葉は、またおもちの病院に行って、「もうすぐ休憩入るから、昼飯付き合って」と唯斗に言われます。

明葉は「友達の話」として、偽装結婚の話を唯斗にします。
最悪だと思っていたのに、自分のことを認めてくれて、すごく嬉しかったことも話します。

唯斗「それってマジになってんじゃない?その旦那のこと、好きになっちゃったってこと!」

まさか、自分が柊を…!?

夜。
モモズ弁当の公式アカウントから、モモズバーガーが新メニューとして加わったと言う告知がありました。

「とびきりの笑顔と共にお届けします!」
Instagramのコメントともに、モモズバーガーを持っている笑顔の美晴の写真もアップされていました。後にはひまわり…。

「ひまわりのように笑う人」

祥子が「不毛の恋の相手」について柊にしつこく聞いたところ、柊はそれだけ教えてくれたのだと言っていました。

まさか、柊の好きな人は美晴…!?

そう気づいた明葉は、直球で柊に聞いてみます。
すると柊はあっさり認めました。
「あなたに教えるとボロを出しそうなので黙っていました」

柊は部屋に行ってしまいましたが、残された明葉はなぜか胸の痛みを感じるのでした。

第2話の感想はここをクリック
清野菜名さんの妊娠発表があったので、今回はストーリーと言うよりも清野菜名さんのお腹にばかり気をとられてしまいました。
言われてみれば、結構出てましたよね。
動物病院でレジのところにいる時なんて、お腹もお尻も大きくて、もし妊婦だとわかっていなかったら、「体型がおばちゃん化してる」なんてコメントも出そうだなぁなんて思いました。
役柄がカジュアルで可愛さよりも楽さを求めるルーズ感な女子なので、ふんわり衣装ばかりでも全く違和感ありませんが、やっぱり着られる衣装が限られてきてしまいますよね。
デザイナーと言う役柄で、ファッションも楽しみにしていたので、オーバーサイズの衣装でもかわいい服を選んであげて欲しいなと思います。
体型を気にするあまり食事制限とかしないで、元気な赤ちゃん産んでほしいですね!
ただ、お腹は大きくなってたけど、顔はやつれているように見えました。
クマもひどかったし。ちゃんと最終回までやりきれるのかな?とちょっと不安になりました。
そして、柊と美晴は同級生役なんですね?
なんとなく、倉科カナさんは“きれいなお姉さん“と言うイメージなので、美晴と旭が同級生で結婚して、家によく遊びに来ていたから、弟の柊も美晴に憧れてた、と言う設定の方が合っていたように感じました。

<見逃し動画>第1話
TVerでの配信は終了しました。
<予告動画>

第1話の公式あらすじ

森田デザインで中堅のデザイナーとして働く大加戸明葉(清野菜名)。
彼女は、家に帰ると楽チン部屋着に着替え、晩ご飯はコンビニ飯でOK。そして、お気に入りソファでビールを飲むのが大好きな「おひとり様最高!」女子。
仕事にはやりがいを感じているし、生涯独身という未来もどんと来い! 婚活にあくせくする同僚はいても、職場で結婚しているのは社長の森田聡(田辺誠一)だけ。
そんな環境にまったりしつつ、友達の結婚報告ついでに結婚予定を聞かれることもあるが、華麗にスルーし自由気ままな生活を楽しんでいた。
同僚たちとランチをしていたある日。明葉はファミレスで、まさかの他人のプロポーズの現場を目撃!!
ところが、その女性は突然怒り出し、男に水を浴びせて行ってしまう…。そんなビックリ現場に遭遇した矢先。
飲み会の席で明葉は、ファミレスで盛大に振られていた百瀬柊(坂口健太郎)と偶然にも再会するのだった。
昼間の女性とのことはなかったかのように、結婚観について明葉にグイグイ質問攻めする百瀬。
すると、百瀬は明葉に「僕と結婚してみませんか?」と、突然まさかのプロポーズ!? さらに、百瀬は明葉が想像もしていないような“結婚”の形を語りだし…!!
百瀬の有り得ない提案に怒りが治らない明葉のスマホに、祖母の大加戸初恵(木野花)が倒れたという連絡が…。
不安でいっぱいの明葉は、ひょんなことから百瀬と一緒に病院へと向かうことに。
しかし、初恵は軽い心不全の発作で、病室に着いた時には元気な様子で安心する明葉。
そして、明葉が少し席を外した隙に、百瀬のたくらみで初恵は2人が付き合っていると勘違い!?
さらに、なぜか百瀬の鞄から婚姻届が出てきて…!!
初恵にショックを与えたくない明葉は、「書くだけなら…」と思い悩むのだが―!
そんな中、明葉はさらなる問題を抱えることになり…!!
<出典>婚姻届に判を捺しただけですが(ドラマ)公式

第1話のネタバレはここをクリック
お一人様最高
大加戸明葉(清野菜名)はグラフィックデザイナー27歳独身。仕事から帰って、コンビニ弁当を温め、お気に入りのソファーでビールを飲みながら動画を見るのが1番の幸せ。この自由な暮らしが気にいっていて、周りの同僚が婚活に必死になる中、全く結婚に対して執着がない“お一人様最高女子“。

仕事は楽しいし、結婚=変化と考えてしまうので、あえて今の生活を変えようとは思わない。
プロポーズ
同僚達とファミレスでランチを食べていた時、ドリンクバーに飲み物を取りに行くと、後ろの席で男性が女性に婚姻届を差し出していました。
これは、プロポーズ!?興味本位で耳をすましていると、

「僕と結婚してください!」
男性が女性にプロポーズ!しかし、彼女は男に水をぶっかけて帰っていってしまいました。

その日の夜、取引先の広告代理店の人との飲み会に参加したところ、あのファミレスの男がいました。名前は百瀬柊(坂口健太郎)。百瀬のほうは昼間、明葉がファミレスにいたことに気づいてなさそう。

百瀬は「大加戸さんが結婚されてるんですか?結婚願望はありますか?」
とグイグイ質問してきます。
明葉が「1人が好きなので結婚願望はありません。結婚のメリットは、祖母を安心させられるってこと位かな」と答えると、

百瀬「じゃぁ僕と結婚しませんか?」

思わず、明葉が飲んでいた水を吹き出して百瀬にかけてしまいます。

濡れてしまった百瀬と明葉がトイレに行くと、トイレから出てきたところで百瀬が待っていて、また結婚について話をしてきます。

百瀬「僕が欲しいのは“既婚者という肩書き“。本物の愛なんていらない。必要な時にパートナーとして隣に立ってくれる存在が必要。それで、世間の目を欺けるのなら。」

そのふざけた理由に、思わず明葉は百瀬に花瓶の水をぶっかけます。

祖母が倒れる
祖母の初恵(木野花)が倒れたと電話があり、明葉は飲み会を抜け出し、病院に駆けつけます。軽い心不全でした。
初恵は薬を飲んで症状はすっかり落ち着いており、「明葉の花嫁姿を見ずには死ねないわ」とのんきに笑っていました。

明葉は医者に呼ばれ、症状を説明されます。
今回は軽い症状で済みましたが、また発作が起きると危ないので、心臓に負担をかけないようにと。
具体的に注意することが、「精神的なショックを与えるようなことを本人の耳には入れないように」

病室に帰ると、病院まで送ってきてくれた百瀬が勝手に初恵に明葉と付き合っていると話してしまっていました。しかも「近々、結婚しようと思っています。ちょうど用紙を取りに行っていたところで」と婚姻届を差し出します。

初恵は「明葉はてっきり誰とも結婚しないつもりだと思ってたから…!どうせだったら、今ここで名前を書いちゃいなさいよ!」と大喜び。

慌てて否定しようとする明葉に、百瀬は初恵を悲しませないほうがいいと忠告。初恵の心臓を心配した明葉は、「名前を書くだけ。提出するわけじゃないんだから」と自分に聞かせ、名前を書き込みました。

お金がない
病院の外に出て百瀬と話していると、叔父が慌ててやってきます。話を聞くと、初恵がやっている小料理屋を売りに出すと言うのです。初恵がやっている小料理屋の土地と建物は、叔父の持ち物。叔父のやっている会社が不渡りを出して、早急にお金が必要なのです。

しかし初恵が大切にしている小料理屋。今、そんなこと話したら、初恵の心臓に負担がかかってしまいます。
「とにかくお金は私がなんとかしますんで!」と言ったものの、なんと必要なのは7,000,000円。
明葉の貯金は2,000,000円。全然足りません。

明葉はとにかくお金を工面しようと、家にあったいろいろなものを売り、自分が食費を我慢して過ごします。
しかしお腹がすきすぎて道端で行き倒れそうになっているところを、若者(高杉真宙)に声をかけられます。そしてスーパーに連れて行ってもらい、激安のお米を教えてもらいます。今までほとんど自炊をしてこなかった明葉は、こんなに安くお米がゲットできるなんて!とほくほくしていましたが、帰り際に「ちゃんとお米といでから炊くんだよ!」と言われて、愕然とします。

炊飯器を売ってしまったのです。

その話をちょうど帰り道に聞いていた百瀬が、オカマを貸してくれ、ついでに明葉の家まで来てお米を炊いてくれました。

明葉がお金に困っていると言う状況に、もう一度「僕みたいに経済力のある男性と結婚して、援助してもらうとか」と偽装結婚を持ちかけます。
しかし明葉は「お金で戸籍を売るほど落ちぶれていないんで!」と断りました。

不毛な恋
明葉は「なんでそんなに結婚したいんですか?」と聞きます。
すると、百瀬から意外な理由が語られます。

百瀬「好きな人がいるからです。でもその人は結婚できない人なんです。」
秋葉「その人を忘れるために結婚を?」
百瀬「逆です。むしろその人をずっと好きでいるための結婚です。その人にこの思いを気づかれて、避けられたり気を使われたりされたくない。あとは、“そんな恋忘れて早く次に行け“と外野から干渉されたくない。」

百瀬は帰ってきましたが、再び叔父からお金の催促が来ます。「もう時間がない。店を売ることを話す」と言われ、明葉は決意し百瀬を追いかけます。

秋葉「正直にあなたの考えには共感できないけど、隠れ蓑が必要なら、5,000,000で私の人生をあなたに貸します!」

共同生活のルール
結婚して引っ越してきた百瀬の家は、大豪邸の一軒家。懇意にしている海外赴任中の社長さんが、帰国までの間貸してくれているそうです。’おもち”と言う猫も同居していました。

5,000,000円は百瀬への借金とみなされ、借金を返し終えたら離婚できます。

百瀬はかなり几帳面な性格で、共同生活のルールを書面にして明葉に渡します。

お互いの生活に干渉しないこと。
基本的な生活にかかるお金は、“夫“が負担すること。
共同部分には基本ものをおかない。
共用部分の掃除は当番制。
「住まわせてもらってるのだから多少は私の方が多くやりますよ」と明葉が申してますが、その「多少」という曖昧さが相手の干渉につながる恐れがあるため、ここは徹底して当番制で。

書くまでもないことなので、掟には書かれていませんが、「決して相手を好きにならないこと」。

朝、隣の部屋から大音量のアラームの音。「干渉しない」と言う約束があるので、頑張って気にしないように我慢していましたが、度を超えています。さすがに百瀬の部屋に怒鳴り込んでみると、百瀬は大音量のアラーム音の中で寝ていました。百瀬はめちゃくちゃ朝に弱かったのです。

豆大福
明葉が仕事から帰ってくると、見知らぬ男性が「明葉さんにお弁当」とお弁当を差し出してきます。不審者だと思った明葉は近くを歩いていた夫婦に助けを求めます。しかしお弁当屋は百瀬の兄の旭(前野朋哉)、夫婦は両親でした。

次の日の帰り道、明葉はかんえい堂のお店を見つけます。昨日両親から「かんえい堂の豆大福、旭も柊(百瀬の事)も大好物なのよ」と聞いていました。百瀬が喜ぶかなぁと思い買って帰り、百瀬の食器棚から和風の小皿を出して豆大福を盛り付けます。(共同生活のルールとして、お互いの使う食器棚は分けてある。それぞれ自分のものは自分の食器を使い、洗い物も別々にするようにと言う決まり)

豆大福をお皿にのせて電子レンジにかけると、金箔部分がバチバチしてしまいます。
お皿がダメになってしまい、明葉がしょんぼりして謝ると、「問題はそこじゃありません。これは信用の問題です」と百瀬は静かに怒ります。

「こんなルールは小学生でもわかることです。今後は最低限迷惑をかけない生活をしてください」
と言われ、明葉はずっとストレスしていた目覚ましの件でぶちギレます。
「毎朝何10分も鳴り続ける目覚ましの方がストレスです!それを何とかしてくれなければ、私はここを出て行きます!」

歩み寄り
明葉は、大変な仕事を1人で請け負います。狙いは、家に帰らずに会社で泊まり込みで残業すること。
「あっちが折れるまで、絶対に帰らない!」と何日も泊まり込みで会社で仕事に打ち込みます。

明葉が会社に居座って3日目になった時、社長の森田(田辺誠一)が飲みに誘ってくれました。明葉は「私は結婚生活に向いていない」と愚痴ります。親は自由人で家になかったし、育ててくれた初恵も夜は小料理屋をやっていたので、明葉はいつも1人でした。人と一緒に暮らすことに慣れていないのです。
森田「そんなのどこの夫婦だってそうだよ。でも、愛があれば我慢できるものだよ」

2人が会社に帰ると、会社の前で百瀬が待っていました。森田は帰りました。

百瀬「お願いがあります。1つだけ妥協してください。これからは毎朝、大加戸さんが僕を起こしてください。実家にいた時は、兄が起こしてくれていました。人の声だと、なぜか起きられるんです」

しかしそれではお互いの生活に干渉してしまう。

百瀬「ですから、妥協のお願いです。一緒に暮らしていく以上、お互いの生活に関わってしまう。そこは僕も反省しました。だからこれから我慢できない事は遠慮せずに言ってください。僕たちは本物の夫婦ではありませんが、こんな夫婦だからこそ、お互いに主張して話し合って、僕たちなりの夫婦になっていきましょう」

明葉は百瀬と一緒に家に帰りました。
明葉は婚姻届に判を押しました。名前は書いていたのですが、ずぼらな明葉は印鑑がどこにあるのか分からなくなってしまい、判だけ押していなかったのです。

百瀬は「あの時、食べそびれたから」と豆大福を出してくれます。あの喧嘩の時、本当は明葉が百瀬のために大福を用意しようとしていたことを、気づいてくれていたのです。

の好きな人
翌日、百瀬と明葉は2人で婚姻届を出しに行きました。
そして、明葉が百瀬を朝起こすと言う、新しい新婚生活の形が始まりました。

百瀬に電話があります。「美晴」と言う女性。百瀬は嬉しそうに微笑みます。美晴が、百瀬の好きな人です。
しかし、美晴はなんと百瀬の兄・旭の妻だったのです…!

第1話の感想はここをクリック
設定とか、お金に困ってやむを得ず同居生活とか、少女漫画っぽいですね!
調べてみたら、やっぱり原作は少女漫画でした。
木曜日に放送中の「SUPER RICH」もお金がなくて同居が始まりそうだし、その前のクールの「推しの王子様」でもお金のない年下イケメンを同行させていましたね。
「着飾る恋」もルームシェアだったし、やっぱり今、胸キュンといえば同居が旬なんでしょうか!?
そして、不毛の恋のお相手が、倉科カナさんですか〜!何かと「手の届かない高嶺の花」みたいな美女役やりますよね。
なんとなく、男をたぶらかす悪女のイメージが強いのですが…。
でも、坂口健太郎さんが報われない恋をしていると言う設定だけで、もうキュンキュンしますね!傷ついた捨てられた子犬のような役がとってもハマりますもんね!

婚姻届に判を捺しただけですが(ドラマ)の内容

公式サイト

おひとり様最高!のイマドキ女子の
ヒロインに清野菜名が決定!
堅物で変人!?性格難アリのサラリーマンを
坂口健太郎が!!

不意キュン必至の
偽り夫婦コメディが始まる!!
病める時も、健やかなるときも…
愛し合わないことを誓います。

<出典>テレビ東京公式

<出演者>

大加戸 明葉…清野菜名
百瀬 柊…坂口健太郎
百瀬 美晴…倉科カナ
牧原 唯斗…高杉真宙
百瀬 旭…前野朋哉
小杉 深雪…中川翔子
坂原 証…笠原秀幸
藤井ひかり小林涼子
井上 陸…森永悠希
田村 彩乃…長見玲亜
麻宮 祥子…深川麻衣
舛田 康弘…岡田圭右
大加戸 初恵…木野 花
森田 聡…田辺誠一

第1話から最新話まで全話配信中です

今すぐ無料おためし

「Paravi」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

婚姻届に判を捺しただけですが(ドラマ)の感想

感想が集まり次第、公開いたします