じゃない方の彼女の見逃し動画を1話から無料で見る方法!

じゃない方の彼女の動画を無料視聴する方法

「じゃない方の彼女」

動画配信サービス「Paravi」

第1話から最終回まで視聴できます

 

今すぐ無料おためし

 

「Paravi」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

<Paraviのおすすめポイント>
 
・TBS系列の人気ドラマやテレビ東京系列の人気ドラマが見放題
・最新の連続ドラマやバラエティ番組も見逃し配信
・アニメ、海外ドラマなどParavi独占でラインナップ!話題の新作映画も
・スマホのアプリでは動画のダウンロードも可能
スマートフォンパソコンは もちろんテレビでも楽しむこともできます
・無料期間後は、月々1017円(税込)で継続できる
 
<Paraviユーザーの声>

20代女性

下町ロケットが見たくて、登録したところ、登録後すぐに動画を見れて便利だなって感じた!スマホのアプリで見れるし、すぐ見れるところがとにかくお手軽。他の動画配信サービスでは配信されていないTBSやテレビ東京の独占ドラマがあり、ドラマ好きには必須の動画配信サービスだと思う。また、水曜日のダウンタウンなどのバラエティ番組も充実してるから、自宅で退屈なときに重宝してる♪

じゃない方の彼女の見逃し動画まとめ

■第1話から最終回までフル動画の視聴方法■

Paravi

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用することをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

<見逃し動画> 第9話
Tver未配信
<予告動画>

第9話の公式あらすじ

雅也(濱田岳)は怪我をした教授の代わりに大学の入試問題の差し替え作業をするために、先輩の片桐(山崎樹範)と共に山奥の旅館で2人で泊まることに。
一方、怜子(山下美月)は、バーベキューをきっかけに雅也との関係に気づいた友達の彩菜(東野絢香)から「自分がしてることわかってるの?」と問いただされていた…。
そんな中、仕事に励む雅也のもとにも差し入れを持った怜子が現れ…!?
突然の出来事に戸惑う雅也。しかし、怜子が会いに来た切実な理由を知り、道ならぬ2人の恋が加速する…。
さらに、妻の麗(小西真奈美)もやって来てしまい、雅也はパニック状態に…!?
果して、2人の関係はバレてしまうのか?
 
<出典>TBS公式

第9話のネタバレはここをクリック
視聴後、公開いたします。
第9話の感想はここをクリック
視聴後、公開いたします。

<見逃し動画> 第8話
Tverで見る
<予告動画>

第8話の公式あらすじ

バーベキューをすることになった雅也(濱田岳)たち。
押しかけてきた片桐(山崎樹範)と共に準備をする中、妻の麗(小西真奈美)は娘・沙織の友人を誘っていた。
その友達とは、道ならぬ恋の相手である怜子(山下美月)と彩菜(東野絢香)だった…。
以前、麗と沙織が出会った“エコバッグのお姉さん”が怜子のことだったと知り、激しく動揺する雅也。
誰にも気付かれないよう平静を装う雅也と怜子だったが、彩菜が2人の様子を疑っていると気づいた怜子は雅也にメッセージを送り…。
更には、雅也の母・弘子(YOU)や彩菜の彼氏・誠(豊田裕大)までやってきて状況はカオスに…。片桐は弘子と意気投合。
一方、麗は彩菜の恋愛相談に乗る。そして、雅也と怜子はあることをきっかけに2人きりになってしまい…。
 
<出典>TBS公式

第8話のネタバレはここをクリック
よくない兆候
怜子と不倫してしまった雅也は、なんとか家族サービスをしようとせめてもの罪滅ぼしとして、自宅の庭でバーベキューすることにする。
バーベキューを楽しみにしていた雅也がバーベキュー雑誌を見ていると、そこに片桐がやってくるのだった。
片桐は「彼女とバーベキューか?」と話しかけるのだが、雅也は「家族サービスだ」と言い張るのだった。
そんな片桐は、なんと雅也の母親の弘子が書いた小説を「不倫のバイブルだ」と手渡すと、雅也をますます困惑させるのだった。
そしてバーベキュー当日、なんと片桐がやってきてしまい、その手伝いがてら「不倫相手が見れるかもしれない」とほくそ笑むのだった。
そして麗と沙織が連れてきた”友達”というのが怜子だということを知り、雅也は言葉を無くしてしまうほど驚いてしまうのだった。

気まずい雰囲気
雅也は怜子が2人の友達だと知ってしまうと、なんとか切り抜けようと頭をフル回転させるのだった。
それは怜子も同じようであり、雅也の大学の学生であることをなんとか伝えると、なんとなくギクシャクした雰囲気になってしまうのだった。
そんな雅也の異変に気がついた片桐は、雅也の不倫相手が怜子であることに気が付き「不倫相手と仲良くすることが大切だ」とアドバイスを送る。
しかし雅也の凡ミスにより、さらに微妙な空気が漂ってしまい、雅也はしどろもどろになってしまうのだった。
怜子もまた、雅也の家族と仲良くなっていたことにショックを受けており、一緒に来ていた彩菜からも心配されてしまい、なんとかうまく切り抜けるのだった。

さらなるピンチ
雅也はなんとかこのピンチに関して怜子と打ち合わせをしようとするのだが、そこに怜子から「彩菜が疑っている」とメッセージが来てしまう。
雅也はこの地獄のようなピンチにあたふたしていたのだが、なんとか怜子たちを早く帰らせようと決意する。
しかしその決意とは裏腹に、怜子と麗たちは想像以上に仲良くなっていってしまい、切り抜ける術をなくしてしまうのだった。
この状況をなんとか打破するべく、氷がなくなったことをいいことに、雅也は面白がる片桐と共に買い出しに出かけていくのだった。
雅也は「片桐先輩こそ最大の爆弾だ」と感じており、なんとか追い返そうと計画していると、片桐が「彼女から別れ話が来てしまった」と慌てて電話をかけに席を外す。
一息ついた雅也だったが、そこに弘子がやってきてしまい、さらにカオスな状況になってしまうのだった。

最悪の意気投合
弘子は怜子を見るなり「あの娘あんたのタイプでしょう」とかなり興味を持ってしまうと、雅也はさらに困惑してしまう。
そこに別れ話を終わらせた片桐が弘子の存在に気がつくと、憧れの小説家の登場にテンションが上がってしまうのだった。
弘子と片桐は、雅也と怜子を連れて家の中に入ってしまうと、恋愛論について息の合った会話を繰り広げてしまうのだった。
その頃外で会話をしていた彩菜は、麗に誠のことを相談し始め、どちらの場所でも恋愛話が繰り広げられていくのだった。
そして雅也の方では、弘子が「准教授と学生の不倫の話を書こうと思っている」と話すと、雅也はさらにドキドキしてしまうのだった。
一方麗は、彩菜の悩みを聞くと「何よりも勢いが大事だ」と語り、誠を呼ぶことを決め、それを聞いた怜子は少しだけ驚いてしまうのだった。

若い恋愛
そんなカオスな状況になり、誠がやってくると、彩菜はなんとか誠に尽くそうと懸命に取り分けたりなどするのだった。
そこに音読を終えた片桐と弘子がやってくると、彩菜と誠の関係に気がついてしまい、愛についてはという話になってしまうのだった。
彩菜の恋愛が若すぎることに笑顔を向ける2人の発言により、その場の空気がどんどんと悪くなっていってしまうのだった。
それは雅也や麗にも感じ取れるほどになってしまうと、そこで怜子が「ドラマの録画を忘れてしまった」と帰ることにするのだった。
怜子が帰ることを知った雅也は「近くまで送っていくね」と出かける準備をするのを見た麗はなんとも言えない不安を感じてしまうのだった。
怜子を送っていった雅也だったが、2人の間には微妙な空気が流れてしまい、気まずいまま別れた雅也はメッセージを送ろうとするが、送信できずにいるのだった。
そんな中雅也のスマホが鳴ってしまい、その独特な着信音を聞いた彩菜は、あの日怜子の家で聞いた着信音だと気がつくのだった。
長い1日が終わったと一安心する雅也であったが、その暗い表情に麗は気がついてしまうのだった。

第8話の感想はここをクリック
雅也と怜子の関係もさることながら、片桐と弘子や彩菜と誠、そして麗と雅也の関係とかなりこじれてきましたね。
女の勘なのか、麗も2人の怪しすぎる雰囲気に気がついているような描写もあって、なんだかどんどん混沌の道をたどり始めた気がしますね。
麗が話していた「傷つく相手がいることを忘れないように」という言葉を受け、雅也や怜子がどう出てくるのか、そして彩菜が気がついたことがどうなっていくのか、ますます目が離せなくなりましたね。
<見逃し動画> 第7話
TVerでの配信は終了しました。
<予告動画>

第7話の公式あらすじ

雅也(濱田岳)が怜子(山下美月)の部屋を訪れていた最中、怜子の友達・彩菜(東野絢香)が彼氏の誠(豊田裕大)と怜子の関係を疑い突然訪ねてくる。
慌てて隠れる雅也。しかし、テーブルの上には雅也のスマホが…。
一方、怜子が誠のことをどう思っているのか知りたい彩菜の質問に対し、怜子はある想いを打ち明ける。
雅也はその言葉を聞き、複雑な想いに…。果たして、彩菜に2人の関係はバレてしまうのか!?
さらに、家庭では「何かやましいことでもあったりして?」という妻の麗(小西真奈美)の言葉に動揺が止まらない雅也。
そんな中、盆栽教室の帰りには怜子からあるお願いをされてしまい…。
不倫という沼に悩む雅也は、麗の提案によって家族でバーベキューすることになったのだが…麗が誘ったのは意外な人物で!?
 
<出典>TBS公式

第7話のネタバレはここをクリック
やばい状況
怜子の友人であり、誠の彼女である彩菜は、誠と怜子との関係を怪しみ、直接家に訪ねてきてしまうのだった。
しかし怜子は雅也と一緒の時間を過ごしており、雅也は咄嗟にクローゼットに隠れるのだが、彩菜は部屋の中をどうにかして探ろうと画策する。
大ピンチの雅也は、さらにスマホをテーブルの上に置きっぱなしにしていることに気が付き慌てて隠そうとする。
しかしそこで運悪く雅也のスマホが鳴ってしまい、彩菜は「怜子のじゃないよね?」とそのスマホの持ち主が誰かと尋ねるのだった。
雅也は「終わった…」と覚悟をするのだが、なんとか怜子の機転によって難を逃れるのだが、そこで彩菜は誠との関係を正直に問いただすのだった。
そこで怜子は、誠にはなんの感情もないことをしっかりと伝えると、さらに「他に好きな人がいるのだ」と語り、彩菜をしっかりと安心させるのだった。

2回目は本気
そんな怜子の家から帰ってきた雅也は、罪悪感に襲われお土産を買って帰ることにするのだった。
さらに家に入る前には消臭スプレーを振りかけるなどしっかりと対処をするのだが、その動揺を隠せずにいるのだった。
眠れない夜を過ごす雅也は、翌日大学にやってくると、片桐から「罪悪感を出すことは家族に対しても失礼だ」と不倫道を語られるのだった。
片桐の語る不倫道に関してピンときていない雅也に、片桐はさらに「何回したんだ?」と下世話な話題を振ってくる。
困惑する雅也だったが、片桐は「一回なら一夜の過ちとしてノーカウントだ」と告げられ安心するのだが、さらに「2回目は本気の証だ」と言われさらに困惑してしまうのだった。
その言葉に少しだけ救われる雅也だったが、その夜怜子から「盆栽教室の後時間ありますか?」とメッセージがやってくると、そのメッセージに思わずにやけてしまう雅也であった。

自分が怖い
怜子との秘密の関係にドキドキしながらも、盆栽教室に行くのを楽しそうにする雅也に麗は気にかかっている様子を見せる。
しかし雅也はそこで「盆栽教室の人と話が合うんだ」と嘘をついてしまい、さらにそんな嘘を簡単についてしまう自分に怖さを感じてしまうのだった。
さらに盆栽教室に向えば、怜子から「マー君」と呼ばれ手を引かれることにさらにドキドキしてしまうのだった。
さらに怜子に誘われるがまま怜子の自宅にやってきてしまった雅也は、自分の意志の弱さに呆れてしまうのだった。
さらに怜子から自分好みのお雑煮を振る舞われると、怜子とのしっくりくる感じをひしひしと感じ、居心地の良さを感じてしまうのだった。

なんとか律する雅也
食後のコーヒーも淹れてくれる怜子の優しさに感動してしまう雅也は、さらに「2人きりの時は名前で呼んでほしい」というお願いをされ戸惑ってしまう。
なんとか「怜子ちゃん」と名前を呼ぶのだが、怜子は「れいがいい」と告げると、雅也は妻の麗と呼び方が同じであることに困惑してしまう。
なんとか誤魔化すと、さらに片桐の言葉を思い出して逃げるように家に帰っていくのであった。
そんな雅也が自宅に帰ると、麗と沙織が「お肉一夏分当たった」と語り、来週バーベキューの計画をすると、雅也も2人に推されてそれを了承するのだった。
その頃彩菜は、誠と帰っている最中「あっ怜子!」と声を出し誠の反応を伺うと、その反応に違和感を感じてしまう。
そこで彩菜は誠に「怜子には本気で好きな人がいるんだ」と話すと、2人は口喧嘩をしてしまうのだった。

地獄の門が開かれる?
バーベキューの準備を楽しそうにする麗と沙織は、いつもの場所で怜子と3回目の偶然の出会いをするのだった。
喜ぶ沙織に怜子は「3回偶然会うとそれは運命なんだよ」と伝えると、もっと仲良くなれるのだと説明するのだった。
すると沙織は「お姉ちゃんも一緒にバーベキューしよ?」と誘うと、怜子はそれを断れずに参加することにしてしまうのだった。
そして自宅に戻ってきた雅也もまた麗たちから「盆栽教室を休んでバーベキューしよう」と誘われてしまい、少し残念そうな顔をしながらそれを了承するのだった。
麗や沙織と怜子の関係を知らない雅也は金曜の夜ぐっすりと眠りつくのだが、これから起きる地獄には気づかずにいるのだった。
そしてバーベキュー当日、野菜を切りお肉の準備をする麗や雅也は、予定時刻よりも早く来客が来たことに驚き玄関へと向かっていく。
なんの考えもなく扉を開けた雅也は、その先に見える光景に驚きを隠せずに動きが止まってしまうのだった。

第7話の感想はここをクリック
どんどんと怜子沼にはまっていってしまう雅也ですが、かなりデレデレしていることからまんざらでもなさそうですね。
それにしても、浮気をしてしまったことにはかなりショックでしたが、その後も密会を続けてしまう男の弱さを見せられている気がしますね。
そして怜子と麗たちのニアミスがここにきて急展開を見せそうで、次回のバーベキューがどうなるのかドキドキですね。
<見逃し動画> 第6話
Tverでの配信は終了しました。
<予告動画>

第6話の公式あらすじ

怜子(山下美月)を助けるために怪我をした雅也(濱田岳)。怜子の家で手当てを受けるが、終電間際になってしまう。
「泊まっていってください」と言う怜子に悩んだ雅也は…。
翌日、実家に帰っていた麗(小西真奈美)と沙織(宝辺花帆美)が帰宅し、結婚10周年のお祝いをした雅也はなんとか平静を装うが…。
一方の大学では、怜子の親友の彩菜(東野絢香)が彼氏である誠(豊田裕大)の怜子に対する気持ちを疑いはじめていて…。
盆栽教室の帰り、怜子から「助けてくれませんか?」と頼まれ、再び怜子の部屋に行くことになってしまった雅也。
しかし、そこに雅也の訪問者の登場で大ピンチに!
 
<出典>TBS公式

第6話のネタバレはここをクリック
してしまった…
妻の麗が同窓会のため、娘の沙織を連れて実家に帰っていくと、雅也は怜子からの連絡を断ち切ろうとスマホを置いて外にでかけていく。
しかしここでも運命のいたずらなのか、偶然怜子と会ってしまうと、転びそうな怜子を助けて怪我をしてしまうのだった。
治療のためと怜子の部屋にやってきた雅也は、ここでも「好きです」と告白され、キスしてしまおうとするが、なんとか堪えることに成功する。
しかし華やかに見えた怜子の弱い部分を少しだけ見てしまった雅也は、その押しに負け泊まることになってしまうのだった。
なんとか自分を律しながら寝ようとするのだが、隣にいる怜子と手が触れてしまうと、気持ちが抑えきれなくなりそのままついに一線を越えてしまうのであった。
翌朝罪悪感に押しつぶされそうな雅也は「ごめん」と謝るのだが、怜子はそんな雅也に笑顔でコーヒーを差し出すのだった。
その後、反省とドキドキが入り混じりながら自宅に帰ってきた雅也は、家族写真を見てさらに落ち込んでしまい、せめてのも罪滅ぼしにと、家中の掃除を懸命にするのだった。

彩菜の不安
その翌日、彩菜とその彼氏の誠と歩いていた怜子は、そこで省吾をフッたことに関して彩菜から「相手の気持ちを少しは考えたほうがいい」と叱られてしまう。
しかし怜子は、自分では相手を振り回しているつもりもなく、さらに自分には好きな人がいるのだと説明し、講義へと向かっていくのだった。
誠と学食でコーヒーを飲みながら、彩菜は怜子と省吾のことを話しているのだが、誠が怜子の肩を持つ発言をしていることから、彩菜は一抹の不安を覚える。
彩菜は「落ちてないよね?怜子沼?」と誠に尋ねると「そんなわけない」と笑いながらもすぐに表情が曇ったことに、彩菜はさらに不安を感じてしまうのだった。
その頃、研究室に戻ってきた雅也は、いつものように片桐から不倫のことを茶化されてしまうのだった。
しかしそこで「謝るのはかなり失礼なことだと」教えられると、雅也は自分が謝ったしまったことを思い出し、さらに怜子のことが気になってしまうのだった。

同じ気持ちでよかった
仕事が終わり自宅に戻ってきた雅也は、夕食を終えると、自室にこもり怜子へメッセージを送ろうとスマホと向き合う。
なんと送るべきかと頭を悩ませながら、片桐に言われたように「謝ったことを謝る」とメッセージを送るのだった。
心配しながらその返信を待っていた雅也は、そこで「同じ気持ちでよかったです」と怜子からの返信に少しだけ気が楽になるのだった。
しかし「また一緒にコーヒー飲みましょう」とさらにやってきたメッセージに、雅也はまたしても困惑してしまうのだった。
するとそこに「ようやく新作が書き上がった」とテンション高めの母親である弘子がやってくるのだった。

不倫の裏ワザ
弘子は雅也の自宅でビールを飲みながら「せっかく書き終えた小説を誰かに音読して欲しい」といつも以上のテンションで語るのだった。
困惑する雅也だったが、その小説の内容がドロ沼の不倫を描いたものだと知ると、怜子とのことを思い出してしまい、モヤモヤとしてしまうのだった。
一通り弘子の話を聞き終えた雅也は、弘子を駅まで送ろうと歩いていると、弘子のスマホに水道屋からのメッセージが来たことに気がつく。
水道屋とはそんな関係なのか?と疑問を口にした雅也に対して、弘子は「複数人と連絡を取り合うための裏ワザなのだ」と説明する。
登録の名前を変更しておくことによって、他の浮気候補の男性に見られてもいいようにという作戦に、雅也は少しだけ感心してしまうのだった。
その後家に帰ってきた雅也は、怜子からのメッセージが来たことに気が付きスマホを取ろうとすると、沙織がそれを拾い上げる。
一瞬焦ってしまった雅也は、このままではいけないと感じ、怜子の名前を『野々山書店』に変更しておくことにするのだった。

まさかの修羅場
その翌日、雅也が盆栽教室に行くと、そこには優しく微笑む怜子の姿があり、雅也はその笑顔にすっかりと魅了されてしまう。
さらに周囲の知り合いから「今日は一段とお洒落ですね」と声をかけられた雅也は、知らずしらずのうちに怜子と会うことを楽しみにしている自分に気がつくのだった。
盆栽教室が終わると、怜子から「助けてほしいことがあるんです」とお願いされ、またしても怜子の家にやってきてしまう。
怜子のお願いであるパソコンの配線を終えた雅也が帰ろうとすると、怜子の寂しそうな表情に負けてしまい、もう少しだけいることにしてしまう。
麗にも少しだけ遅くなることをメールした雅也だったが、そこで怜子のもとに彩菜から電話がかかってくるのだった。
彩菜は誠との浮気を疑っており「今から話したいことがあるから家に行く」と語り一方的に電話を切ってしまうのだった。
怒りの表情で家にやってきた彩菜は、誰もいないことを確認すると「今日は話したいこと全部話すから」と怜子を睨みつけるのだった。
クローゼットの中でその修羅場を見てしまった雅也は「帰れそうにないかもしれない」と複雑な表情をするのであった。

第6話の感想はここをクリック
ついにというか、とうとうというか、雅也と怜子が関係を持ってしまったようで、ついにドロ沼化してしまうのでしょうか。
さらに怜子と麗たちのニアミスがあるなど、コメディタッチの中にも少し感じるハラハラ感がなんとも面白いですね。
怜子と彩菜の関係も亀裂が入ってしまいそうですが、そんな中に入ってしまった雅也の今後もかなり気になりますね。
<見逃し動画> 第5話
Tverでの配信は終了しました。
<予告動画>

第5話の公式あらすじ

高熱で苦しむ怜子(山下美月)を部屋で見守っていた雅也(濱田岳)は、「帰りたくない」と思ってしまった自分に驚く。
帰宅して、妻の麗(小西真奈美)に様々な嘘を重ねたことに罪悪感を抱えた雅也は、初めて麗と出会った大学時代のことを思い出す。
自分が麗と結婚できたのは奇跡だと思い直した雅也は、怜子への思いを断ち、結婚記念日のお祝いを麗に提案するが…。
夫婦に訪れた危機と再び訪れた怜子との奇跡…雅也は一体どうする?
 
<出典>TBS公式

第5話のネタバレはここをクリック
帰りたくない
天然魔性の女子大生・怜子に翻弄される雅也は、きっぱりと断ろうと家に向かうと、熱を出して倒れている怜子の看病をすることになる。
いつも”じゃない方”の人生を送ってきた雅也にとって、美人の怜子の弱々しい姿に思わず「帰りたくない」と考えてしまい、夜を通して看病してしまうのだった。
そんな気持ちを抱いてしまった雅也は、洋服から怜子の匂いがしたことに「これ以上好きになってはだめだ」と考え、その匂いを消すために焼肉店の換気口の下に立ちすべてを消そうとするのだった。
家帰ってきた雅也は、夜一時を過ぎていることに謝っていると、体からの焼肉の匂いに麗は反応するのだった。
なんとか誤魔化せたと安心する雅也だったが、自分のために料理を作っていたことを知り、その罪悪感をひしひしと感じてしまうのだった。

片桐の忠告
翌日大学にやってきた雅也は、どうしても怜子が気になってしまい、メッセージを送ってしまうのだった。
それでも昨夜のモヤモヤを取り切れない雅也が呆然としていると、そこに片桐がやってきて話を掛けるのだが、上の空の雅也はその声に反応することができずにいた。
そんな雅也の様子が気になった片桐は「恋の病か」と話を切り出すと、関係がどこまで進んだのかとさらに掘り下げてくる。
しかし雅也は「僕には妻しかいないんです」と関係を否定するのだが、片桐は「ほんな中途半端が一番危ない」と忠告されてしまうのだった。
その後雅也が帰宅すると、研究室に怜子がやってきて雅也を探しているのを片桐が見つけ声をかける。
雅也が帰ったことを知った怜子が帰ろうとすると、片桐のネイルが綺麗になっていることを発見し、それを褒めると、片桐はドキドキしながらも2人の関係を怪しむのだった。

2人の出会い
雅也は、片桐がネイルしている理由がまたしても浮気であることを知ると、その手助けをしてほしいとお願いされてしまう。
雅也もそのネイルサロンで爪を綺麗にしてもらうと、それを麗に気づかれてしまい疑いの目を向けられてしまう。
しかし麗もまたネイルを綺麗にしていることに気がつくと、麗は恥ずかしそうに「生徒さんに割引券をもらったの」語るのだった。
そんな麗のことを考えていた雅也は、2人が出会った日のことを思い出しており、出会った大学時代の記憶を蘇らせるのだった。
大学時代先輩であった麗と、学食の趣味が合ったことからその距離を縮め、麗が彼氏にふられたことから2人の距離は更に近くなり、ついに交際し結婚することになるのだった。
それでも雅也は、その時麗から「好きだ」と言われなかったことから、自分が”じゃない方”であることを理解していたのだった。

まさかのお誘い
そんなある日、雅也も休日の日、怜子からの食事の誘いがやってくるも、それを静かに閉じ、麗に「結婚記念日のお祝いどうする?」と声をかける。
しかし麗は「その日は同窓会があって翌日にずらしたい」と言われそれを快諾するのだが、元カレとのことが雅也の頭に浮かんでしまう。
一方怜子は、親友の彩菜の彼氏である誠からノートを借りているのを、彩菜が見てしまうのだった。
彩菜はそんな誠と怜子の姿から、嫉妬をしてしまったようで、遠回しに牽制をするのだが、怜子は「彩菜の取ってない講義でしょ」と笑顔を向ける。
納得する彩菜だったが、2人がこれ以上近づかないようにと、そのノートを受け取ると、少しだけ不機嫌そうにその場を去っていくのだった。

揺れ動く気持ち
麗が同窓会のために沙織を連れて実家に帰ることになり、一人になった雅也は、怜子から来る連絡に返信すべきかどうか頭を悩ませる。
そんな雅也は、怜子からの連絡を避けるようにとスマホを自宅に置きっぱなしにしたまま公園で一人缶ビールを飲むのであった。
そんな雅也は、怜子と一緒に20歳の誕生日を祝ったベンチを見て干渉に浸ってしまうと「何やってんだろ」と自分の気持ちに呆れてしまうのだった。
そんな雅也が帰ろうとすると、同じく外出して帰宅しようとしていた怜子と偶然会ってしまい、雅也は逃げるように来た道を帰ろうとする。
しかし階段を踏み外した怜子を助けようとした雅也は、怪我をしてしまい、怜子の強い押しにより手当をしてもらうことになってしまう。
手当をしてもらいながら、怜子は「風邪をうつしてなくてよかった」と安心した表情を見せお茶を入れようと立ち上がる。
お互いにあの場所の近くで出会ったことに偶然という運命を感じてしまっており、怜子は「これまで自分から好きになることなかったけど、先生のことは好き」とまたしても告白されてしまうのだった。
そして怜子が目を瞑ると、雅也はその唇をゆっくりと近づけていってしまうのであった。

第5話の感想はここをクリック
雅也がかなり怜子に惹かれ始めているこのがどんどんと描かれていますが、麗のネイルを指摘された時の反応もかなり怪しいですね。
これは麗の不倫も視野に入れながら見ていくのも、このドラマの楽しみ方かもしれませんね。
<見逃し動画> 第4話
TVerでの配信は終了しました。
<予告動画>

第4話の公式あらすじ

視聴後、公開いたします。
 
<出典>TBS公式

第4話のネタバレはここをクリック
キスの余韻
天然魔性の学生・怜子から「これが私の本心です」と突然キスされてしまった雅也は、そんな怜子から離れるのだった。
怜子は「何度も偶然会ううちに運命の人だったらいいな」という気持ちが強くなり、それがいつか恋心に変わったのだと伝えられるのだった。
しかしこんなことに慣れていない雅也は、そんな怜子の前から逃げるように去っていってしまうのだった。
そんな雅也だったが、自宅で動物のキス特集を娘の沙織と見ていると、怜子からのキスのことが頭から離れずにいるのだった。
しかしどんどんと怜子のことが気になってしまった雅也は、このことに決着をつけようと「会って話がしたい」とメッセージを送ると、怜子からすぐに返信が帰ってきて会うことになるのだった。

タイミングが合わない
その翌日、雅也は怜子と決着をつけるべく意を決して家を出ていくと、なんとか怜子と会おうと学内を意味もなく歩き回る。
一方怜子は、友人の彩菜と誠がうまくいくようにとアドバイスをしており、そんな2人はわだかまりがなくなる様子を見て安心するのだった。
そんな怜子がその場からいなくなると、雅也がその場所にやってきて、怜子の姿を探してしまうのだった。
さらに雅也は「忘れ物を届けに来た」と怜子を探しに講義室に向かっていくのだが、怜子に会えずにいると、雅也は「やっぱり運命なんかじゃなかった」と少しだけ肩を落とすのだった。
そんな中、雅也の妻の麗と娘の沙織が買い物から帰っていくと、偶然怜子と会ってしまうと、沙織はそんな怜子から感じる匂いに首を傾げるのだった。
そして雅也は、先日片桐にその場を取り繕ってもらったことに感謝をする一方、片桐から「本物の男になった」と言われて慌ててしまう。
それでも家族を大切に思いたいという気持ちから、こんなことはこれっきりにすると決意を固めるのだった。

最低な自分
片桐にあぁは言ったものの、雅也は自宅に戻ると、生春巻きの準備を楽しそうにする麗と沙織の姿に気がつくのだった。
本当は和食が好きな雅也は、先日怜子と食事にしたときに、食事の好みがピッタリだったことを思い出してしまい、自分の最低さを感じてしまうのだった。
そんなとき沙織が嫌いな人参を食べているのを麗が見て、その喜びを雅也に伝えるのだが、上の空の雅也は慌てて笑顔を作り取り繕うのだった。
そんな沙織は「今日とっても綺麗なお姉さんに会ったんだよ」と話すと、麗はそのお姉さんのようになりたいんだよねと笑顔を見せるのだった。
そしてその際にエコバッグを借りたことを話すと、雅也は「そんないい人がいるんだね」と答えると、怜子から借りたエコバッグがリビングに置かれているのだった。

悩む雅也
その翌日、雅也は一向に会えない怜子のことが気になってしまい、学内を歩き回るも怜子を発見することができずメッセージを送ろうとする。
しかし、なんどもしつこく送ってはストーカー呼ばわりされるかもしれないと不安になってしまい、送れずにいるのだった。
さらに学食で彩菜と誠と偶然出会い、2人が心理学部だと知ると思わず声をかけてしまうが、やはり怜子のことを聞けずにいるのだった。
そんな悩める雅也が研究室に戻ると、片桐に「友達の話なんですが」と前を置きをすると「病気のお見舞いに行くのは失礼ですか?」と質問するのだった。
すると片桐は「下心がなければなんの問題もない」とアドバイスすると、雅也は怜子の家に行くことを決意するのだった。

ドキドキのお見舞い
早々に仕事を終わらせた雅也は、病気で学校を休んだという怜子の自宅へと向かっていくのだった。
周囲の視線を気にしながら、雅也は「たはだお見舞いに来ただけだ」と震える手を抑えて怜子の自宅のインターホンを押すのだった。
緊張しながら出てくるのを待ちながら、雅也は頭の中できっぱりと断る練習をするのだが、いざ怜子が出てくるとしどろもどろになりお見舞いの品を手渡すのだった。
怜子は感謝をしながらも「すっぴんだからあんまり見ないで」と恥じらいを見せ扉を閉めるのだった。
そんな姿にすっかり魅了されてしまった雅也は、再度出てきた怜子に「お願いがあるんです」と言われ怜子の部屋に上がってしまうのだった。

まだいてくれますか?
怜子からお願いされた瓶を開けようとするのだが、ここでも締まらない雅也は開けられずにいるのだった。
しかしそんな雅也にも優しくしてくれる怜子に、雅也はなぜだか惹かれてしまう自分にいることに気がつくのだった。
その後洗い物をしたりしながら怜子に付き添う雅也は、具合が悪そうに甘えた表情をする怜子のことが気になってしまい、麗に「遅くなる」とメッセージを送る。
さらにはそのアリバイ作りにと、片桐に「一緒に大学に残っていたことにしてほしい」とメッセージを送ると、怜子の看病をするのだった。
そんな怜子は、少し寝てしまい起きたときにまだ雅也がいたことに気がつくと「まだいてくれますか?」と甘えると、雅也の心には、またしても揺れ動いてしまうのだった。

第4話の感想はここをクリック
なんとか一線を引こうと努力していた雅也でしたが、なかなかその勇気がでずに、逆に怜子を優しく看病してしまいました。
モヤモヤする不倫物ではなく、なんとなくポップに描かれており、雅也役の濱田岳さんのコミカルな演技もまたそれにすごくマッチしていてなかなか面白い展開になってきましたね。
<見逃し動画> 第3話
TVerでの配信は終了しました。
<予告動画>

第3話の公式あらすじ

雅也(濱田岳)は怜子(山下美月)の20歳の誕生日を公園でお祝いしていたはずが、目が覚めると横には怜子の姿が…。
昨夜の出来事が思い出せない雅也。
二人に関係はあったのか?なかったのか?雅也は怜子とはきっぱり一線を引こうと決めるが…。
そんな中、妻・麗(小西真奈美)からは「やましい事あるんじゃないの?」と言われてしまい…。
さらに、怜子からも思わぬ言葉が!運命の恋が新たなピンチを迎える!?
 
<出典>TBS公式

第3話のネタバレはここをクリック
やったかやってないか
日の当たる生活をしてこなかった大学准教授の雅也は、ひょんなことから魔性の女子学生の怜子と知り合うことになる。
怜子と運命的な出会いを繰り返すと、さらなに自分が務める大学の学生であることを知り、さらに驚くのだった。
雅也は妻の麗に勧められ盆栽教室に向かっていくと、そこでも怜子と出会うと、怜子は雅也との距離をどんどんと近づけて来るのだった。
困惑する雅也だったが、怜子が二十歳の誕生日を迎える夜、盆栽教室の飲み会で一緒になってしまい、そんか怜子をお祝いすることにするのだった。
すっかり飲みすぎた雅也が目を覚ますと、自分がパンツ一枚であること、さらに下着姿の怜子が隣に寝ていることにショックを受けてしまう。
さらに麗から心配するメールや着信があったことから、雅也はさらに罪悪感に襲われると、目を覚ましてきた怜子に「してないよね?」と質問をすると、怜子は含み笑いをしながら黙っているのだった。

片桐への相談
そっと自宅に戻ってきた雅也は、リビングにいた麗に声をかけると、麗は「心配してたんだよ?」と話すのだった。
雅也は怜子から言われたように「大学に戻ってテストの採点をしていたら寝てしまった」となんとか言い訳をするのだった。
麗から視線に緊張する雅也だったが、なんとかうまく誤魔化すことに成功すると、慌ててシャワーを浴びに行くのだった。
その日の通勤途中、浮気症の先輩である片桐に、友人の話と前置きしながら怜子とのことを説明すると「やったかやってないかどっちだと思う?」と質問をする。
それを聞いた片桐は「覚えてないなんてもったいない」と怒りをあらわにしながら「絶対にやってるね」とその持論を語るのだった。
自分が不倫をしてしまったと動揺する雅也は、講義中に怜子と目が合うと、動揺が隠せずにがあらぬ妄想に困惑してしまうのだった。

その子だいぶ手強いわよ
どうしても自分が不倫してしまったことを受け入れられない雅也は、恋愛小説家の母親の弘子そのことを相談するのだった。
それを聞いていた弘子は、部屋の様子などを詳しく聞き出し、脱いだ洋服が出しっぱなしであったことを知ると「やってない」と語るのだった。
女性は感情的になりながらも心のどこかで理性が残っているものなのだと説明すると、雅也は少しだけ安心するのだった。
しかしそれを近くで聞いていた麗は「絶対にやってるね」と便乗してくると、慌てた雅也は「片桐先輩の話だよ」と慌てて取り繕うのだった。
なんとか麗を誤魔化して弘子を見送りに外までやってくると、弘子は「その子かなり手強いわよ」と、怜子がかなり計算高い女性であることを雅也に忠告するのだった。

これでいいんだ
そんな雅也は、自分がやってないことに少しだけ確信を持ち始めると、講義終了後怜子を空き教室に呼び出すのだった。
そこで先日飲みすぎてしまったことや関係を考えずに朝まで一緒にいてしまったことを謝るのだった。
しかし怜子は「謝ることなんかしてませんよ」と、あの日の夜何もなかったことを認め、それを聞いた雅也は安心するのだった。
そして「これ以上立ち入った関係になるのはやめよう」と、渡された缶コーヒーを怜子に返すと、そのまま研究室に戻っていくのだった。
そして雅也は、微かなお詫びの印としてケーキを自宅に買って帰ると、それを喜ぶ麗や娘の沙織の顔を見て「これでいいんだ」と幸せを噛みしめるのだった。
それから数日後、雅也の忘れ物を届けにきた麗は、そこにいただらしない性生活を送る片桐に忠告する。
なんのことかわららない片桐だったが、雅也のアイコンタクトを感じ取ると、なんとか話を合わせ麗を誤魔化すのだった。

本当の気持ち
それから雅也は意図的に怜子を避けるようにすると、講義中もわざと怜子を見ないようにと視線をすぐに外してしまう。
そんな日々が数日経過すると、講義にも研究室の前にも怜子の姿が見えなくなり、雅也は「やっと諦めてくれたか」と安心しながらも少しだけ寂しさを感じるのだった。
そんな雅也が自分のデスクに戻っていくと、机の上には”今日の講義楽しかったです”とメッセージが添えられた缶コーヒーが置いてあることに気がつく。
それが怜子からのものであることに気が付きいた雅也は、すぐに怜子の元へ行き「こうゆうのはやめてもらいたい」と缶コーヒーを返すのだった。
すると怜子は「先生はとても素敵な人で、そんな先生が好きになってしまったんです」とまさかの告白をしてくるのだった。
今まで”じゃない方”として生きてきた雅也にとって、怜子の告白がにわかに信じられずにいると「これが本当の気持ちです」と怜子は雅也にキスをするのだった。

第3話の感想はここをクリック
雅也と怜子が一線を越えていないことに安心しましたが、慌てる雅也に対してかなり冷静な怜子には驚かされました。
そんな怜子でしたが、雅也にキスをしたり思いを告げるシーンでは余裕のない表情や動作など、山下美月さんの演技力には驚かされますね。
<見逃し動画> 第2話
TVerでの配信は終了しました。
<予告動画>

第2話の公式あらすじ

特別目立つことはないが、平凡なりに幸せな日々を送っていた大学の准教授・小谷雅也(濱田岳)。美人な妻・麗(小西真奈美)と一人娘との暮らしは幸せそのものだと思ってたのに…。
ある日、スーパーに買い物に出かけた雅也は野々山怜子(山下美月)と偶然に出会う。これを境にある【運命】によって、小悪魔的な魅力を持つ怜子と急接近してしまうが…
 
<出典>TBS公式

第2話のネタバレはここをクリック
キスの余韻
天然魔性の女子大生、野々山怜子と運命的な出会いを3回もした総和学院大学の准教授の小谷雅也は、先日の別れ際頬にキスをされてしまう。
それからというもの、キスされたことが頭から離れずにいて、講義中の資料の中でキスの描写が出てくると思わずにやけてしまったりと、悶々とした日々を過ごすのだった。
そんな雅也の研究室に、なんと怜子がやってくると「先日のご飯のお礼に」とクッキーを買って持ってくるのだった。
周囲の目もあり必死に断ろうとするのだが、強引な怜子によってそのクッキーを持たされてしまうのだった。
さらに怜子は、雅也の飲みかけのコーヒー。見つけると「一口もらっていいですか?」と間接キスをしてさらに雅也を動揺させるのであった。
自宅に戻った雅也は、偶然娘の沙織にそのクッキーの缶を見つけられてしまい、なんとか取繕うとするのだが、それを見た麗はそのクッキーが大人気店のものだと説明し、大喜びするのであった。

不倫するなら健全に
雅也はクッキーがかなりの人気店のものであること、並ばなければ買えないことを知ると、怜子がそこまでして買ってくれたものなのかと少しだけ嬉しくなってしまう。
誰かに話したい気分の雅也は、同じ大学で講師を務める大学時代の先輩である片桐にクッキーのことを話すのだった。
それを聞いた片桐は「背中でも押して欲しかったのか?」と切り出すと、やましい気持ちと話したい気持ちが交錯しているのがバレバレだと注意されてしまう。
さらに片桐は、現在ダブル不倫中だと話しながら、女性とベッドに寝転んでいる写真を見せると、雅也をかなり驚かせるのだった。
「不倫はいけない」と注意する雅也であったが、片桐は「かなり慎重に不倫しているのだ」と、メールのやりとりもフリーメールを使うなど、細心の注意を払っているのだと説明する。
さらに片桐は「不倫をするなら絶対にバレないことが一番の優しさなのだ」と、持論を掲げて雅也を妙に納得させてしまうのだった。

やっぱり家族が一番
そんなある日、雅也はいつものように盆栽教室へと向っていくと、そこで怜子と出会い楽しい時間を過ごしていくのだった。
盆栽教室も終わる頃、同じ教室の生徒さんから「飲み会をして親睦を深めましょう」と誘われると、怜子は雅也に変わりOKを出してしまうのだった。
帰りに雅也は「僕はいかないかもしれない」と話すのだが、怜子は気にする様子も見せずに「いいから行きましょうよ」と強引に誘うのだった。
その後怜子と連絡先を交換することになった雅也は、家でコンビニ弁当を食べながらメッセージのやり取りを楽しんでいた。
そこに麗たちが帰ってくると、慌ててスマホを閉じ何食わぬ顔で迎え入れると、麗は「後で引き出物一緒に選ぼう」と雅也に声をかける。
引き出物で貰ったカタログを見ていると、雅也は「いつか家族でキャンプに行きたい」と話すと、小型のバーベキューコンロを注文することにする。
家族で楽しそうに話し合いながら予定を立てたりと、雅也は改めて家族の良さを感じるのだった。

少しだけ寂しい
その翌日、あれからメッセージを返さなかった雅也の前に怜子がやってくると、そんな怜子を図書室へと連れ出していく。
そこで「僕には家族がいるし、教員と生徒の距離感は大切にしていきたい」とその個人的な繋がりは良くないと伝えると、怜子は怒って帰ってしまうのだった。
それからいつも通りの生活が戻り、雅也は構内で男子学生と歩き飲み物を一口貰う怜子の姿を発見すると「特別なことじゃなかったのか」と少しだけ寂しくなってしまうのだった。
それから数日後、注文したバーベキューコンロがあまりにも小さすぎることに、麗は「ちゃんとサイズ見たの?」と厳しい言葉を浴びせる。
さらに「盆栽教室でもただ盆栽をいじるだけで見聞が広まっていない」と言われ、それに反論するように口喧嘩が始まってしまうのだった。
なんとなくやるせない思いの雅也は、盆栽教室の飲み会の連絡が来たことに気が付き、参加することを決意するのであった。

20歳の誕生日
盆栽教室の飲み会が始まるのだが、怜子はレポートがありもしかしたら行けないかもしれないと連絡が入ったようで、周囲の男性たちは少しだけ落ち込んでしまう。
安心と寂しさが入り交じる雅也は、飲み会の雰囲気になかなか慣れることができずに、作り笑いでその場をやりすごしていると、そこに怜子がやってくる。
一気に場が盛り上がる一方で、雅也は緊張からなのかあまり強くないお酒を急ピッチで飲んでしまい、ベロベロに酔っ払ってしまうのだった。
そんな雅也を心配した怜子が水をそっと差し出し、さらに「あと1時間で20歳なんです」と語ると、雅也は怜子のためにシャンパンを買ってくるのだった。
公園で怜子の誕生日をお祝いしながら飲んでいると、巡回中の警察官に注意され、2人は手を取り走って逃げるのであった。
すっかり飲みすぎてしまった雅也が、二日酔いで目を覚ますと、自分が裸であることそして隣には怜子が寝ていることに唖然としてしまうのであった。

第2話の感想はここをクリック
相変わらず天然魔性の怜子ですが、雅也へは本気なのか、友達の彩菜もかなり男の影を疑っていましたね。
家族と怜子の間で揺れていた雅也ですが、ラストシーンがかなり衝撃的すぎて、本当にしてしまったのかそれとも何もなかったのか、次回がかなり気になりますね。
<見逃し動画> 第1話
TVerでの配信は終了しました。
<予告動画>

第1話の公式あらすじ

特別目立つことはないが、平凡なりに幸せな日々を送っていた大学の准教授・小谷雅也(濱田岳)。美人な妻・麗(小西真奈美)と一人娘との暮らしは幸せそのものだと思ってたのに…。
ある日、スーパーに買い物に出かけた雅也は野々山怜子(山下美月)と偶然に出会う。これを境にある【運命】によって、小悪魔的な魅力を持つ怜子と急接近してしまうが…
 
<出典>TBS公式

第1話のネタバレはここをクリック
じゃない方
総和学院大学の歴史学科で准教授として働く小谷雅也は、実直真面目な性格で、妻の麗と娘の沙織とともに平凡に暮らしていた。
そんな雅也が家でテレビを見ていると、そこで芸人が漫才をしており、そのコンビの認知度の低い方を見て沙織が「こっちの人誰だっけ」と聞いてくる。
雅也も必死に思い出そうとするが、なかなか名前が出てこずに、その様子を見ていた麗が「じゃない方」とそんな分類があることを教える。
そんな「じゃない方」にはなりたくないと語る沙織だったが、雅也や麗は「じゃない方がいて初めて成立することがあるのだ」と教える。
しかしそんな雅也や麗の言葉を聞いてもなお、沙織は「じゃない方って可哀想」と呟くと、外では雷が鳴り響くのだった。

浮気の定義
そんなある日、雅也は麗に買い物をお願いされ、近くのショッピングモールへとやってくると、メモを見ながら買い物を進めていた。
別の階に向かおうと乗り込んだエレベーターが故障により止まってしまうと、そこで若くて可愛らしい女性と一緒になったことに気がつく。
あまり女性慣れしていない雅也は、沈黙があまりよくないと感じたのか「妻に買い物を頼まれた」や「パクチーを買い忘れた」と絞り出すように喋り続ける。
初めは興味のなさそうな女性だったが、次第に盛り上がってきたのか「秋といえばサンマが食べたくなる」など話をしていると、無事にエレベーターは復旧する。
自分に笑顔を向けエレベーターを降りていくその女性を見た雅也は、あまりの可愛らしさに思わずトキメイてしまうのだった。
その翌日、大学までのバスに乗っていた雅也は、大学時代の先輩であり、今は講師として総和学院大学に残っている片桐修一と出会う。
片桐は女癖が悪いようで、結婚しているにも関わらず、女性をナンパしては夜を共に過ごしており、そんな片桐を雅也は注意する。
しかし反対に、片桐から「お前の不倫の定義はどこにある?」と聞かれてしまい、明確な答えが出せずに黙ってしまうのだった。

セクシーじゃない
その日の午後、雅也が大学のエレベーターに乗っていると、先日出会った女性が入ってくることに気がつく。
その女性、野々山怜子は雅也が務める大学の心理学部の学生であることが判明し、お互い少しだけ照れくさそうな笑顔を向けるのだった。
先にエレベーターを降りようとした怜子だったが、着ていたカーディガンが雅也の時計に絡まってしまい、それを取ろうと顔が近づくと、雅也は急にドキドキしてしまうのだった。
そんなドキドキを残したまま自宅に帰ると、恋愛小説家で母親の弘子が来ており、不倫や夜の営みの描写を口に出しながらイメージを膨らませていた。
沙織もいる手前なんとか黙らせて弘子を帰らせようとするのだが、弘子は「火のついた不倫は止められない」とその世界に没頭していてなかなか話を聞いてはくれずにいた。
なんとか帰らせることができたのだが、帰り際「あんたは全然セクシーじゃない」と言われてしまい、雅也はその言葉に少しだけ傷ついてしまうのだった。

盆栽教室
仕事が休みの雅也は、自宅で好きな本を読みながらゴロゴロしていると、麗から「申し込んだ盆栽教室には行かないの?」と厳しく責め立てられてしまう。
なんとか口実をつけてサボろうとする雅也だったが、ヨガインストラクターの麗は、生徒を呼んでホームパーティーするのだと半ば強引に雅也を外に送り出す。
しぶしぶ出かけていった雅也は、その教室が5階で行われていることを知りエレベーターに乗ろうとするが、故障中で仕方なく階段で上がることにする。
ふと顔を上げた雅也は、そこに盆栽を持った怜子がいることに気が付き、あまりの偶然に驚いてしまうのだった。
自分も盆栽教室に通っているのだと話す怜子は「ここでは2人とも生徒だから名前で呼びますね」と雅也を「まーくん」と呼び、雅也はその響きに照れてしまうのだった。
しかし教室に行けば、可愛くて若い怜子はたちまち人気者になり、雅也は教室が終わるとそそくさと帰ってしまうのだった。

偶然が3回続けば奇跡になる
晩御飯の用意はされてないだろうと、コンビニによった雅也は、そこでまたしても怜子と出会うと、怜子は「さんまの美味しい定食屋に行きましょう」と誘う。
困惑する雅也だったが、怜子はそんな雅也の手を引いて小さな定食屋へと向かっていくのだった。
2人で定食を食べながら話をしていると、怜子は「偶然が3回続いたら何が起きると思いますか?」と質問をぶつけてくる。
慣れていない雅也がその質問の答えに窮していると、怜子は「偶然が3回続けば奇跡が起るのだ」と話すと、小さい頃の教えで奇跡が起きたら恋をすることにしているのだと話す。
そして雅也とは、ショッピングモール、学校、そして故障したエレベーターの前と3回偶然が続いたことを話してじっと目を見つめる。
タジタジの雅也だったが、結婚指輪を見せながら「野々山さんの奇跡の相手であるはずがない」と語り、ようやくその話を終わらせるのであった。
しかしその帰り、急に駆け寄ってきた怜子は「せっかく奇跡が起きたのにもったいない」と話すと、雅也の頬にキスをして帰っていくのだった。
突然のことに動揺を隠せない雅也は、自宅に戻り、しどろもどろになりながら麗に「友人と再会した」と嘘をついてしまうのだった。

第1話の感想はここをクリック
野々山怜子役の山下美月さんは、乃木坂46のメンバーということもあり、可愛らしさはハンパないですね。
じゃない方としてずっと生きてきた雅也ですが、天然魔性の怜子に落ちてしまうのか、それとも踏ん張ることができるのか、これからの展開が楽しみですね。

じゃない方の彼女の内容

公式サイト

企画・原作 秋元康が仕掛ける全く新しい不倫コメディが誕生!
濱田岳、天然魔性系女子大生に振り回される!?
真面目な既婚男に訪れた人生最大の恋のピンチ!
10月スタート新ドラマ
「じゃない方の彼女」

特別目立つことのない人生を送ってきた、いわゆる「じゃない方」男性の大学准教授の小谷雅也(濱田岳)。
美人妻と子供に囲まれた何不自由ない日々を過ごすが…
ある日を境に雅也が務める大学に通う女性・野々山怜子との偶然の出会いが連続し、互いに気になる存在に。
「偶然が3回、続くと、奇跡が起きるらしいですよ。」そう言い距離を縮めてくる怜子に雅也は距離を置こうとするが、
天然魔性な怜子の言動につい心惹かれてしまい、道ならぬ恋の沼にどんどん落ちていく…。
 
<出典>TBS公式

<出演者>
 
小谷雅也 役:濱田岳
野々山怜子 役:山下美月(乃木坂46)
片桐修一 役:山崎樹範
橋本彩菜 役:東野絢香
後川誠 役:豊田裕大
小谷沙織 役:宝辺花帆美
小谷弘子 役:YOU
小谷麗 役:小西真奈美
 

第1話から最終回まで全話配信中です

今すぐ無料おためし

「Paravi」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

じゃない方の彼女の感想

感想が集まり次第、投稿いたします。