モモウメ(ドラマ)の見逃し動画を1話から無料視聴する方法【最新話まで】

モモウメ(ドラマ)の動画を無料視聴する方法

「モモウメ」

日本テレビの動画配信サービス「Hulu」

第1話から最新話まで全話配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「Hulu」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

<Huluのおすすめポイント>
 
・日本テレビ系列の人気のドラマやバラエティ番組が見放題
・60,000本以上の動画を見放題で視聴できます
・アニメ、海外ドラマだけでなく、スポーツ中継や音楽ライブも楽しめます
スマートフォンタブレットだけでなく、もちろんテレビでも楽しむこともできます
・無料期間後は、月々1026円で継続ですることができます
 
<Huluユーザーの声>

20代女性

Huluの良さは、60,000本以上の作品が見放題で楽しむことができるところです。月額は1026円ですが、そんな金額だけで60,000本以上の動画が見れるのはお得すぎます!最新の連続ドラマの見逃し配信やバラエティ番組の見逃し配信もされていて、その動画がいつでもどこまで見れるので、もうHuluなしの生活は考えられないかも♪

モモウメの見逃し動画まとめ

■第1話から最終回までフル動画の視聴方法■

Hulu

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用することをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

<見逃し動画>第20話
Tverで見る
第20話の公式あらすじ

先人達から未来へのプレゼント
「私たち、働きすぎじゃないですか? 私たちっていうより、我々人類が」モモ(伊藤沙莉)の壮大な問いかけに、「?」なウメ(江口のりこ)。
すると、モモが鼻息荒く「人間ってラクするために、いろんなものを開発したと思うんですよ」と続けた。
ウメは冷静に「感謝すべきじゃない?」と切り返すが、このリアクションにモモはガッカリ。さらに鼻息を荒げ、持論を展開し…!

愛の言葉は4C2
金曜の夜、ウメ(江口のりこ)と2人きりで残業していたモモ(伊藤沙莉)は文句たらたら。
「ここで1曲歌って発散しないと、残業が終わる気しない」と言い、突然曲を流し始めた。
その曲は…2.5次元ミュージカル「ワセリンの王子様」の歌!しかも、モモがノリノリで歌い出すと、ウメも目を疑う出来事が起こり…!?

<出典>モモウメ 公式

第20話のネタバレはここをクリック
視聴後、公開いたします。
第20話の感想はここをクリック
視聴後、公開いたします。

<見逃し動画>第19話
Tverで見る
第19話の公式あらすじ

チョレボックリ
帰り支度をするウメ(江口のりこ)の隣で、絶賛残業中のモモ(伊藤沙莉)。
上司から来週までに資料を作るよう頼まれ、余裕をこいていたら、急に明日の朝まで作るように言われたらしい。
「そういうことを繰り返す上司を“チョレボックリ”というんですよ」と憤慨するモモ。
自分もチョレボックリの仲間入りしないよう、“ある方法”で気をつけていると言い出して…!

会議だけして生きていく
今日もまた終日、会議室の予約がいっぱいだと聞いたモモ(伊藤沙莉)が、ウメ(江口のりこ)に「この会社、会議多くないっすか?」と疑問を投げかけた。
同意しながらも、「中には意味のある会議もあるんじゃない?」となだめるウメ。
驚いたモモが詳しく話を聞くと、ウメは“最近あった意味のある会議”について話し出す。ところが、これがツッコミどころ満載の会議ばかりで…!

<出典>モモウメ 公式

第19話のネタバレはここをクリック
視聴後、公開いたします。
第19話の感想はここをクリック
視聴後、公開いたします。

<見逃し動画>第18話
Tverで見る
第18話の公式あらすじ

先輩に声をかけるときは
忙しそうに仕事をしているウメ(江口のりこ)に、モモ(伊藤沙莉)が「ちょっとグイグイ質問してもいいですか?」と声をかけてきた。
ウメは「忙しい先輩への話しかけ方って、実は結構大事なビジネススキルだから、もう少しちゃんと覚えた方がいいよ」と注意し、具体的な声のかけ方を教える。
ところが、何回やり直しても、モモはついついトンチンカンな声がけをしてしまい…。


モモ(伊藤沙莉)がウメ(江口のりこ)に助けを求めてきた。
なんでも、謎の毒舌説教キャラ「会社の会ちゃん」の噂が社内に広まり、会ちゃんに怒られたい人たちが続々と集まってきたというのだ。
ウメに「呼んであげたらいいんじゃない?」と言われたモモは、さっそく会ちゃんを召喚。
荒ぶりまくりの言葉で、相談者たちの悩みをバッサバッサ切り刻んでいき…!

<出典>モモウメ 公式

第18話のネタバレはここをクリック
先輩への声のかけ方
マンスリーシャベンジャーズとしてマイクの前にやってきたモモは、となりでパソコンに夢中になっているウメに声をかける。
いつもなら反応するウメだが、今日はかなり忙しいらしく、パソコンから目を離さずに「今日は忙しいから」とモモからの話を断る。
しかしモモは「ガンガン質問がだめならジャンジャンは?」と矢継ぎ早に声をかけ、その全てを断るウメだったが、最後の「シャンシャンは?」という声かけに「それはパンダ」と反応してしまうのだった。
ようやくこっちを向いてくれたことに笑顔を見せるモモに、ウメは「先輩への声のかけ方は社会人のマナーだよ?」と、その方法を教えるのだった。
ウメは相手が何をしているのかを理解し「〇〇している最中すいません」と声をかけるのが最低限のマナーだと教えるのだった。

猫マッサージ
ウメの言葉を理解したモモは、パソコンを打っているウメに「アンチエイジング中すいません」と声をかけると、すぐさまウメからのツッコミが入る。
ウメから今やっていることを注目するのだと教えられたモモは「猫マッサージ中すいません」と声をかけ、またしてもツッコミを入れられてしまうのだった。
そこからモモは、ウマのマッサージの話やウマの背中がかなり乗りやすそうに出来ていることが気になってしまうのだった。
その話に少しだけ乗ってしまうウメだったが、我に返り「今は入力作業中よ」と教えると、理解したモモだったが、やはりマッサージとウマの話になってしまうのだったり。
さらにはマグロのマッサージ方法までウメに尋ねたりするなど、脱線しまくる話にも、ウメはなんとか話を合わせ元に戻そうとするのだった。

時間も大事
ようやく「入力作業中すいません」が言えたモモだったが、表情や言葉からそれが端的に終わらないことを悟ったウメは「時間も大切なのよ」と教えるのだった。
先輩の時間をどれだけ拝借するつもりなのか、それをはっきりすることによって、より相手への印象も良くするのだと伝えるのだった。
それを聞いたモモは「入力作業中にすいません1分だけいいですか?」とウメとしての100点満点の声掛けを見事に披露するのであった。
見事な声掛けができたことに、ウメは「かなり気持ちがいい」と嬉しそうにすると、モモは「じゃあお礼を言ってください」とまたしても余計なことを話してしまうのだった。
そんなモモの態度に不貞腐れたウメは、パソコンに猫マッサージをかけ始めていると、ようやくモモは本題の相談に入るのだった。
そして昨夜からこめかみがピクピクするのだと相談すると、呆れたウメは「それは医者に聞きなさい」のツッコミをいれるのだった。

モモの最近の悩み
いつものようにデスクで仕事をしていたモモは、隣りにいたウメに声かけながら、最近の悩みを語り始めるのだった。
モモは少し前に登場した毒舌説教キャラの”会社の会ちゃん”の噂が社内に広まり、自分の知らないところで人気が出ているようだと語るのだった。
そしてさらに、その会ちゃんに会いたいという社員たちが集まってしまっているのだと、ウメをその人達の前に連れてくるのだった。
集まった多くの女子社員たちは、まるでアイドルを見るかのように目をキラキラさせ会ちゃんの登場を待っていたり、中にはうちわを持っている人もいるのだった。
あまりの熱狂ぶりに、さすがのウメも驚きを隠せず「それなら出してあげたらいいじゃない」と、モモに会ちゃんを出すように促すのであった。

女子社員たちの悩み
しばらくして会ちゃんを持ってきたモモは、かなりの毒舌を吐きながら、女子社員たちから相談を受け付け始めるのだった。
最初の質問は「一口ちょうだいが許せない」というものであり、会ちゃんは「目の前で食べるからいけないんだバカヤロー」と答えると、女子社員たちは黄色い声援を上げる。
しかしその相談にも「本当に困っている人だったら丸ごと上げろバカヤロー」と愛のある説教をすると、女子社員たちはうっとりしてしまうのだった。
次の質問は「人のお金で良いものを食べるには?」と聞かれると、かなり饒舌な会ちゃんは「てめぇで稼いだお金で食うものの旨さを感じろ」と、かなり身のある回答をするのだった。
そして「私雨女なんです」という質問には「雨が降ることで助かる人もいる」と話しながら「雨が降ったことばかりを数えるな!晴れた日のことも思い出せ」と、愛も身もある回答をかなりの饒舌でするのだった。
あまりの饒舌っぷりに、ウメは「まるでラッパーのようだよ」と笑いながらその会ちゃんと女子社員たちの問答を聞いているのであった。

第18話の感想はここをクリック
相変わらず見事な漫才するモモ役の伊藤沙莉さんが、ウメ役の江口のりこさんが乗ってきた時に話す「好きー」というセリフがかなり好きですね。
あの言葉に、モモがどれだけウメさんを好きなのか、そしてかなり甘えている様子が伺え、仲の良さがわかりますね。
そして毒舌キャラの会ちゃんのセリフを噛まずにスラスラと言える伊藤沙莉さんの話術にも驚かされる回でした。
<見逃し動画>第17話
Tverで見る
第17話の公式あらすじ

ぶつかり稽古の師範代
報告書の書き方がわからなくなったというモモ(伊藤沙莉)に、ウメ(江口のりこ)は「普通に書けばいいんじゃない?」と助言。
すると、モモが急にわめいて震えだした。
驚いたウメが事情を聴くと、モモは何か提出するたび、庶務課の中山から「普通は」を連呼されるらしい。
「あれはまさに“ぶつかり稽古の師範代”」と怯えるモモ。「このままじゃまずい」と、あらぬ妄想を始め…。

みんな強い子
モモ(伊藤沙莉)は超急ぎのコピーを取ろうとするも、コピー機がうまく動かずイライラ。ウメ(江口のりこ)の助言も拒否し、苛立ちからコピー機をバンバン叩く。
すると、どこからともなく姉さん(栗山千明)がシャーッと現れ、感情的になっているモモを諭す。
何を思ったか、おもむろにコピー機を抱きしめ、優しく語りかけ…!

<出典>モモウメ 公式

第17話のネタバレはここをクリック
普通ってなんですか?
ある日リモート会議をしていたウメは、隣でものすごい勢いでタイピングをするモモのことが気になってしまう。
その勢いはリモート会議に意識が集中できないほどであり、ついにウメはリモート会議を中断して「モモちゃんどうしたの?」と声をかけてしまうのだった。
その声にパソコンから顔を上げたモモは「報告書の書き方がわからなくなった」と悲しそうな顔をして真っ白な報告書の画面を見せるのだった。
先程のタイピングが嘘のように真っ白な画面を見せられると、ウメは「普通に書けばいいのよ」と呆れたように語るのだった。
それを聞いたモモは、いきなり怖がるとデスクの下に隠れてしまい、”普通”という言葉に恐怖心があるのだと怯えたように語るのだった。
あまりの怖がる様子にウメは優しく語りかけると、なんとかデスクの下からモモを呼び寄せることに成功するのだった。

ぶつかり稽古の師範代
ようやくデスクの下から出てきたモモは、ウメに「庶務課の中山さんって知ってますか?」と尋ねるのであった。
モモは庶務課の中山さんに報告書を提出しに行くたびに「普通はこう書くよね?」と厳しい言葉をかけられ続けられたとその苦しい思いを語るのだった。
あまりにも自分の普通を押し付ける中山さんの姿に疲れ切ってしまったモモは「まるでぶつかり稽古の師範代のようだ」と語るのだった。
モモは別の会社の普通は知らないが、あまりにも細かなことにもケチをつけてくる中山さんの普通が正しいものなかも分からなくなってきてしまったとその悩みを伝えるのだった。
その話にうなずくウメは、モモが話す中山さんの普通に関して、そのひとつひとつにありなしを判定していくのだった。

新たなる師範
ウメが中山さんの指摘に関してノーを突きつけていると、モモは自分の考えが間違えていないことに納得するのだった。
そのウメの賛同に気を良くしたのか、モモは「中山さんの普通が新人に浸透すればぶつかり稽古の師範代が続々と増えていってしまう」とその不安を語るのだった。
師範代の増幅を懸念するモモに思わず笑ってしまうウメは、モモが語る師範代のピラミッドにさらにツッコんでしまうのだった。
そんな巨大なピラミッドから目を背けるためにモモは、芋けんぴを引き出しから取り出し、小動物のようにカリカリと食べ始めるのだった。
そんなウメは「相手との普通をすり合わせることがこれからのモモちゃんの役目なんじゃない?」とアドバイスを送るのだった。
そんな的を獲たウメのアドバイスに、モモはウメを新たな派閥の師範代であると認めると、自分が書いた報告書の添削を依頼するのだった。
師範代と呼ばれて気を良くしたウメがそれを添削すると、ここでもウメの”普通”を伝えながらも、最終的には感じ間違いを指摘するのだった。
根本的なミスに反論することも止めしまったモモは、そっと芋けんぴを差出し、2人でそれをカリカリと食べるのであった。

コピー機の故障
ある日モモが資料を印刷しようとコピー機の前にやってくると、いくら待っても用紙が出てこないことにイライラを感じていた。
そこにウメがやってくると、モモはコピー機の不調を伝えると、急ぎで印刷しなければならないのだと焦りを見せるのだった。
モモが急いでいる様子を知ったウメは下の階や上の階のコピー機を使うようにと当たり前のアドバイスを送る。
しかしモモは、下の階や上の階に行くのが面倒くさいときっぱり断り、さらには業者を手配したと伝えるのだった。
手際の良さに感心するウメだったが、モモはその焦りからかコピー機を叩きながらその復活をイライラしながら願うのだった。
するとそこに、椅子に乗りながらさっそうと現れたお洒くそ姐さんがやってくると「そんな昭和な対応じゃだめ」と、モモの行動を厳しく非難するのであった。

コピー機との会話
姉さんはモモたちから事情を聞くと、それを妖艶に頷きながら聞いており「それならちゃんと話してみるわ」と、コピー機に向かって話し始めるのだった。
当初は英語なのな日本語なのかつかめずに会話がなかなかできずにいた姉さんであったが、なんとなく会話している風な様子にモモとウメは感心してしまう。
そこに業者さんがやってきてコピー機を修理しようとするが、姉さんに静止され、その姉さんは「ぬくもりが大事」と、コピー機を抱きしめると日頃の感謝の言葉を伝えるのだった。
モモもウメも姉さんに促されお礼の言葉を伝えていると、なんと見事にコピー機が復活し、あとは業者さんの手に委ねられるのだった。
姉さんのあまりに独特なコピー機の修理方法に驚きながらも、見事に解決し去っていく姉さんの後ろ姿を2人はじっと見つめるのだった。

第17話の感想はここをクリック
かなりバラエティ色の強いこのドラマですが、たまにかなりためになる言葉が語られていて、今回も”普通を押し付けることで周囲が見えなくなる”というかなり唸らせられる内容でした。
その一方で、後半の「みんな強い子」では、姉さんの独特すぎるキャラクターがさらに強くなったようで、あのぶっ飛んだキャラクターを演じる栗山千明さんの空気もかなり笑えますね。

<見逃し動画>第16話
Tverで見る
第16話の公式あらすじ

なんぼのもんじゃい低気圧
梅雨の最中のある日、モモ(伊藤沙莉)が食いしばった顔で出社した。
雑誌で強い女特集を読んだモモは、梅雨のつらさを嘆くのをやめると決意し、低気圧が招く弊害に対するグチを必死で抑え込んでいたのだ。
その姿を見たウメ(江口のりこ)は「感情を押し殺すのではなく、発する言葉をポジティブに変えていく訓練をした方がいい」と提案。
モモはさっそく実践してみるが…!?

飲み会セミナー
モモ(伊藤沙莉)はウメ(江口のりこ)に向かって“今日は都合が悪いから早く帰りたいアピール”を連発。
全員参加の部の飲み会に参加したくないからだと、ウメに見透かされてしまう。
するとモモは開き直り、若手社員にとって部の飲み会がいかにつらいか主張。
部長(皆川猿時)が延々と語る“リアクションに困る悩み”を聞かされた数日前の地獄を回想し始める!

<出典>モモウメ 公式

第16話のネタバレはここをクリック
食いしばる理由
モモとウメは『マンスリーシャベンジャーズ』の立て看板の前に立ちながら、漫才のような感じで出てくるのだった。
いつものように「ウメさん、ウメさん」と名前を呼ぶモモは、歯を食いしばりながらしかめっ面をしていたのだった。
気になったウメが「どうしたの?」と尋ねると、モモは「雑誌で強い女特集を読んだから、辛い梅雨の時期に弱音が出ないようにと必死にこらえているんです」と答えるのだった。
ウメは日本の梅雨が辛いことに共感し、さらにそれを必死にこらえようとするモモに共感したのか「手伝ってあげる」とモモのわきをくすぐるのだった。
くすぐったくなったモモは、食いしばっていた表情がゆるんでしまい「服が濡れるや傘が盗まれる」など梅雨の時期のイライラについて文句がどんどん出てきてしまうのだった。

ポジティブに変換
どんどんと出てくる愚痴に驚きながらも、ウメは大人として「それらの言葉をポジティブに変換することが大切なのよ」と教えるのだった。
ポジティブな言葉か…と悩みながらも、髪がうねることを”メデューサの威圧”とポジティブに変換するのだった。
さらに化粧がデロデロになることを”謝罪時に悲壮感が出る”と表現したり、服が乾かないことを”子犬の匂い”と表現するなど、モモのポジティブシンキングが乗ってくるのだった。
それでも頭が重いことや傘が盗まれること、さらにはコピー機の紙が詰まりやすくなることにはどうしてもいい言葉が思い浮かばず、テキトーな言葉で切り抜けるのだった。
それを一気に言葉に出したモモは、後半のぐだぐだ感にしっくりはこなかったが、なんとなく心がスッキリとした感覚に満足するのだった。

ひまわりさん
なんとなくスッキリとしたモモは、なんでもポジティブに変換できるかもしれないと、内なるポジティブキャラのひまわりさんと化すのだった。
ウメからの悩みを聞きポジティブに変換すると語るひまわりさんは、そこで「電車に傘を忘れがち」という相談を受けるのだった。
しばらく考え込んだひまわりさんことモモは、周囲にあるポジティブパワーを吸収すると「降りるときに確認する」という単なる忠告をしてしまうのだった。
ウメは思わず「趣旨が変わってきちゃってるから」とツッコミを入れてしまうと、ひまわりさんになりきったモモは「もう一回だけチャンスをあげる」とやりたそうな表情を浮かべるのだった。
ウメがしぶしぶお願いすると、ひまわりさんとしてモモは再度周囲からパワーを集めるのだが、あまりにも身近な一人でさらに2人しか集められずにその必殺技を繰り出すのだった。
モモは「荷物が軽くなる」というポジティブワードを出すのだが、ウメからは「それじゃ弱すぎるのよ」とツッコまれてしまうのだった。

憂鬱な飲み会
ある日デスクにいたモモはいつものように「ウメさんウメさん」と声をかけると、お腹の調子が悪いや母親との食事の約束があるや、頭が痛いなどの言い訳じみた話をし始める。
しかしそれが嘘であることは、一日中一緒にいるウメにはすぐバレてしまい、モモはなんとか誤魔化そうとするのだった。
モモが帰ろうとする理由はウメにはすでに理解しており、モモは今日の夜開催される飲み会に行きたくないのだと話すのだった。
モモは「飲み会には昭和話や自慢話やマウントのとり方などくだらない話が多すぎる」とその理由を語るのだった。
さらに先日部長との飲み会では、お酒に酔った部長がなぜかゾンビになってしまうことに対してかなりの不安感を覚えているというゾンビ問答を延々と繰り広げていたのだと話すのだった。
そんな地獄のような飲み会にはなんの興味もないのだと、きっぱりと行きたくないと語るのだった。

セミナーのご案内
行きたくないと語るモモに、ウメは「それなら今日の飲み会は来なくてもいいよ」と笑顔で話すと、モモは笑顔を見せるのだった。
そんなモモを見たウメは「その代わりに、同じ居酒屋でセミナーがあるんだけど来ない?」と誘うのだった。
怪訝な顔をするモモに「費用は3000円で飲放題付、さらに講師陣もかなり豪勢な人が来る」と説明すると、モモは少しだけ興味を示すのだった。
モモはどんな講師陣が来るのかと尋ねると、ウメはマウントの取り方の説明や、さらには部長による熱さもありながらも時にはゾンビ問答の講演があると語るのだった。
あまりに面白そうな内容に、モモはその講演会の名前が気になると、ウメは半笑いになりながらも「シャベンジャーズよ」と語ると、モモは思わず笑ってしまうのだった。

第16話の感想はここをクリック
久しぶりのマンスリーシャベンジャーズでしたが、伊藤沙莉さんと江口のりこさんの見事な掛け合いに、思わずM-1出場でもいいんじゃないかの思うくらいですね。
さらに飲み会でモモが体験した部長のゾンビ問答など、言いたいことを言えるモモの強さは本当に見習いたいですよね。
1話通してモモウメの掛け合いはほんとに面白くて、ずっと見ていたくなるくらいのドラマですね。
<見逃し動画>第15話
Tverで見る
第15話の公式あらすじ

ボーナスの使い道
ボーナス支給日が近づき、うかれるモモ(伊藤沙莉)。
ウメ(江口のりこ)は「ボーナスにときめいて、いい使い方するOLを見たことない。
だいったい霧散」と言い放つ。
すると、モモが自分もそういうことがあると言い、「怖いのが、何に使ったのか記憶がない時です」と、経験談を語りだした。
モモはボーナスの使い道をウメに尋ねるのだが…!?

カカエキレーヌ
モモ(伊藤沙莉)がいきなり「バタ…」と言って倒れ、「私はもうダメです」と弱音を吐いた。
心配したウメ(江口のりこ)が事情を聴くと、モモは「次々と仕事を押し付けられ、書類で胸が押し付けられそうになってます」と打ち明け、現実逃避を始める。
とにかくモモが相当追い込まれていることを知ったウメは、少しでも負担が軽減できるよう、アドバイスを送るのだが…!?

<出典>モモウメ 公式

第15話のネタバレはここをクリック
もうすぐボーナス
いつものようにウメの隣で仕事をしていたモモは、嬉しそうな顔で「ウメさんウメさん」と声をかけるのだった。
かなり上機嫌なモモの様子に、ウメは思わずどうしたのかと尋ねると、モモは「もうすぐボーナスですね」と目を輝かせて語るのだった。
モモはお気に入りの2.5次元俳優の作品のグッズ販売サイトを見ながら「長い梅雨が明ければボーナスが来る」とボーナス支給日にドラマを感じるとまで語るのだった。
しかしそれを聞いていたウメは、モモのその反応とは正反対に冷めた様子で生返事をすると、あまりに冷めきったウメの態度に気になったモモから「どうしたんですか?」と聞かれてしまう。
するとウメは「ボーナスにときめいて、いい使い方をするOLを見たことがない。だいたい霧散」と率直な感想を述べるのだった。
モモは「そんなことはないですよ」と否定しようとするのだが、自身の胸に手を当てると思い当たる節があったのか納得してしまうのだった。

ムサンヌ
ウメのボーナスが霧散するという話を聞いていたモモは、ボーナスをあっという間に霧散させる「ムサンヌ」という新しいキャラクターを生み出すのだった。
ウメは先日生み出された”調べられない女”の「ググレーヌ」と似た雰囲気があると指摘をするのだが、モモはポーズから思想まで全く違うのだと説明するのだった。
ムサンヌの話に熱が入るモモだったが、ウメは「ムサンヌでもググレーヌでもチョキンヌでもなんでもいいわよ」とその話を終わらせるのだった。
するとモモは「実は自分でも気が付かないうちにお金がなくなっていることがあり、さらに何に使ったかわからず恐怖を感じることがある」と語るのだった。
モモはボーナス当日たくさんのお金をお財布に入れ出かけていくのだが、帰ると中身は空っぽで1人カップラーメンを啜っているのだと話すのだった。
心配するウメだったが、モモはただ単に推しメンのステージを見に行きグッズを買い漁っていただけであり、さらにグッズを買おうとするモモを引き止めるのだった。

2人はムサンヌ
なんとかモモを引き止めたウメは「誰かのためになるようなお金の使い方をすればいいんじゃないかな」と話をまとめるのだった。
するとモモは、ウメが何にボーナスを使っているのかが気になり質問をすると、ウメは「若いツバメに服を買ったり温泉に行ったり、何かを始めたいといえばお金を出したり」と答えるのだった。
モモは「それこそムサンヌっすよ」と突っ込んでしまうと、モモは「あくまで若い男の子の未来への投資だ」と自分がムサンヌではないことを必死に語るのだった。
しかしそれこそ身にならないお金だと語りだしたモモは、ウメとともにムサンヌになりきり、息ぴったりのポージングを見せるのだった。
すっかり乗せられ苦笑いするウメだったが、モモは息ぴったりのポーズに嬉しくなり笑顔を見せると、その笑顔にウメも思わず笑ってしまうのだった。

カカエキレーヌ
ある日大量の書類を抱えたモモがデスクに戻ってくると、疲れ切った表情を浮かべながら、その書類に向かって「バタ…」と倒れてしまうのだった。
突然モモが倒れたことに心配するウメだったが、モモは「私のことはいいから西の方にある光の丘に行ってください」と最後の力を振り絞り語るのだった。
心配になったウメにモモは、上司から大量の仕事を振られてしまい、それを後輩や同僚にお願いすることが出来ない”カカエキレーヌ”だと説明するのだった。
これまで以上に劇画タッチのカカエキレーヌの表情を見たウメは、モモがかなり溜め込んでいることに気がつくのだった。
モモは見た目以上に責任感が強く、自分だけ楽することに罪悪感を感じるのだと語るのであった。

社会人として必要なスキル
あまりに真面目なモモに驚くウメだったが「自分が楽することを考えなければならない」と、効率的に仕事をすることの大切さを教えるのだった。
自分のキャパを十分に理解し、そこで仕事量を見極める力もまた社会人として必要なのだと語るのだった。
さらにウメは「後輩や部下に仕事を割り振ることによって、その後輩や部下に仕事を覚えさせる効果もあるのだ」と説明するのだった。
ウメからの言葉で免罪符を受けたかのようになったモモは、今度は自分の仕事をありとあらゆる人に振り分けようとするのだった。
しかしその振り分けもどんどんとエスカレートしていき、最終的にはウメにまで仕事を割り振ろうとするなど、最終的にはサッカーの監督のようになってしまうのだった。
それを見て笑ってしまったウメは「いいから誰かに頼みなさい」と笑いながらモモを諭すのであった。

第15話の感想はここをクリック
ムサンヌにカカエキレーヌなどキャラクターシリーズが出てきましたが、伊藤沙莉さんの振り切った演技は見ててかなりスカッとしますね。
江口のりこさんも、現在放送中のSUPERRICHの演技とはまた違ったコミカルな演技など本当に幅広い女優さんですね。
何より一番驚いたのはウメさんが若い男に貢いでいるという事実で、さすが過去にマンウティングマウンテンを制しただけのことはありますね。
<見逃し動画>第14話
Tverで見る
第14話の公式あらすじ

モモとウメの出会い 3
意気投合したモモ(伊藤沙莉)とウメ(江口のりこ)、りんご(いとうあさこ)は二軒目の居酒屋へ。すっかり気を許したモモはじょう舌になり、先輩2人にグイグイいく。
しかも、自分のことは棚に上げ「初対面なのにグイグイ来る人って苦手なんですよ」と吐露。
面白がって聞き手役に回ったウメとりんごに、初対面の同期からあだ名呼びを“許可”された件について愚痴り始め…。

モモとウメの出会い 4
飲み会もお開きになり、帰路につく モモ(伊藤沙莉)とウメ(江口のりこ)、りんご(いとうあさこ)。
お腹に顔をうずめて離れようとしないモモを引き離し、りんごは別の駅へ。
ウメと2人きりになったモモは、入社以来ずっと“社会における気遣いや礼儀、距離感の難しさ”に悩んできたことを打ち明け、涙を流す。
そんなモモに、ウメは懐の深いアドバイスを送るのだが…!?

<出典>モモウメ 公式

第14話のネタバレはここをクリック
どんな話
すっかり意気投合した3人は、2軒目の居酒屋にやってくると、モモは改めてりんごの豪快な飲みっぷりに驚くのだった。
りんごは「これでもモモちゃんがいるからかなり抑えて上品に飲んでるのよ」と、まだまだ本気ではないことを伝えるのだった。
そんなモモは、普段2人がどんなことを話しているのか興味津々で尋ねると「スイーツの話ですか?」とティラミスやパンナコッタなど一昔前のスイーツの話題を出そうとする。
「私達を一昔前のOLだって言ってるの?」と思わずツッコまれてしまうモモだったが、さらに「キンツバですか?」とさらに畳み掛ける。
呆れる2人にモモは「誰かの悪口とは私はそんなの好きじゃないですよ」と言いながらも、かなり欲している目をして2人を笑わせるのだった。

人との距離感
かなり饒舌になるモモを優しく見守るりんごとウメの優しさに触れたモモは、触り心地の良さそうなりんごに抱きついて揉んでみたり、ウメのお団子を触るか触らないかの距離に手を近づけたりする。
相当ストレスがたまっているようだと感じたりんごは、モモのことが心配になるが、モモはストレス発散法を語りだす。
モモはストレスが溜まると、帰り道にある置き物にデコピンをしたり、もっとひどいときはヘッドロックをしたり、さらには鈍器を持って目の前に立ち尽くしたりしたのだと語り2人を驚かせるのだった。
そんなモモは「会社に入ってから人との距離感がとても難しくなった」と社会人になり抱えている悩みを打ち明けるのだった。
入社したての頃に、同期の女の子から下の名前で呼ぶように提案され、さらに勝手にそれを強要されるなど、グイグイ来る感じが嫌なのだと話すのだった。
これまで初対面にも関わらずグイグイと来ていたモモに「どの口が言ってんのよ」とツッコミを入れるウメだったが、そんなことはお構いなしにモモは話を続ける。

対処法
モモは勝手にあだ名呼びを”許可”されたことになんだかモヤモヤを感じると話すと、さらに自分の名前も勝手にあだ名をつけあだ名呼び許可からのそのあだ名の自画自賛にうんざりするのだと話す。
ウメは「そんな時どうするの?」とその対処法が気になってしまうと、モモは平然と「絶対に下の名前で呼ぶことはありません」と語る。
さらにもう一人同じ苗字がいたとしたらそっちの方にエキセントリックなあだ名をつけて呼ぶ予定だと、モモはガンガン話し始める。
そして自分が許していないあだ名で呼ばれた場合には、絶対に聞こえないふりをしてスルーすることに専念すると、その確固たる信念を伝えるのだった。
しかしモモは、横を見れば優しい先輩がおり、そんなりんごとウメに「アップルさん!プラム!」と勝手にあだ名をつけ抱きつくのだった。
ウメには相変わらずお団子を触るか触らないかの距離で手を動かしていると、モモは「これが絶妙な距離!?」とボケるとウメにツッコまれてしまうのだった。

そして2人に…
すっかりりんごの優しさと柔らかさの虜になり懐いてしまったモモだったが、帰る方向が別々になり、名残惜しさもありながらモモはウメと一緒に帰っていく。
しばらく歩いていたモモは「今の気持ち話していいですか?」と語りだすと、初対面の人と2人きりになる気まずさを語りだす。
呆れるウメは「散々飲み食べ散らかした挙げ句、彼氏ができない話をしていた」と、傍若無人ぶりのモモのことを伝えるのだった。
するとモモは「社会って難しいですよね」と、人間関係や礼儀作法に困惑しているのだと語ると、これまでの勉強が無駄に思えると泣き出してしまうのだった。
突然泣き出してしまったモモに驚くウメだったが、優しくなでながら落ち着くように語るのだった。

ウメのアドバイス
するとウメは、モモの肩を優しく抱きしめながら「困っている時は階段を一段とばしで歩いているようなもので、一段ずつ歩くことで日々の成長を感じることができるのだ」とアドバイスを送るのだった。
さらにウメは「誰もいないから悩みを大声で叫ぶのもいいかもしれない」と語りかけると、モモは思わず古臭いストレス発散方法に笑ってしまう。
それでも電車が来るタイミングを見計らって、ウメに促されるままモモは「求不得苦!求不得苦!」と叫びだすのだった。
電車が通り過ぎたあと、ウメはあまりに独特すぎる叫び声の意味を尋ねると、モモは「求不得苦です。仏教用語で欲しいものが出に入らないという意味です」と答えるのだった。
その帰り、一人になったモモは、ストレスのはけ口となっていた道端の置き物の前に立つと、デコピンしていたおでこを優しく撫で、スッキリした笑顔をみせるのであった。

第14話の感想はここをクリック
前回に続きモモとウメの初めての話でしたが、相変わらずモモの斜め上を行く考え方に思わず笑ってしまいました。
そしてそんなモモに優しくアドバイスを送るウメの言葉もかなり良くて、ここからさらに2人が仲良くなっていったんだろうなと感じるエピソードでした。
八つ当たりしていた置き物に優しく接するモモの姿を見て、話すことや吐き出すことって本当に大切なんだと感じました。
<見逃し動画>第13話
Tverで見る
第13話の公式あらすじ

モモとウメの出会い
今から約2年前――ウメ(江口のりこ)と社長室勤務のりんご(いとうあさこ)は、ひとりで泣いている新入社員のモモ(伊藤沙莉)を発見。
「入社早々につまずいた」というモモに、ウメは何があったのか尋ねる。
すると、モモは「入社初日から虚勢という虚勢をぶちかましてたけど、うまくいかない」と告白。
これまで張った虚勢の数々を聞いたウメとりんごは、笑いが止まらず…。

モモとウメの出会い 2
ウメ(江口のりこ)とりんご(いとうあさこ)に飲みに連れて行かれたモモ(伊藤沙莉)は豪快な飲みっぷりを披露したかと思うと、何度も寝落ち。
寝不足だというモモに、りんごは優しく「今日はいっぱい食べて力をつけなさい」と声をかける。
ところが、モモは「力」という言葉に過剰反応。その過剰反応は、料理を注文する過程でもいちいち発揮され…!?

<出典>モモウメ 公式

第13話のネタバレはここをクリック
泣いていたモモ
今から2年前、まだ新入社員だったモモは、会社に残り一人でシクシクと泣いている所を同じ部署の先輩であるウメと、社長室勤務のりんごに見られてしまう。
ウメとりんごは「入社早々に折れてしまう新入社員が今年も出たか」と、泣いているモモのことを心配そうに見つめていた。
するとウメは、その泣いているモモが同じ部署の新入社員であることに気が着くと、どうしても気になってしまい声をかけることにするのだった。
声をかけられたモモは、さっきまで泣いていたのが嘘のようにケロッと表情を変えると「どうしたんですか?」と笑顔をみせて答えるのだった。
あまりの変わりように心配になるりんごとウメは、とりあえず話を聞いてあげようと、モモに寄り添い優しく声をかけるのだった。

モモの辛さ
2人の先輩に声をかけられたモモは、その優しさに「辛いです…」と本音を漏らしてしまうと、2人は頷きながら「何が辛いの?」と話を聞いてあげようとするのだった。
その質問にモモは「入社初日から虚勢という虚勢をぶちかましたがうまくいかない」とその理由を語るのだった。
あまりに予想外なモモの悩みに、りんごとウメはどんな虚勢をぶちかましたのかということが気になり、モモに質問をしていくのだった。
するとモモは「親が只者ではない雰囲気を醸し出すこと」として、常に眉間にシワを寄せ周囲を睨みつけていたのだと語る。
さらに読めない英字新聞を広げ、その傍らには苦くて飲めもしないブラックコーヒーを置いておいたのだと語り始める。
そして極めつけは”独立してしまう有能社員を辞めさせない方法”というホームページを見えるように開いておいたりしたと語るのだった。

面白い
モモの独特すぎる虚勢の張り方に、思わずウメは「ただのすぐに辞めたがっている新入社員にしか見えない」とツッコミをいれてしまうのだった。
さらにモモは、只者ではない感をより一層出すために、プロフィールの好きな偉人欄に謀反を起こした人物で固めたのだと話すのだった。
りんごは、そのかなり不思議な雰囲気を持ったモモに興味が出てきており、モモが同じ部署の先輩であるウメに「自分てどう思われてます?」と質問をぶつけるのを興味深く眺めていた。
ウメはしばらく考えながら、モモが普段は大人しくあまり印象的な新入社員ではないことを告げるのだった。
モモは「自分はいきがりすぎて滑っていないか」をしきにり気にしているようで、ウメから「そんなことないわよ」と言われると一安心するのだった。
さらにりんごやウメから「周囲の目を気にしすぎないほうがいい」とアドバイスされるのだが、自分の世界に入っていたモモが話を聞いていないと気が着くと、さらに面白さを感じて飲みに誘うことにするのだった。

居酒屋で
こうして、先輩のりんごとウメと一緒に居酒屋にやってきたモモは、りんごが驚くほど豪快な飲みっぷりを見せるのだった。
りんごは喜ぶ反面、ウメはまた虚勢を張ってるのではないかと心配になるが、モモは「こう見えてお酒は強いんです」と答えるが、話の途中で寝てしまうのだった。
しかしその途中寝落ちしてしまい、そのモモの行動に、2人はさらに面白さを感じてしまう。
そんな起きては寝てを繰り返すモモは、食べ物の注文をするりんごの声を聞いて、パワハラやクレーム、さらには派閥争いなど、おかしな方向に変換されてしまうのだった。
あまりにおかしな脳内変換に、りんごは笑ってしまい、ウメはツッコミをいれてしまうなど、変わり者のモモとの会話が弾んでいく。

どんどん…どん…どん
あまりに猪突猛進で話に入ってくるモモを見たりんごは「まるでPDCAがなってない子だね」と笑ってしまう。
その言葉の意味がわからないモモのために、りんごはPがプラン・DはDo・Cはチェック・Aはアクションだと説明するのだが、モモはまたしても寝てしまいまったく話を聞いなかった。
そんなモモを見たりんごは「この子はDDDDだね」と笑ってしまうと、面白がったウメはその意味をモモに質問するのだった。
険しい顔で考えたモモは「どんどん…どん…どん」とすべてのDをどんで押し切ると、2人を笑わせると、またしても寝落ちしてしまうのだった。
寝ているモモを優しい笑顔で見つめるりんごは「料理は何も来てないけど、2軒目誘ったら来そうだよね」と、底知れぬ不思議なモモにさらに興味が出てしまうのであった。

第13話の感想はここをクリック
今回はモモとウメの初対面の物語になりましたが、いとうあさこさん演じるりんごさんが登場し、さらに居酒屋へ行くという展開に、いとうあさこさんという見事なキャスティングに感心しました。
それにしてもモモは新入社員の頃から脳内がかなり独特だったようで、モモのボケとウメのツッコミがかなりマッチしてしましたね。
暴走のようでかなり平常運行なモモですが、ここから仲良くなったんだと思うと、りんごさんといういいクッションがいたからこそなのかもしれませんね。

<見逃し動画>第12話
Tverで見る
第12話の公式あらすじ

IT格差?
周りの社員たちが残業確定で目がバッキバキになる中、定時を迎えたモモ(伊藤沙莉)は仕事を投げ出し、堂々とウメ(江口のりこ)に帰宅を宣言する。
引き止めようとするウメに、モモは「残業が多いのは会社のIT化が進んでないせい。
うちの会社はIT格差の負け組」と息巻き、定時帰宅を「会社への無言の抗議」と強調。
「ウメさんは不満ないんすか?」と食ってかかるのだが…!?

友人代表スピーチ
モモ(伊藤沙莉)が突如ため息をつき、「爆笑とりてぇ」と心の声を露呈した。
ウメ(江口のりこ)が何事かと尋ねると、高校の同級生の結婚式で友人代表のスピーチを頼まれてしまったのだという。
学生時代からお調子者だったモモは、同級生の期待を裏切りたくない…と気合が入りまくり。
ウメは冷静に、結婚式で爆笑をとることの難しさを説くが、モモは“ある秘策”を打ち明け…!?

<出典>モモウメ 公式

第12話のネタバレはここをクリック
定時退社の勧め
モモはパソコンを閉じ、終業のアナウンスがなるのを今か今かとまっており、その隣では忙しそうに仕事をするウメの姿があった。
その後定時退社のアナウンスが入るのだが、一向に仕事の手を止めないウメを見たモモは「ウメさん、帰らないんすか?」と尋ねるのだった。
ウメは仕事がかなり残っていること、それは周囲も同じようです、周りには忙しそうに働く社員ばかりだと説明する。
モモも周囲を見て、忙しそうに働く社員がいますねと話しながらも、モモは「それじゃお先失礼しますね」とデスクから離れようとするのであった。
そんなモモを引き止めたウメは「どうして帰れるの?」と聞いてみると、モモは「先輩の目を見て帰れる勇気という本を読んだから」とその理由を語る。
あまりにどストレートなタイトルに驚くウメだったが、さらにモモにはこのあと予定も何もないことを知りさらに驚くであった。

IT格差
何度か引き止められたモモは、なぜ定時退社ができないのか?とその疑問を口にすると「今の時代にそぐわないアナログな仕事のせいだ」と語るのだった。
アナログな仕事をこれまで続けてきていたせいで、すっかり取り残されてしまったのだと話すモモは「IT格差が生まれてしまったのだと」その進化するテクノロジーについていけてないせいで残業が生じてしまうのだと熱く語るのだった。
さらにモモのマシンンガントークは止まることなく、方や宇宙に向かおうとしている社長がいる一方で、捺印をもらいに電車で1時間かける会社は、そもそも底辺であると、さらに熱が入るのだった。
そして「タイムカードを押すために会社に戻る意味はあるのか?」とどんどんと熱くなるモモに、ウメもうなずきながら納得していくのだった。
そして徐々にモモの話に乗っかり難しいことを言い始めるのだが、逆にモモがその話についていけず、おちゃらけ始めるのだった。

デジタルvsアナログ
そんな話をしていると、モモは物事には裏と表があると話し始めると、アナログに変わると味気ないものもあると話し始める。
「例えばなんすか?」とモモから聞かれると、しばらく考えたウメは「婚姻届とか?」と答えるのだった。
確かにデジタルにしてしまっては味気ない気がしてきたモモは、その様子をシュミレーションするべく、落語のように一人二役を演じながら再現していく。
しっかりと再現したモモと、それを全て見ていたウメは、こればかりはアナログの勝利と、全てがデジタル化しないほうがいいこともあると気がつくのだった。
すっかり残業気分ではなくなったしまったウメは、モモからの「帰りましょう」という言葉に素直にうなずいて席を立つのであった。

モモの悩み
ある日モモが、大きなため息をひとつつき机に突っ伏している姿が心配になったウメがそっと声をかけようとする。
するとモモはわりと大きな声で「爆笑とりてぇ」と独り言を呟くと、さらに心配になったウメが「漏れちゃってるわよ」と声をかけるのだった。
なんでも明日行われる友人の結婚式で友人代表スピーチを頼まれたのだと話すモモは、そこでどうにかして爆笑を取ろうと考え悩んでいると話すのだった。
ウメは「友人代表スピーチはお涙頂戴が基本よ?」とそのモモの考えに驚きを示すのだが、モモは「昔から自分はひょうきんだった」と話す。
そして結婚式とは社会人になってからの中間報告に近いと語ると、変わらない自分を見せたいのだとその理由を語り、さらに友人もそれを望んでいるに違いないとウメに説明するのだった。

悪巧み
そんな思いを込めて友人代表スピーチを考えていたモモは、自分がお笑い好きであることをウメに説明する。
その説明に、ウメもまた「かなりコアなお笑い芸人を知ってるもんね」とモモがかなりのお笑い好きであることに頷く。
モモはまだYou Tubeにも動画がないようなかなりマイナーな芸人のネタも熟知していると話すと、かなり悪い顔の笑顔を浮かべるのだった。
その悪い顔を見たウメは「芸人のネタをパクる気だ」とモモの企みに気がつくと、それをどうにか止めようとするのだった。
ウメは必死に説得を試みるのだが、モモは「これ以上の妙案はない」と断言すると、友人の結婚式へと向かっていくのだった。
翌週、会社に出勤してきたウメは、隣で仕事をしているモモに「結局結婚師はどうだったの?」と声をかける。
するとモモは少しだけ照れくさそうに笑いながら「結局号泣しちゃいました」と、友人の結婚にかなり感動してしまったのだと話してウメを安心させるのであった。

第12話の感想はここをクリック
宇宙に行く社長といえば、元ZOZOTOWNの前澤友作さんですが、かなり時事的なネタも盛り込まれた12話でした。
デジタル化が進んでいく一方で、やはりアナログの良さもあることが語られていましたが、人同士の会話もまたLINEやSNSなどデジタル化してるなと思います。
それでも効率化してはいけない人と人の繋がりの部分では、このままアナログが続いて行くといいなと思います。
<見逃し動画>第11話
第11話の公式あらすじ

ググレーヌ
モモ(伊藤沙莉)に「1ページにまとめて印刷って、どういうふうにするんでしたっけ?」と尋ねられたウメ(江口のりこ)は「そういうふうに調べないで、人にばっか聞いてる人のこと何て言うか知ってるの?」と質問返し。
ところが…なぜか“いい女”風に、おもしろ返しをしてきたモモに、ウメは怒るのも忘れ大ウケ!
2人は“自分で調べない人”をネタに俄然盛り上がり…!?

顔が笑ってない
寿退社するOLのお見送りを目撃したモモ(伊藤沙莉)はウッと気持ち悪くなる。
みんな口では「おめでとう」と言っているのに、顔が笑っていなかったからだ。
そこで、モモはウメ(江口のりこ)に「顔が笑ってない『おめでとう』や『ありがとう』ってもう無効にしません?」と提案。
2人は社内で微妙な「おめでとう」や「ありがとう」が飛び出す場面を勝手に審判しだすのだが…!?

<出典>モモウメ 公式

第11話のネタバレはここをクリック
ググレーヌ
ある日コピー機の前にいたモモは、わからないことが出てきしまい、デスクに戻るといつものように「ウメさんウメさん」とこえをかけるのだった。
モモは”コピー機で2枚を1枚に印刷する方法”が分からないと、尋ねるのだが、そこでウメは「なんでもすぐに聞かないで少しは調べなさい」と忠告をするのだった。
さらにウメから「わからないことをなんでも聞く人はなんて言うか知ってる?」と聞かれたモモは、間髪入れずに「ググレーヌ」と答えるのだった。
あまりにも素早くさらにはかなり語感のいい”ググレーヌ”という言葉を聞いたウメは、思わず笑ってしまう。
しかし先輩として「わからないことがあれれば調べて、それでもわからなかったら聞くほうがいい」のアドバイスを送るのだった。
そのアドバイスに納得するモモが話を終わらせようとするのだが、そのググレーヌという語感やモモのポーズが気に入ったウメは「さっきのもう一回やってよ」とおかわりを要求してしまうのだった。

バリエーション豊かなググレーヌ
ウメのツボにはまったと喜ぶモモは、再度決めポーズをしながら「調べろという上司とすぐに聞けという上司の間にいるのがググレーヌ」とそれを披露するのだった。
すっかりググレーヌの虜になってしまったウメのために、モモはさらに別のバリエーションのググレーヌを披露するのだった。
そんなググレーヌの虜になってしまったウメだったが、さらなるバリエーションを見せようと、モモは「バターの薫りが口いっぱいに広がる私はマドレーヌ」と新しいバージョンを見せるのだった。
虚をついた展開に喜んでくれると手応えを感じるモモだったが、ウメは怪訝そうな表情を浮かべると「もう少しググレーヌを楽しみたかった」と不満を口にするのだった。
そんなウメにさらに「私はマドレーヌも好きだけどフィナンシェも好きですよ」と話すモモに、ウメはついその2つの違いについて質問をしてしまうのだった。

ググレールとさすらいのシゲ
これみよがしに「ウメさんそれは最早ググレーヌですよ」と忠告すると、ググレーヌのウメバージョンを要求するのだった。
突然のふりに困惑しながらも、ウメはマドレーヌとフィナンシェの違いを流暢に語ると「私はググレール」とモモとの違いを見せつけるのだった。
新たな新キャラに悔しさを感じるモモは、再度ググレーヌになり「もっといっぱい教えてほしいの」と語ると、ウメは嬉しそうな顔をして「なんでも教えてあげる」と答えるのだった。
「なんでも知りたい」と話すモモに、ウメは「なんでも聞いてくる人のことを話してあげる」と、この一連のモモの行為を語ろうとする。
思わず耳をふさごうとするモモに「逃げるつもりかい?」と問い詰めると、モモは「私の中にはさすらいのシゲがいるの」と変なおっさんを登場させ、ウメを笑わせるのであった。

顔が笑ってない
ある日モモは、ウメに「胃薬持ってないですか?」と尋ねると、ウメは心配したように胃薬を探し始める。
その理由を尋ねられたモモは「別の部署で寿退社の送別会を目にした」と語り始めると、その様子を思い出しえずいてしまう。
なんでも「おめでとう」と言っている人たちの顔が笑っておらず、それを思い出すだけで気持ち悪くなってしまうのだと話すのだった。
モモはその時の様子を事細かく説明すると「おめでとう」と言いながらも目が笑っていなく、さらには嫉妬と怒りが入り混じった表情をしていたと説明する。
そのモモの考えに納得するウメは、モモの的確なアウトとセーフの線引に思わず頷いてしまうのだった。
気分を良くしたモモは、さらに様々なシチュエーションで顔が笑っていないシーンを説明し、その一つ一つにアウトかセーフのジャッジをしていくのだった。

切なる願い
顔が笑っていないことに対しての線引を語りだすモモは、ミスをカバーしてもらったあとに出す「ありがとう」にもメスを入れていく。
感謝の言葉を口にしながらも、その実目が笑っておらず、怒りさえも滲み出ていることに対して、モモは「無効にしたい」と語る。
さらに同僚の自慢話に対しての「良かったじゃん」にも感情がないこと、さらにそれに気付かず自慢話を続ける人もアウトだと語り始める。
そんな「気持ちの入らない言葉は全て無効とするよう法案を提出すべきだ」と語るモモに、ウメも心から賛同するのであった。
この「心無い言葉」について熱く語るモモだったが、ウメは「モモちゃんの友達が有名人と付き合い始めたらしい」と話をする。
その話を聞いたモモは、微妙な表情を浮かべながら「良かったじゃないですか」と語ると、それに気がついたウメも気づかれたモモも「アウトだな」と笑い合うのであった。

第11話の感想はここをクリック
ググレーヌという新しすぎるキャラクターには、ウメだけでなく多くの人がツボにはまったんじゃないかと思うくらい耳障りが良かったですね。
現在SUPER RICHというドラマで社長役をやられている江口のりこさんが、ググレーヌに乗っかってググレールと対抗するなど、俳優さんはかなり色々な顔を見せてくれますね。
そんな江口のりこさんのSUPER RICHでのかなり強い社長姿もぜひ見ていただきたいですね。
<見逃し動画>第10話
第10話の公式あらすじ

難しいビジネス敬語
モモ(伊藤沙莉)がウメ(江口のりこ)に、「メールとかで語尾に『幸いです』とか使う時、なんか照れるんですけど、そんなことないですか?」と尋ねてきた。普段は使わない“正しいビジネス敬語”に、どうも違和感を覚えているというのだ。ところが、ウメにはちっとも共感してもらえない。
そこで、モモは考えつく限りのビジネス敬語を上げてイジり倒し…!

領収書ポリス
「ウメさんって、領収書を数枚見ただけで社内恋愛が起きてるかどうかわかるって本当ですか?」そうモモ(伊藤沙莉)に尋ねられたウメ(江口のりこ)は、領収書の主の妬み嫉み、秘密までわかることがあると豪語。
モモは尊敬の眼差しを向けまくる。
その矢先、モモがウメの手元にある領収書から社内恋愛疑惑を割り出した!いきなり開花した才能に、ウメはおののきまくり…。

<出典>モモウメ 公式

第10話のネタバレはここをクリック
ビジネス敬語
マンスリーシャベンジャーズの立て札の前に、漫才用のスタンドマイクが置かれる中、モモとウメはそれぞれ袖からやってくる。
そこでモモは、メールの文章で使用するビジネス敬語について、少しだけ気恥ずかしさがあるのだと語り始めるのだった。
幸せでもないのに「幸いです」や、さらには「お目にかかる」という言葉も、その仰々しさから少し恥ずかしい気持ちになるのだと語る。
自分の言っていることをあまり理解できずにいるウメに気がついたモモは、この「お目にかかる」という言葉は、どうしても盗賊のようななイメージがあるのだと話す。
いきなり盗賊の子分の役をやり始めたモモは「こんなお宝お目にかかっとこがありません」など、お目にかかるを多用しながらその恥ずかしい気持ちを伝えていくのだった。

ご鞭撻
さらにモモは「中身の薄いメールに対して、あまりにも仰々しい返信がくること」にも違和感を感じてしまうのだと話す。
大した内容でもないメールに「拝受いたしました」など返されると、どうしてもモヤモヤしたものを抱えてしまうのだという。
そして極めつけは『ご指導ご鞭撻』だと語ると、この言葉の意味を完璧に知って使っている人が少ないのではないか?と語りだす。
さらにご指導ご鞭撻の口当たりの良さから、単に言いたいだけでは?と話すと、ウメからご鞭撻の意味を教えられるのだった。
ご鞭撻の意味が厳しく励ます様子だと聞いたモモは、納得しながらも「ゴベンが立ったのかと思いました」と、そのゴベンに対してご鞭撻をしていくのだった。
激しくも厳しくゴベンを応援するモモに対して、ウメはそのあまりに高いテンションに驚かされてしまうのだった。

綺麗な言葉を使うこと
そんなビジネス敬語に関して話が尽きないモモに対して、ウメは「仕事だってなんだって格好から入ることが大事」と説明するのだった。
ウメは会社に出社する時も、パジャマ姿じゃ気合が入らないでしょ?と声をかけると、モモもその言葉にうなずくのだった。
「確かにパンツ1枚じゃ気合は入らないですね」と、モモは自分の寝る姿を暴露するが、ウメはそんなモモにツッコミを入れてしまう。
さらに続くモモの勝負服話にも軽快にツッコミを入れながら話をしていると、モモは「綺麗な言葉を使うことで綺麗な仕事が出来るんですね」と話をまとめるのだった。
その言葉に若干の違和感を感じるウメだったが「だいたいそういうことよね」と話を落ち着かせると、2人は「ご指導ご鞭撻」をリズムよく繰り返し、はけていくのであった。

ウメの特殊能力
ある日ウメが領収書の整理をしていると、それを見ていたモモは「ウメさんて、領収書を見るだけで社内のスキャンダルがわかるって本当ですか?」と尋ねるのだった。
謙遜しながらも、ウメは領収書を見ればその人の悩みや嫉み恨みなどがなんとなくわかるようになったのだと語るのだった。
そのやり方に興味を持ったモモは、方法を尋ねようとするが、ウメは「ただの勘よ」とそれが、長年の経験から得られたものだと話す。
しかし実際は、社内にあふれる噂話や情報などを総合的にまとめて、領収書と照らし合わせることでなんとなく見えてくるのだと説明するのだった。
ウメはその特殊能力から「領収書ポリス」の称号を与えられているのだと、鋭い視線をモモに向けるのであった。
「長年の勘と情報か」とその話を聞きながら、モモはじっと領収書を見つめていると、そこからなんと営業部内で交際している人がいるかもしれないと口にするのだった。

才能開花!?
モモはウメが言っていたように、社内情報と領収書に書かれていたケーキ2つ分の明細から、交際を見抜いたのだと説明する。
すでにウメの領収書ポリスとしての力を凌駕しつつあるモモの力に驚くウメだったが、さらにモモはそこからもっと深い真実を読み取るのだった。
あまりの領収書ポリスとしての才能の開花スピードに驚くウメだったが、モモは領収書から声が聞こえてくると、天才ぶりを発揮するのだった。
驚きがやまないウメだったが、モモは「そういうことですよね?」と笑いながら話、文字からだけじゃそんなにわかるはずがないですよと語るのだった。
それを聞いていたウメは「さすがにそうよね」と一安心するのだが、モモはその領収書を見てまたしてもゾーンに入ると「それでもあることがわかりました」と語る。
それはケーキ1つに1500円もする喫茶店に入っていることであり、そんな高価なお店で打ち合わせをするなんてと、営業部に鋭い視線を向ける。
2人はおもむろにサングラスをかけると、それをサッと取り外し「領収書ポリスの出動ね」とキメ顔をするのであった。

第10話の感想はここをクリック
毎回毎回くだらない話で盛り上がるモモウメの2人を見ていて、こんな人たちがいる会社は楽しそうだなと感じていました。
江口のりこさん演じるウメが、なんとも言えない雰囲気満載の伊藤沙莉さん演じるモモを優しく包まこみながら進んでいくストーリーに思わず引き込まれてしまいました。
こんな2人のやり取りをもっと見ていたいなと思うので、定期的に続いてほしいドラマだと思います。
<見逃し動画>第9話
第9話の公式あらすじ

愛想ヘッドバンギング
モモ(伊藤沙莉)がウメ(江口のりこ)に、会社の近くにいい感じの接骨院がないかと聞いてきた。
ランチ中にうなずきながら先輩の話を聞いていた同期たちが、うなずき速度をどんどん上げ、最終的にヘッドバンギング状態になっていたため、「早く助けなきゃ!」と思ったらしい。
先輩に気を使う同期たちの頚椎が心配でならないモモの、熱い思いは暴走。激しく妄想を膨らませ…。

出社する理由
自粛期間後、ウメ(江口のりこ)は久しぶりに会社でモモ(伊藤沙莉)と再会。
ところが、モモはテンションが低く、顔も完全に死んでいた。朝から久々の通勤電車が大変すぎて、老モモ(竹原芳子)になってしまった…と話し、通勤中に抱いた珍妄想について淡々と語るモモに、ウメは苦笑い。
すると、モモは「朝からずっと出社理由を探してるのに一向に見当たらない」と畳み掛け…。

<出典>モモウメ 公式

第9話のネタバレはここをクリック
愛想ヘドバン
仕事にやってきたモモは、いつもの通りウメに声をかけると、突然「この近くでいい整体知りませんか?」と尋ねるのだった。
ウメは「若いのに腰でもやっちゃった?」とモモの体を心配するのだが、首を横に振ったモモはとある悩みを打ち明けるのだった。
モモは先ほど、ランチの時に先輩の話を聞きながら頷いている同期の姿を目撃し、その様子がまるでヘッドバンギングのようだと話し始める。
さらにそれはあくまで愛想をふりまくだけための『愛想ヘドバン』のようだったと、彼女たちの頸椎の心配をしているのだと話す。
モモはこのまま愛想ヘドバンを続ければ、いずれは頸椎を痛めて、人が歩く振動ですら影響を与えてしまうのではないかと、その妄想はさらに膨らんでいってしまうのであった。

まるでドラマーのようだ
あまりの飛躍しすぎるモモの妄想に笑ってしまうウメだったが、モモは「深刻な問題なのだ」とその様子を語り始める。
先輩のアドバイスに首を縦に振り続ける同期たちは、その回数や速度がどんどんと増していってついには頸椎を痛めてしまうと語る。
それを聞いていたウメは「なんでドラマーみたいに頑張るのよ」とその様子を激しいバンドのドラマーのようだと例えるのだった。
さらにモモは、縦に振るだけでなく、実は横にも振ることがあるのだと、話に合わせて「知りませんでした」と感心するように横に振ることもあるのだと説明するのだった。
アドバイスには首を縦に、情報提供には首を横に振ることにより頸椎を痛めてしまう、先輩を建てようとする新人OLの辛さを切々と語るのだった。

健康が一番
先輩の話を聞きながら、首を縦横に振り続ける新人OLを思い浮かべたウメは、その面白さについつい笑ってしまう。
それでもモモは、この首振りのせいでOLの平均寿命を下げている要因なのかもしれないと、本気で同期たちの心配をしているのだった。
そんなモモは「ウメさんはどうだったんですか?」と若かりし日のウメがどうだったのかと質問をすると、ウメもまた「引退勧告されるラグビー選手のようだ」と医師から伝えられたことを話すのだった。
ウメにも同じようなことがあったのかと、OLとしての宿命なのかと残念な顔をするモモに「誰しもが通る道だから」とウメは優しく語りかけるのだった。
「なによりも健康が一番」とそんな話をしていると、モモはランチに誘われているのだと席を立とうとすると、愛想ヘドバンのこともあり、ウメは心配そうに声をかける。
するとモモは「頸椎よりも、愛想笑いで頬骨が固まっているようだ」と、また別の悩みがあることを語ると、ウメは心配そうに「みんなランチ辞めたら?」と声をかけるのだった。

久しぶりの出社
自粛期間というかなり特殊な環境の中、ウメが久しぶりに会社に出社してくると、社内では再会を喜ぶように笑顔で会話をしていることに気がつく。
そんなウメがデスクにやってくると、後ろからモモが『祝再会』とプラカードを掲げてやってくるが、その顔がすっかり老け込んでいることに驚いてしまう。
驚くウメに「久しぶりの通勤電車の辛さにすっかり歳を取ってしまった」と語りかけたモモだったが、ウメが「イケメン」と言葉を発すればすぐにいつものモモに戻るのだった。
そんなじゃれ合いをしていると、モモは通勤途中も、おじいちゃんとの出会いや別れに一喜一憂する時間を過ごしていたのだと聞かされるのだった。
あまりにひどい妄想話に、ウメはそんなモモが心配になってしまうと、モモは「妄想でもしていないと会社に来る意味がわからなくなるのだ」と言われてしまうのだった。

出社の理由
モモの妄想話に笑っていると、モモは周囲の社員もまた出社理由を探しているではないかと声をかける。
確かに、周りにいる同僚たちも、書類の下やデスク周りなど、何かを懸命に探しており、モモは「それこそみんな出社する理由を探しているのだ」と話すのだった。
さらにモモは、山崎まさよしさんのあの名曲になぞらえ、向かいのホームや夢の中なども探したと話したり、その2番の歌詞になぞらえたりするのだった。
自分の話に笑いながらツッコミを入れるウメを見ていたモモは、いつもと変わらないウメを見て「なんでそんなに変わらないんですか?」と疑問を口にする。
しかしウメは「私も自粛期間色々あったのよ」と、肥大化したお団子をモモに見せると、モモは思わず笑ってしまうのだった。
すっかり笑わされてしまったモモは、ハッと何かに気がついたようで「出社する理由が目の前にありました」とウメを見つめる。
そして「これからもよろしくお願いします」と、自分が出社する理由がウメがいることだと伝えるのであった。

第9話の感想はここをクリック
先輩の話に気を使いながら頷く姿を、ヘッドバンギングのようだと考える着眼点には感心させられてしまいますね。
こんな不思議な発想ができるからこそ、このモモウメという楽しい作品が作られるんだなと感じます。
出社の理由もまた、ウメがいるから会社に来るんだと素直な気持ちを伝えれるモモみたいな可愛らしい後輩がいるのも羨ましいですね。
<見逃し動画>第8話
第8話の公式あらすじ

結論から話して
モモ(伊藤沙莉)に「最近よく、結論から話せって怒られるんです」と切り出されたウメ(江口のりこ)は「今も結論から話した方がいいんじゃない?」とバッサリ。
珍しくピリついた空気に思わず沸いた2人は、ピリつきをネタに、与太話で盛り上がってしまう。
そんな中、モモは「結論を話すことがそんなに大事ですかね?」と問題提起。
やけに哲学めいた持論を展開し…!?

ハイウェイから
遠距離恋愛で悩むよっちゃん(鞘師里保)は仲良しのモモ(伊藤沙莉)と一緒に、ウメ(江口のりこ)に相談。
すると、ウメは恋愛相談のプロに声をかけてくれたという。その直後、ウメのスマホにビデオ通話が着信した。
相手は、なぜかハイウェイでバイクのエンジンをふかす姉さん(栗山千明)!
姉さんは謎のエネルギー全開で恋愛相談に乗るのだが、これが想像以上にカオスで…

<出典>モモウメ 公式

第8話のネタバレはここをクリック
結論から話せ
『マンスリーシャベンジャーズ』と書かれた立て札の前で、センターマイクを前にしたモモとウメが立っている。
まるで漫才のような雰囲気の中、モモはウメに「最近結論から話せとよく言われるのだ」と話し始めるのだった。
その意見に賛同するウメは「早速結論から話したほうがいいと思うよ」と今回もその結論から話すことを勧めるのだった。
しかしそれを聞いたモモは急に不機嫌になると、その雰囲気を感じたウメが「ピリつきはじめたね」と警戒をしながら様子を見ていた。
するとモモは「ピリツキハジメが生まれましたよ」と語り始めると、そのピリツキハジメがかなり複雑な家庭環境で育ったためピリついているようだと話を続ける。
訳のわからないキャラクターの登場に、さすがのウメもツッコミの手を止められずにおり、モモとウメの漫才が展開していくのだった。

やっと本題
ピリツキハジメの話をするなか、ようやく本腰を入れて悩みを切り出そうとしたモモだったが「早く結論から話しなさいよ」とウメにせっつかれるとまたしても苛ついてしまう。
心配するウメだったが、モモは苛ついていたのではなく、ウメのことを「えぇ先輩や」と感心していたようでウメも安心する。
しかしよくよくモモの話を聞いてみると「良い先輩だ」と話しながらも、その直後には「しばき倒したい」など物騒な言葉を並べウメはさらに心配になっていく。
するとモモは「結論から話すことがそんなに大事なことですか?」とさらにそのストレスをぶつけてくるのだった。
ウメが「大事なことよ」と返すと、モモはあの有名な歌になぞらえて「負けないことや投げ出さないことや逃げ出さないこと)りもですか?」と返してくる。
さらに内見の時に大切なことなども歌に入れてほしかったなど、さらにモモの話は脱線し続けるのだった。

結局結論は
すると今度は、モモは「自分たちは起承転結派閥じゃないですか?」と結論よりも順序立てた話をすることの大切さを力説していく。
あまりにも回りくどい話に今度はウメがピリつき始めると、モモは「ピリツキハジメシーズン3突入ですね」と更に話の腰を折ってくる。
さらにモモはピリツキハジメのライバルであるオラツキマサトを登場させると、ヒロインのイチャツキキョウコを巡る戦いが始まるのだと説明する。
新たに新しいキャラクターが出てきたことでさらに話が進まなくなると、ウメは「結局結論はなんなのよ?」と尋ねるのだった。
するとモモは「結局、イチャツキキョウコはピリツキハジメと結ばれるのだ」と話すと、呆れるウメがツッコミを入れて漫才に落ちをつけて終わらせるのだった。

恋愛相談
ある日、同期で一番仲がいいよっちゃんを連れて会議室にやってきたモモは、そこで待っていたウメに「これからよっちゃんはどうしたらいいんですかね?」と話しかける。
よっちゃんには彼氏がおり、その彼氏が転勤で今は遠距離恋愛になってしまったようで、これからその彼氏とどうするべきなのかと質問をする。
するとウメは「恋愛のプロに声をかけているから相談するといい」と話しかけ、かかってきた電話でビデオ通話に切り替えるのだった。
するとそこには、大型バイクにまたがりハイウェイの路肩に止まっている姉さんが現れるのだった。
突然の姉さんの出現やハイウェイという場所に思わずツッコミを入れてしまうモモだったが、姉さんは「恋愛相談に乗るにもエネルギーがいるの」とさらにカオスな状況説明をするのだった。
姉さんに初めて会うよっちゃんは、不安な顔をしながらも、ウメたちに促されて遠距離恋愛の相談を話し始めるのだった。

シンパシー
遠距離恋愛で不安な気持ちを姉さんにぶつけたよっちゃんは、いつものあの雰囲気の姉さんに少しだけ困惑していた。
話を聞き終えた姉さんが少しだけ考えると、よっちゃんの目を見て「貴方は強い子」と優しく語りかけるのだった。
質問や疑問を投げかけようとするよっちゃんだったが、それよりも先に姉さんがそれを征すると「世の中には強い人と弱い人がいる」と語り始める。
そして「強い人が弱い人をいじめるのではなく、強い人が弱い人を守るのよ」と語り、強い子であるよっちゃんは同様に不安を抱える彼氏を守ることができると告げられる。
姉さんのアドバイスに相変わらず笑ってしまうモモとウメだったが、意外にもよっちゃんの心には刺さっており、そんなよっちゃんに姉さんもシンパシーを感じる。
すっきりしたよっちゃんを見て安心した姉さんは「そろそろ行く時間」と語り、バイクのエンジンをふかして夜のハイウェイへと消えていくのだった。

第8話の感想はここをクリック
モモとウメのかなり仕上がった漫才に、いつものオフィスの会話とは一味違った面白さがありました。
スタートから途中の脱線、そして次々と出てくるキャラクターや、見事な落ちのっけ方など、かなり見事な漫才でしたね。
そしてかなり真面目そうなよっちゃんと、異色の姉さんのまさかのシンパシーなど、モモウメの2人だけでなく、他のキャラクターもかなり味が出てきましたね。
<見逃し動画>第7話
第7話の公式あらすじ

マウントバトルロイヤル
自粛期間が明け、久々に出社したモモ(伊藤沙莉)は、給湯室でマウント女子(青山めぐ)たちが自粛期間の過ごし方でマウントを取り合う現場を目撃。
さっそくウメ(江口のりこ)に「うちの会社では、マウントの取り合いが正式な競技スポーツに認定されたんですよ」と言いながら、さっき見たばかりの試合を報告する。
ウメもうっかり乗せられ、2人はツッコミ合戦で盛り上がり…!

論理的思考
風邪を引いたため、早めの帰宅を考えていたウメ(江口のりこ)。
すると、モモ(伊藤沙莉)が「こういう時こそ論理思考」と言いだし、強引にウメが仕事をできる状態かどうか診断し始めた!
さらに、会社が今まさに繁忙期であることを気にするウメを見たモモは「はぁ~」と、大きくため息。
いきなり謎のキャラが登場し、人生について説き始め…!

<出典>モモウメ 公式

第7話のネタバレはここをクリック
マウントバトルロイヤル
自粛期間が明け、モモは久しぶりに会社に出社してくると、自粛期間をどう過ごしたかという女性社員の話し声が給湯室から聞こえてくる。
その話に聞き耳を立てていたモモは、その話に興味が湧いてきてしまい、デスクに戻るとすぐにウメに声をかけるのだった。
自粛期間中はリモートで顔を合わせていたものの、久しぶりに会った自分にテンションが上がるモモを宥めたウメは、どうしたのか?と質問をする。
すると思い出したかのようにモモは、先程給湯室で話していた女性社員たちの話が、以前にもあった「マウントの取り合いだ」と鼻息を荒くしながら語るのだった。
自粛期間中に、自分がどれだけ充実していた時間を過ごせたのかと、多くの女性社員たちがそのことでマウントを取ろうと必死になっており、まさに「マウントバトルロイヤルだ」とさらに興奮するのだった。

まるで格闘技
その女性たちのマウントを取り合う攻防戦は、まるで格闘技のようだと話していたモモは、この競技が会社で正式なものだと認められているのだと話し始める。
モモの突飛な話についつい笑ってしまうウメは、さらにその競技を間近で見に行こうと誘われるが、やんわりと断るのだった。
残念がるモモだったが、そこで女性社員たちの会話を再現してみることにし、料理の腕を上げたと話す女性に、別の女性は「彼氏が作るのが好きで作らせてもらえなかった」と返したという。
それを聞いたウメは思わず「一本」と叫んでしまうほどの見事なマウントのとり方に、さらに興味が湧いてきてしまうのだった。
次にモモは、ブランドコスメを買いすぎたという言葉に対して「すっぴんのほうが良いって言われたからあんまりメイクできなかった」と話す。
またしても見事なマウントのとり方に、モモとウメは「一本」と声を添えて叫んでしまうのであった。

何やらしんてんのよ
さらに見事なマウンティングを見せる女性社員は、高価な猫を飼っている女性社員にも「彼氏がいないとペットにお金をかけられていいな」とこちらも見事な返しをするのだった。
激しいマウントの取り合いに笑ってしまうウメだったが、モモはさらに「そのマウンティングマウンテンの頂もまた孤独なのだ」と語りさらに笑わせる。
一昔前はマウンティング女子だったウメに対して、モモは「昔の血が騒ぎませんか?」と質問をすると、ウメは「もうそんな年じゃないよ」の返事をする。
そんなウメに、モモはマウンティングのボスのような雰囲気を醸し出してウメを引き込もうと語りかけるのだった。
最初は呆れていたウメだったが、それに乗っかることにすると、マウンティングマウンテンは更に高くなり続けているのだと語る。
「何やらしんてんのよ」と笑いながら我に返ったモモとウメは、こんなくだらない時間を楽しむのであった。

論理的思考
ある日モモは、隣のウメが体調悪そうにしていることに気が付き「ウメさん風邪ですか?」と尋ねる。
風邪を引いていると聞いたモモは、体調が悪そうなウメを心配しながらも、帰られると寂しいという複雑な気持ちになってしまう。
そこでモモは「部長の言っていた論理的思考を試す時だ」と語ると、熱はないか?咳は出るか?だるくないか?と質問をぶつける。
その全ての質問に「ある」と答えるウメだったが、それを聞いても「まだいける!」と強く言い放つモモに思わずウメは笑ってしまう。
その後もどんな質問に対しても「ある」と答えるウメに「まだいける!」と声をかけ続けるモモに、呆れながらも笑ってしまうのだった。
それでも体調の悪そうなウメだが「会社が大変なときに少しでも仕事を進めたいんだ」と真剣な表情でモモに伝えるのだった。

会社のカイちゃん
そんなウメが仕事をしていると、モモはどこから取り出したのか緑色のパペットを取り出すと「カイちゃんだよ」と自己紹介をする。
カイちゃんになりきったモモは「ウメさんはなんのために働いてるの?」と質問をすると、少し考えたウメは「生活のためかな」と答える。
するとカイちゃんは「自分の幸せのために仕事をして欲しいな」と語りかけると、その優しさに思わずウメは言葉を失ってしまう。
そして厳しい口調ながらも優しい言葉をかけるカイちゃんは「ボクは会長であり会社であるんだ」と語ると、家に帰って休むようにと語りかける。
その言葉を喜んだウメは、仕事を終わらせ帰るつもりだと話すと、横からモモが顔を出し「誰がこの仕事するんですか?」と山積みの資料を叩くと、ウメは「それだから帰りづらいんだよ」と笑って答えるのだった。

第7話の感想はここをクリック
久しぶりのマウンティングマウンテンの登場で、マウンティング女子の見事な攻防戦がかなり面白かったですね。
謎のパペットカイちゃんの出現など、ほんとモモのあのテンションは体調の悪いウメを笑わせるほどで本当に楽しそうですね。
そして何より、呆れながらもモモにのっかってあげるウメの優しさにこちらも思わず笑ってしまいますね。

<見逃し動画>第6話
第6話の公式あらすじ

サクサクのリズムに合わせて
ウメ(江口のりこ)は、モモ(伊藤沙莉)が仲良し同期のよっちゃん(鞘師里保)とモヤモヤしながらしょんぼりしているところに遭遇する。
よっちゃんがグチを言わない性格だと知ったウメは、精神状態を心配。
「こういうのを食べたら、サクサクグチとか小言が出てくるんじゃないの?」と、ラスクを取り出す。
そこで、よっちゃんはラスクを食べながら、グチを言ってみるのだが…!?

奢られるならこれくらいは知っておくべき?
突然、モモ(伊藤沙莉)がウメ(江口のりこ)に向かって、結構前におごってもらったランチのお礼を述べてきた。
同期が課長に「おごられる側にもマナーがある」と怒られているのを見てしまったのだという。
しかし、いまいちピンと来ていないモモは、ウメに“おごられる側のマナー”を教えてほしいと懇願。
ウメのレクチャーを受け、モモは練習してみるが、次々とダメ出しを食らい…!

<出典>モモウメ 公式

第6話のネタバレはここをクリック
奢られる礼儀
デスクにやってきたウメは、突然モモから「先週の木曜日ランチ奢っていただきありがとうございました」とお礼を伝えるのだった。
突然でさらにかなりタイムラグのある御礼の言葉に困惑するウメに、モモはついさっき、同期が上司から「奢られる礼儀もあるのだ」と叱られているのを見たのだと話す。
モモの突飛な行動を理解したウメは、人によってはそういうのを重んじる人がいることなどを説明すると、相手を見極めるさじ加減が必要なのだと説明する。
そのさじ加減が難しいと感じているモモは、そのレクチャーをウメにお願いすると、お店での一幕をコント形式で始めだすのだった。
モモは伝票が来たら、教えられたようにお財布をさっと取り出し、さらに払う意志のある表情をウメに見せるのだった。
ナイスな演技を褒められるモモだったが、逆にその固すぎる意志の表情では払わせたくなるかもしれないと伝え、心の葛藤を見せるべきだと説明するのだった。

さらなる礼儀
ウメに言われた通り、モモは払う意思を見せながらも、今月がピンチであるという表情を浮かべると、ウメは笑いながら「うまいじゃない」と合格点を与えるのだった。
なんとかその練習ができたものの、モモはさらに別の礼儀があるのだと話すと、完璧に奢られる相手の場合は先に手を付けてはいけないのだと説明される。
その練習もしておきたいとウメとまたコント形式でそのシーンを再現すると、運ばれてきた料理をウメに勧められるがまま先に食べてしまう。
モモを止めたウメは、どんなに勧められても先に食べてはいけないのだと、これがまるでトラップのようなものだと語り、さらにモモを困らせるのだった。
一つ一つの礼儀に困惑してしまうモモは、まるで逆ギレのように「奢る方も少しは心の葛藤をすべきだ」と持論を展開しはじめる。
あまりに自分勝手なモモの持論に呆れ気味のウメは「そこまでして奢りたくない」と話すと、モモは必死に前言を撤回していくのだった。

結局最後は笑顔
奢られる側の礼儀について理解したモモは、なかなか手間のかかる礼儀作法にうんざりしてしまうのだった。
するとウメは「結局最後は笑顔で『ごちそうさま』と言われれば嬉しいのだ」と礼儀よりも気持ちが大切であることを伝えるのだった。
それを聞いたモモは、それも練習してみたいとまたしてもコント形式で、そのシーンを再現することにすると、ウメから誘われるのをじっと待つ。
そしてウメが「モモちゃん、今夜」と言いかけたところで、モモはフライング気味にお礼を伝えるのだった。
さらにそれなら嫌がられないと感じたモモは、さらに食べるものや〆のご飯、さらにはデザートのことにも先にお礼を伝える。
加えて帰りのタクシー代までねだろうとするモモに、ウメは呆れながらも笑ってしまい、絶対にこんなやつには奢りたくないと語るのだった。

愚痴は言い合うほうがいい
ある日取引先から帰ってきたウメは、食堂のテーブルにいるモモを発見すると、そのテーブルに近寄っていく。
モモは同期で一番仲がいいさっちゃんとおしゃべりをしていたようで、それに気がついたウメは「いいわねぇ」と笑顔をこぼすのだった。
すると2人の表情が曇ったことに気がついたウメは、どうしたの?と慌て始めると、モモから普段の鬱憤がたまってしまい気分が落ち込んでいたのだと説明するのだった。
それを聞いたウメは「愚痴は嫌な人にすれば角が立つが、愚痴を言い合ってすっきりすることが一番だと」2人に言い聞かせる。
さらにウメは、我慢して潰れるよりは好きなこと言って発散したほうがいいに決まっているとその経験からくる持論を展開し2人を納得させるのだった。

ラスクらしく
それでもなかなか話そうとしない2人に、ウメは先ほど取引先から貰ってきたというラスクのお土産を取り出すと「これを食べながら話そう」と伝える。
モモは「もしかして一人で食べようとしてました?ラスクだけに策士ですね」と伝えると、そんなモモに呆れながらもラスクを勧めるのだった。
ラスクを食べ始めると、さっちゃんから日頃の鬱憤について語り始めると、知らない人とのエレベーターが気まずいこと、リップを知らずに買い足してしまうことなどどれも可愛い悩みを口にするのだった。
あまりに可愛いさっちゃんの愚痴にほっこりするウメは、次に愚痴というよりは願望を語り続けるモモに思わずツッコミをいれてしまうのだった。
最後にウメが話すことになり、日頃めんどくさく絡んでくるモモの愚痴を語り始めるが、最後は「会えないと寂しく感じる」と語りモモを感動させるのだった。
愚痴を言い合った3人は、スッキリした表情でサクサクとラスクを笑顔で食べ進めるのであった。

第6話の感想はここをクリック
奢られる礼儀ってわりとめんどくさいことが多いんですが、やっておくとその後も可愛がられたりするので、知っておいたほうが便利ですよね。
後半のラスク編では、元モーニング娘の鞘師里保さんが同期のさっちゃん役で出演し、さすが元アイドルということもありかなり可愛らしかったですね。
まさかと思いましたが、江口のりこさんも踊りを披露するなど、なかなか見ごたえのある回でした。
<見逃し動画>第5話
第5話の公式あらすじ

ナスリー&ツケリー
モモ(伊藤沙莉)は続けざまに部長(皆川猿時)に注意されている。それを目撃したウメ(江口のりこ)は「話、聞こうか?」と切り出す。
すると、モモが「今から部長の件、報告するので」と言って、ウメに手書きの用紙を手渡してきた。
しかも、いきなりミニキーボードを取り出したかと思うと、事の顛末をまとめた自作の歌を歌い始め…!?

イライラしてる部長には干し芋
部長(皆川猿時)から登山に誘われたモモ(伊藤沙莉)は恐怖に震え、ウメ(江口のりこ)に「断りたいんです。何とかしてください」と相談。
結局、ウメに付き添ってもらい、給湯室にいる部長を捕まえ、断りを入れようとする。
ところが、2人が給湯室に近づいた途端、中から部長が誰かと話す声が聴こえてきた!
モモとウメはタイミングを伺うが、やがて“驚愕の光景”を目撃し…!?

<出典>モモウメ 公式

第5話のネタバレはここをクリック
心配するウメ
ある日、ウメがコピーから帰ってくると、部長からこっぴどく叱られているモモの姿に気がつくのだった。
それは周囲からも心配されてしまうほど長く、どんどんとヒートアップしていく部長の怒りに、さらに気の毒そうな視線がモモに向けられるのだった。
すっかり項垂れて戻ってきたモモにウメは「大丈夫?話なら聞こうか?」と優しく気遣うような言葉をかけるのだった。
優しく声をかけられたモモであったが、紙を一枚取り出しペンで何かを書き始めながら「今は一人で考えたいんで」と黙々と作業をし始めるのだった。
モモの気持ちを察して仕事に戻ったウメだったが、そこでモモから「今日はまだ会社にいますか?」と質問され、ウメは優しく頷くのだった。
その日の夕方、大きなカバンを持ってきたモモが「お待たせしました」と、先程の愚痴をこぼす準備ができたと伝えるのだった。

ナスリーツケリー
モモから紙を渡されたウメは、そこに楽譜が書かれていることに気がつくと、モモは大きなカバンから電子ピアノを取り出すのだった。
突然のモモの行動に困惑するウメだったが、そんなウメを気にも留めずにピアノを弾き出したモモは突然歌い始めるのだった。
モモは先ほどの部長とのやり取りを歌にしていたようで、そこで部長から言われてもいないことで怒られたのだと歌い出す。
ミスをなすりつけられたと言う歌詞に、かなり耳障りのいいメロディーを奏でていくモモに、ウメも少しずつ笑顔になっていくのだった。
さらに2番に突入すると、今度は会議で「資料がない」と叱られたエピソードになり、ただ忘れただけの部長がそれに気がつくと「俺にも立場ってもんがある」という言い訳をされたのだと語られるのだった。
「皆が楽しく仕事ができればいいのに」と締めくくると、ウメはすっかりその曲が気に入ってしまい、それを聞いたモモは大喜びするのだった。
すっかりスッキリしたモモは、そのピアノは総務から借りてきたもので、午後の仕事は全部明日に回したと話すと、翌日その仕事を手伝う約束をしてモモを喜ばせるウメなのであった。

クライマーに見えます?
ある日モモが慌てた様子でデスクに戻ってくると「私ってクライマーに見えます?」と唐突な質問をウメにぶつける。
ウメはてっきり先日話していたマウンティングマウンテンの話かと勘違いするが、モモは「部長から登山に誘われた」とその悩みを告白する。
部長に登山の趣味があったことに驚くウメだったが、どうしても行きたくないのだとモモは本音を漏らしてしまうのだった。
なんとか断ろうと、親戚の法事だと伝えたのだが、部長は日を改めると登山への熱意を頑なに固辞し困っているのだと話すのだった。
その手がだめなのであれば、ちゃんと断ることが大切だとウメから言われていると、その横を部長が通り過ぎていくのが目に入る。
今がチャンスではないかと言われたモモは、不安になりウメを引き連れ部長の後を追っていきチャンスを伺うことにするのだった。

部長の悩み
部長の後を追ってチャンスを狙うモモたちは、給湯室で誰かと話している部長の姿を発見し声をかけようとする。
しかし部長は誰かと話しているようで、その話し相手の仕事っぷりに苦言を呈しており話しかけるタイミングを無くしてしまう。
デスクに戻りまた別の機会を伺おうとしたモモたちだったが、部長の笑い声が聞こえてくると、その場の雰囲気が和んだのかと安心し声をかけようと動き出す。
しかしまたしても真剣な表情に戻った部長は、今度は役職や加齢からくる身体的な悩みを語り始めると、またしてもチャンスを逃してしまうのだった。
さらに部長はキラキラ星の曲調に合わせその悩みを歌いだしており、モモやウメは一体誰と話しているのか、そしてその歌はなんなのかとどんどん気になってしまうのだった。

衝撃の事実
給湯室での部長の歌と笑い声そしてときおり見せる真剣な表情のうつりかわりに、モモやウメはその悩みの大変さに共感してしまうのだった。
そんな部長が給湯室から出ていくのが見え、また登山を断るために後を追って行こうとしたウメは、ふと給湯室に目をやる。
するとウメは、その場に誰もいないことに気が付き、あまりの衝撃に言葉を失ってしまうのだった。
さっきまでの歌や会話が全て部長の独り言だったと理解したモモとウメは、寂しそうに通路を歩いていく部長の後ろ姿をじっと見つめてしまう。
あまりに可哀想に感じたウメが「一緒に登山いってあげなよ」とモモに声をかけると、モモは「さすがに無理っすね」と引きつった笑顔を浮かべるのであった。

第5話の感想はここをクリック
ミスをなすりつけられ、それを立場のせいに逃れようとする上司のことを明るく歌いながら話せるモモはいいですね。
そしてあのナスリーツケリーの曲も、なんとも耳に残るメロディで、ついつい口ずさんでしまいそうになりました。
そんな部長も独り言をずっとしゃべってしまうくらいストレスを感じているようで、あれを見せられたらさすがに一緒に登山なんか無理ですね。

<見逃し動画>第4話

第4話の公式あらすじ

セイロニスト
モモ(伊藤沙莉)が「正論ばっかり言ってくる人たちって何なんすか」とこぼすと、ウメ(江口のりこ)が「あー“セイロニスト”ね」と返してきた。意外にもウメはセイロニストに憧れるという。
納得の行かないモモは、サバサバ系セイロニストの例を列挙し、ウメにそれでも好きか確認。すると、徐々にウメの歯切れが悪くなり、2人のし烈なせめぎあいが始まってしまう!

回せ、根を回せ
モモ(伊藤沙莉)がいきなり「“根回し”って何すか?」と、ウメ(江口のりこ)に尋ねてきた。
新企画を考えて社内の姉さん方に意見を聞いたところ、ことごとく「根回しが足りない」と言われてしまったという。
悩めるモモのため、根回しについて説明するウメ。
ところが、モモは「普通に説明されても全然入ってこない」とぶった切り、ウメにムチャぶりを始め…!
<出典>モモウメ 公式

第4話のネタバレはここをクリック
セイロニスト
ある日の昼前、モモは「私何か間違ったこと言ってる?」と同僚に詰め寄る女性社員がいることに気がつくと、言われている女性社員が困惑していることに気がつく。
そんな女性社員を見ていたモモは、足早にデスクに戻っていくと「ウメさんは正論を吐く人ってどう思います?」と質問をぶつけるのだった。
それを聞いたウメは「あぁ、セイロニストね」と答えると、モモはそんな即座にウメによって作られた言葉に思わず笑ってしまう。
そんなことも気にしないウメは、ネット上などでスパッと正論を唱え周囲を黙らせるその姿がカッコいいと話すと、さらにそんかセイロニストが好きなのだと話すのだった。
モモはそんな正論をはく人はだいたい色んなところで様々なことを発信しており、あまり信用ならないと返すが、ウメは「正しい論理と書いて正論なのだ」とそのセイロニストの素晴らしさを語るのだった。

好きか嫌いか
それを聞いていたモモは、正論を語る人をどう思うのかと、細かく例を挙げながらウメに尋ねることにするのだった。
まずは「正論ズバズバ言っちゃうタイプなんだよね」という人はどうですか?と尋ねると、少し迷いながら「好き」だと答える。
さらに別のタイプとして「仕事が辛いと語る人に、選んだのは自分でしょ?って言う人は?」と聞かれ、ここも迷いながら「好き」と答える。
さらに矢継ぎ早にモモから繰り出されるセイロニストの発言に、ウメは迷いながらも「好き」だと答えていくが、その歯切れがどんどんと悪くなっているのをモモは楽しそうに見ていた。
どんどんとモモから繰り出される嫌みなセイロニストの例えばなしに、ウメの回答もどんどん遅くなっていく。
そんな様子をモモは「白いウメさんと黒いウメさんがせめぎあっている」と笑いながら様子を見ていた。
しかしついに我慢の限界を迎えたウメは「好きやない!むしろ嫌い」とついに本音をこぼしてしまうと、セイロニストという言葉を発した時から間違っていたとその後悔を口にするのだった。
それでもウメも昔はかなりの世論をはくサバサバ系女子だったと語ると、その様子を聞いたモモは「機嫌が悪い人ですね」とツッコミをいれるのだった。
そんな下らないはなしをしていると、お昼休憩の時間になり、ウメが「サバの文化干し定食を食べよう」と語ると、すかさず「さすがサバサバ系女子」と声をかけウメを笑わせるのだった。

根回しってなに?
ある日【企画書】とだけ書かれた真っ白なパソコンの画面をじっとにらみ続けるモモに気がついたウメが声をかける。
すると気だるそうにしたモモは「根回しってなんですか?」と尋ねてくると、企画書の相談をしたモモが他の先輩方から「根回しが足りない」と言われたのだと言う。
さらに他の先輩たちからも「根回しが足りてない」と言われてしまい、モモは根回しとは一体なんなのかと訳がわからなくなってしまったのだと話すのだった。
何を見て勉強すればいいのかと、さらに混乱しているモモにウメは優しく教えようとするのだが、それを制止したモモは「歌でお願いします」と無茶振りをするのだった。
いきなりの無茶振りに困惑しながらも、音楽をかけられマイクを手渡されたウメは「根回しとは事前準備、思いやり、それが理」と見事なラップを披露するのだった。
あまりに見事なラップに大爆笑したモモは「今度は体で覚えます」と語ると、タオルに根と書き込み、それをブンブンと回しながらのり始めるのだった。

内容5割、根回し5割
そんなモモに引っ張られたウメは、再度サングラスを掛けマイクを手にすると、企画書作成ラップを歌い始めるのだった。
そこでウメは、企画書を作るときに一人で作るのではなく、時には上司に相談することにより、それが2人で作ったものになるのだと話す。
さらにそのことで愛着がわき、同じ内容でもそちらを選ぶはずだと話すと「企画書は内容5割根回し5割それが理」とまたしても見事なラップを歌い上げるのだった。
そんなウメのラップに、モモとウメの脳内にはさながらライブ会場のような賑やかな雰囲気になり、他の社員も巻き込んでの大にぎわいとなるのだった。
さらにサビともいえる「内容5割根回し5割それが理」と見事なポーズでその歌を締め括ると、我に返った2人は笑いながら「わかった?」「わかりました」と会話をするのだった。
それでも楽しさが消えないモモは「今度はボサノバでお願いしてもいいですか?」と尋ねると、ウメは呆れて笑いながら「もあやらない」と答えるのだった。

第4話の感想はここをクリック
今回もまたかなり楽しそうな2人の様子や、自然に笑っているような掛け合いにこちらも思わず笑ってしまいますね。
それにしても根回しについては、かなり核心をついてるような話でしたが、モモウメの2人にかかると、それすらも薄れてしまう感じが緩くてとてもいいですね。
そして何より、あのラップのライブを誰よりも楽しそうにしているモモ役の伊藤沙莉さんの可愛らし笑顔がなんとも素敵な回でしたね。
<見逃し動画>第3話
第3話の公式あらすじ

バレンタイン大会議
モモ(伊藤沙莉)はデスクの上に「迷える乙女、昼休み、第2会議室に集合」と書かれた紙が置いてあるのを発見。
ウメ(江口のりこ)によれば、女子向けの講習会みたいなもので、ウメも参加するという。
実態がわからないまま、モモはウメと共に会議室へ。すると、基本的に人の話を聞かない姉さん(栗山千明)が颯爽と登場。
バレンタインの義理チョコについて一方的に話し出し…!

ワセリンの王子様
モモ(伊藤沙莉)が突然、ウメ(江口のりこ)に「私、幸せです」と言ってきた。
天才薬剤師・早稲倫太郎(有澤樟太郎)と大学生・笠月ハジメ(小西詠斗)が織りなすBLマンガ「ワセリンの王子様」のミュージカル版が上演される季節が近づいてきたからだ。
この作品が大好きなモモは、たぎりまくり。知識ゼロのウメから魅力を尋ねられるや、食い気味に劇中のセリフを再現しだし…!

<出典>モモウメ 公式

第3話のネタバレはここをクリック
迷える乙女たち
ある日会社に出社してきたモモは、慌てた様子でウメのもとに駆け寄ると「まるで怪文書のようなものが送られてきた」と慌てた様子で相談してくる。
モモが持っていた紙には『迷える乙女、お昼休み、第2会議室に集合』と書かれているのだった。
それを見たウメは「とうとうあんたにもそれが来たか」と何か含んだような笑みを浮かべると、その裏には『バレンタイン大会議』と書かれているのであった。
デスクに向かいながら、モモはそれがどんなものなのかとウメに必死に聞いてみると、ウメによれば女子向けの講習会なのだと知らされる。
その内容が更に気になったモモは、どんな内容なのかの聞いているのだが、ウメからは曖昧な返事しか帰ってこずさらに不安になっていく。
それでもウメも参加するのだと聞かされると、不安な気持ちを拭えないまま、モモもその講習会へと参加することにするのだった。

話を聞かない姉さん
お昼休み、ドキドキしながら講習会が行われる第2会議室へとやってきたモモは、そこに思った以上に女子社員がいることに驚く。
そんな女子社員の間をすり抜けたモモとウメは、マイクテストをする通称姉さんの近くまでやってくる。
そしてウメからは「今日は私達が書紀だから」と伝えられると、ゆるく気になったことを書き込めばいいのだと説明され、モモはパソコンの前に立つのだった。
姉さんの独特な色気のあるマイクテストにこっそりのツッコミを入れながら、その講習会が始まるのを心待ちにしていると、ついの姉さんの講習会がスタートするのだった。
まず姉さんは「ラーメンの替え玉問題」と称して、ラーメン屋に行ったときに女子が替え玉をしていいかという議題を上げると、統計の結果それを良しとする判断を下す。
さらに飲み会での飲み物選択の自由などを提唱すると、さらにバレンタインの義理チョコを送ってもいいと決定すると、女子社員たちは歓声を上げる。
そんな中、突然「本命チョコは上げてもいいのか」という質問がされると、いつも話を聞かない姉さんだったが、その話に食いつくなど、モモはその面白すぎる会に大満足するのだった。

モモがはまっているもの
ある日仕事中にも関わらず動画を見ていたモモは、ウメに声をかけると「お気に入りのBLがあるのだ」と語りかけるのだった。
BLにことごとく興味のないウメは、その作品を当てるように言われるのだが、引き出しのないウメは答えることができずにいるのだった。
するとモモは、大きなホワイトボードを取り出してくると、そこに貼られた『ワセリンの王子様』というポスターを指差し「これです」と語るのだった。
ポスターを見てもピンとこないウメは、さらに原作があることやその原作のビジュアルがポスターの2.5次元俳優のものとかけ離れすぎていることに驚いてしまうのだった。
ウメは「ちゃんと説明してくれれば好きになる可能性もある」と語ると、モモは作品の中の言葉を引用して魅力を伝える。
しかしいくつかのセリフを伝えながら「ねっ」とドヤ顔でウメを見つめるモモだったが、それのどこに刺さる要素があるのかと、全く興味が沸かないことを告げられるのだった。

BLの魅力とは
そこまでされたウメだったが、ちゃんとした魅力を伝えてもらわないと、それにハマるかどうかわからないと話す。
その言葉にピンときたモモは、BL作品にはしょーもない女が出てこないことにより、現実社会で疲れた女性たちの心を鷲掴みにしているのだと語るのだった。
その的確な内容に思わず頷いたウメに、さらにモモは「越えられない壁もまたいい魅力だ」と話始める。
そしてモモは、この『ワセリンの王子様』では、ワセリンを人差し指には塗れるのだが、中指にはなかなかいけないことなど、独特すぎる内容をさらに熱く語り始めるのだった。
一度は納得しかけたウメだったが、やはり独特すぎるそのストーリーに「やっぱりはまれそうもないかもしれない」と呟くのだった。
そんなウメになんとか興味を持ってもらおうと、ワセリンの王子様のミュージカルで歌われる曲を歌い出すのだった。
その曲を聞いていたウメが笑いながらモモを止めると「それちょっと好きかも」と話すと、モモは嬉しそうに笑いながら「やった」とつぶやくのであった。

第3話の感想はここをクリック
かなり面白い雰囲気のあるモモとウメですが、そんな2人のキャラすらも食ってしまうような雰囲気の姉さんにはかなり笑わせてもらいました。
しかも栗山千明さんがその姉さん役をやっており、綺麗な顔からは想像もつかない振り切れたあの演技はかなり面白かったですね。
そしてモモがハマっているというBLのミュージカルなど、本作の設定もさることながら、それに関連するものの設定もかなりぶっ飛んだもので、2人の会話だけでなくそんな裏設定を楽しめたりするドラマですね。
これからも2人でダラダラ話をしながらツッコミを入れたりボケたりという絶妙な掛け合いを楽しんで行きたいと思います。
<見逃し動画>第2話
TVerでの配信は終了しました。
第2話の公式あらすじ

完璧主義はダメ
ウメ(江口のりこ)から部長(皆川猿時)に提出する資料の作成を頼まれていたモモ(伊藤沙莉)は、締め切り15分前に進捗状況を確認され、しどろもどろ状態に…。
その矢先、ウメの目の前で電話に応対し始めたモモは、どうやら資料提出がギリギリになると言っている通話相手に対し、「こだわりたいのはわかるけど、完璧主義はよくない」と、ものすごい勢いで熱弁をふるい…!

アレオレ詐欺
モモ(伊藤沙莉)が「高級なお茶を淹れたので、一緒に飲みませんか?」と、ウメ(江口のりこ)に声をかけた。実のところ、モモがお茶を淹れるのは決まって荒れている時。
ウメが指摘すると、モモは「徹夜で作った資料が上の人たちだけの手柄になってて…」と打ち明け、湯呑に怒りのチョップをお見舞い! さらに「こういうのって“アレオレ詐欺”って言うらしい」と具体例を挙げ…!?

<出典>モモウメ 公式

第2話のネタバレはここをクリック
期限まであと10分
いつものようにデスクに座り仕事をしていたモモの隣にウメがやってくると「部長から頼まれてた資料どうなった?」と尋ねてくるのだった。
そのウメの言葉にモモは思わず狼狽えてしまうと、さらに提出期限が10時までだと伝えられ、デスクの上の時計に目を落とす。
その時計は9時50分を指しており、モモは平静を装いながら「もちろんやってますよ」とあたふたしながら答えるのだった。
ウメから怪しい視線を向けられるモモだったが、そこでスマホを取り出すと「仕事の電話がかかってきた」と語りその電話に出るのだった。
後輩から電話がかかってきたのか、モモは資料の提出が遅れていることを注意しながら「50点の出来でもいいから早めに提出することが重要なのだ」といつになく真面目に説明をするのだった。

優しいウメ
モモの厳しくも愛のある説教を隣で聞いていたウメは、モモがちゃんとした考えを持っていることに気がつくのだった。
しかしそんな説教に熱の入るモモは、次第に熱くなりついにはスマホをデスクに置いて話し始めてしまう。
雲行きが怪しくなってきたと感じたウメは「それは自分自身に言ってないか?」と思わずツッコミを入れてしまう。
さらにモモの説教は変な方向へと進んでいき「そもそもその資料もその人にとってはそこまで大事なものじゃないかもしれない」と自分を庇うような言葉を並べ始めるのだった。
熱い仕事の話を終えたモモが電話を切ると、さすがに怪しく感じたウメは「本当はどうなの?」とモモに鋭い質問をぶつけるのだった。
するとモモは「50点どころか30点にも満たないような資料しか作れませんでした」と笑いながら答えるのだった。
それでも怪しさの残るウメがさらに追求していくと、モモは実はそもそも忘れており全く手をつけていないのだと告白するのだった。
呆れてしまうウメだったが、そんなモモの行動を理解していたため、締め切り時間を2時間早く伝えており、残りの時間一緒に頑張って作ろうと優しい言葉をかけるのだった。

怒りのお茶汲み
ある日モモは給湯室で2つの急須に茶葉をいれ、そこにお湯を注ぎながらそのお湯を恨めしい表情で眺めていた。
そんなモモは、手を震わせながらそれを持ってデスクにやってくると、ウメに「ちょっと高級なお茶をいれたので一緒に飲みませんか?」と声をかける。
怪訝な表情でそんなモモを見つめたウメは「お茶をいれてくるときは大抵何かあったときだ」とその様子を心配するのだった。
何もないですよと語りながらも、お茶を湯呑みにいれながらぶつぶつと呟いていたモモは、ついにその怒りが爆発するのだった。
心配するウメだったが、もうひとつの湯呑みにお茶汲み注ぎながらまたしてもぶつぶつとつぶやくと、またしても爆発してしまい湯呑みを激しく吹き飛ばすのだった。
すぐさまもうひとつのお茶汲みセットを取り出したモモのを見て、あまりに心配になったウメがその怒りの原因を尋ねるのだった。

アレオレ詐欺
なんとか落ち着きを取り戻したモモは、最近同僚の男性社員に手柄をことごとく盗まれてしまっているのだと語り始める。
自分が少ししかやっていないようなことでも、そのことを褒められると「あれ?俺!」と自信満々に語る同僚にイライラしているのだという。
さらにそれは仕事だけでなく、コピー機周辺のゴミの片付けであったり、出張先で買ったお土産のことにすら「あれ?俺!」と答える姿にイライラするのだった。
モモはこれを『アレオレ詐欺』だと命名すると、自分がしていないことをさも自分の手柄にする卑怯な行為だと断罪するのだった。
そんなイライラをお茶汲みを利用して発散しようとしていたモモは、ウメに話したことで少しだけすっきりするのだった。
するとモモは、2つ目の急須を叩きながら「これよりアレオレ供養をする」と語り始めると、急須を木魚のようにする。
そんな急須を叩きながらウメに目配せをしたモモは、その供養を一緒にするようにと促し、呆れて笑いながらもウメは一緒に供養することにし、2人は同時に湯呑みを吹き飛ばし大笑いするのだった。
すっかりすっきりとしたモモは、笑いながら給湯室に向かい湯呑みを洗い、ウメの供養もかなりの迫力があったと語り合うのであった。

第2話の感想はここをクリック
部長から依頼されていた資料の回では、なんとも緩いモモと、そんなモモを優しく見つめるウメの姿に、思わず笑みが溢れてしまいました。
さらになんといっても、ウメが少しだらしないモモのために先手を打っていたことなど、こんな緩くて優しい先輩は憧れてしまいますね。
そして最後の『アレオレ詐欺』というなんとも小さい不満でしたが、それにこんなに熱を込められるモモに感心してしまいました。
そのアレオレ詐欺供養では、思わず素になって吹き出してしまう江口のりこさんや伊藤沙莉さんの楽しそうな雰囲気もとてもいいですね。
<見逃し動画>第1話
TVerでの配信は終了しました。
<予告動画>

第1話の公式あらすじ

マウンティングマウンテン
昼休みに入った途端、急いで社食に行こうとするウメ(江口のりこ)に、モモ(伊藤沙莉)が「私に2分だけください」と言ってきた。
なんでも給湯室へ行ったら、マウント女子(青山めぐ)たちが連休の話題で、それはもう激しくマウントを取り合っていたらしい。
興奮気味に詳細を報告しながら、マウント合戦にツッコみまくるモモ。すると、ウメが“超意外な過去”を語りだし…!

スイーツ des 自己診断
ウメ(江口のりこ)が仕事をしていると、なぜかトレンチコート姿のモモ(伊藤沙莉)がデスクの隙間に隠れながら、小声で話しかけてきた。
実はモモ、上司に残業を押し付けられてイライラし、勤務中にスイーツを大量に買いに行っていたらしい。
さらに、モモはウメに「どのスイーツを食べたいかで、どんな種類のうっぷんを溜めているか自己診断できる」と切り出し…!?
<出典>モモウメ 公式

第1話のネタバレはここをクリック
マウンティングマウンテン
とある会社のOLとして働くモモは、給湯室に向かい湯呑みを洗おうとしていると、そこにすでに2人の同僚がおり、やってくる連休について話し合っているのを聞いてしまう。
2人のOLは、連休に誰とどこにいくのか、そしてそれがビジネスクラスなのかファーストクラスなのかという話し合いをしているのだった。
そんな2人に気を遣いながら湯呑みを洗うことにしたモモは、その会話にモヤモヤを感じてしまい、デスクに戻ると先輩のウメに声をかけるのだった。
モモが話しかけようとしたのだが、ウメは「ランチの文化焼き定食が売り切れてしまう」と早めに話を終わらせるようにと語る。
その話を聞いたモモは「文化焼きって一体なんなのか?」と質問をするのだが、ウメは時間を気にして早々にその話を切り上げる。
モモはどうにかしてマウントを取ろうと必死な姿のOLがどうにも滑稽に見えて仕方がないのだと語り始めるのだった。
その姿はまるで、マウントを取り続けるマウンテン、さながらマウンティングマウンテンだと口にするのだった。

頂から見える景色
さらにモモは、2人の会話の真似をしながら、小さいことで少しずつマウントを取ったあとのランチはうまいかね?とウメに尋ねる。
笑って聞いていたウメに、さらにモモはまたしても小さなことでマウントを取ったあとに取るランチはうまいのかね?とその疑問を次々とぶつけていくのだった。
そんなモモの質問を笑いながら聞いていたウメは「そのマウントを取る気持ちはよく分かる」と語ると、若い頃自分もまたマウンティングマウンテンの頂を目指していたのだと語るのだった。
若かりし頃のウメは、どうにかマウントを取ろうと、相手より上にいるような言葉を選びながら会話をしていたのだと語る。
ウメの意外な過去に笑ってしまったモモだったが、さらにその後のことが気になってしまい質問をぶつけていくのだった。
するとウメは「そのマウンティングマウンテンの頂からは何が見えたと思う?」と逆に質問をするのだった。
答えに窮していたモモに、ウメは笑いながら「頂から見た景色は何もなく、残ったのは孤独だけだった」とその虚しさを語るのだった。
そんなウメの過去にさらに笑いが止まらないモモだったが、ようやくランチのために社食にいくと、すでに文化焼き定食が売り切れており、ウメは文句をいいながらハンバーグ定食を美味しそうに食べるのだった。

怪しい服装のモモ
ある日モモは、サングラスにいつものマスク、さらにはスカーフを頭から被り、周囲を慎重に確認しながら、ケーキ屋の列にそっと並ぶのだった。
なんとかお目当てのロールケーキを購入することができたモモは、その姿のまま、周囲に驚かれながらも壁の影からそっとウメを呼ぶのだった。
まるで隠密のような行動のモモに驚いたウメだったが、そこで「残業を頼んできた部長の悪口を一緒に語り合いたい」と語るのだった。
モモは午前中に部長から残業をお願いされたのだと語ると、その鬱憤を晴らすために、午後の1時間をサボりに使い有名なケーキ屋のロールケーキを買ってきたのだと話すのだった。
モモの気持ちを汲んだウメは、その愚痴に付き合うことにすると、さらにモモは「ロールケーキの他にシュークリームとプリンを買ってきた」と袋を取り出すのだった。

ケーキ占いとケーキの美味しさ
ロールケーキの他にプリンなどを購入してきたモモに驚いたウメだったが、さらにスイーツの選びかたにより鬱憤の晴らしかたに違いがあるという占いのことを聞かされる。
シュークリームはやんわりと、そしてプリンは滑らかに、さらにロールケーキはそのイライラがマックスなのだと教えられるのだった。
ふと気になったウメは「じゃあホールケーキは?」と質問をすると、モモは「それはヤバイやつですよ」と笑って答える。
しかし2人ともそのヤバイやつの部類であるホールケーキまるごと食べる人であることに気がつくと、笑いながらケーキを食べ始めるのだった。
そんなモモは、ロールケーキを一口食べると、その鬱憤が出そうな表情をすると、ウメはその言葉に期待が膨らんでいく。
しかし直前まで出そうになるモモだったが、その口からはなかなか文句が飛び出さず、一口また一口と食べ進めるのだった。
文句が出ないことにモヤモヤするウメだったが、モモはケーキを食べ進めていくと、ようやく出た言葉はケーキの美味しさに対する文句であり、それを聞いたウメは思わずツッコんでしまうのだった。

第1話の感想はここをクリック
YouTubeでアップロードされていた普通のOLの日常を描いたモモウメが実写化するとあって、かなりの注目を集めていました。
その第一話がHuluにて先行配信されましたが、原作をかなり忠実に再現されており、江口のりこさんや伊藤沙莉さんのあまりのはまりっぷりに驚きました。
さらなにそんな2人の掛け合いが絶妙なことや、モモの言葉選びのセンスなど、1割にしてかなり引き込まれる展開に、次回からも笑わせてくれる2人を期待したいですね。

モモウメの内容

公式サイト

YouTube累計再生数1億回超え!超人気 SNS発のショートアニメを実写ドラマ化!
2018年に「薬剤師 モモとウメ」として誕生し、2019年からは「オフィス編」がスタート。
新人OLのモモちゃん(伊藤沙莉)と、ベテランOLのウメさん(江口のりこ)は、世代の異なる仲良しコンビ。
何事にも全力だけど、ちょっぴりズレてるモモちゃんを、底知れぬ愛とツッコミでウメさんは受け止める。
どこか身近で、心が明るく、楽しく、軽くなる「心の処方箋アニメ」を実写ドラマで描きます。

<出典>日本テレビ公式

<出演者>
伊藤 沙莉(モモ)
江口のりこ(ウメ)
皆川猿時(部長)
いとうあさこ(りんごさん)
鞘師里保(よっちゃん)
青山めぐ(マウント女子)
有澤樟太郎(ワセリンの王子様(早稲倫太郎))
小西詠斗(ワセリンの王子様(笠月ハジメ))
栗山千明(おしゃクソ姉さん)

第1話から最終回まで全話配信中です

今すぐ無料おためし

「Hulu」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

モモウメの感想

感想が集まり次第投稿いたします。